自己破産をすると銀行口座は凍結される?

★ お気に入りに追加

自己破産に成功すれば、税金など一部の特殊な債務を除いて、借金がゼロになります。

非常に魅力的な借金解決方法ですが、自己破産をすると生活面に様々な影響が発生するのも事実です。

ネットを検索すると「数年はクレジットカードを使えず、ローンも組めない」「数ヶ月は職業に制限がかかる」といったことが見つかると思います。

そして「自己破産をすると銀行口座が凍結される」という話もあります。

銀行口座が凍結されてしまったら、具体的にはどういった悪影響があるのでしょうか?
そもそも、自己破産で銀行口座を凍結されるというのは、本当なのでしょうか?

ここでは自己破産と銀行口座の凍結や、その対処法について紹介していきます。

1.自己破産で銀行口座が凍結されるケース

残念ながら、自己破産をすると銀行口座が凍結されるという話は本当です。

自己破産をされると、債権者は債権を当初の期待通りに回収することができなくなります。
そこで債権者である銀行は、自分の銀行内に開設された債務者の口座を凍結し、その残高から債権の回収を図ります。

口座を凍結しなければ、債務者はいずれ口座からお金を引き出してしまいます。
お金を引き出されると債権の回収ができなくなるので、それを防ぐために口座を凍結し、債権の回収をしているのです。

例えば、A銀行に口座があり、その状態でA銀行から借りたローンを返済せずに自己破産をする場合、A銀行の口座は凍結されてしまいます。

しかし、A銀行に口座がある状態で、B銀行から借りたローンを返済せずに自己破産しても、A銀行の口座は凍結されません。

つまり「自己破産をしたときに債権者となっている銀行に開設している口座」が凍結されてしまうのです。
お金を借りていない銀行に開いた口座は、凍結を免れます。

なお、お金を借りている銀行の「別支店」に口座がある場合は、その口座も凍結の対象となります。

また、ローンだけでなく、銀行のカードローンなど、とにかくお金を借りている状態であれば口座は凍結されてしまいます。

2.口座凍結の悪影響

口座凍結の影響は主に3つです。

2-1.出金ができなくなる

最も困るのがこれでしょう。
口座にあるお金を自分の意思では動かせなくなるため、下手をするとその日から生活に困窮してしまうおそれがあります。

2-2.入金がされなくなる

銀行によりますが、凍結した口座には入金もできなくなることがあります。

給与の振込に使っている口座が凍結された場合、給料を受け取れなくなってしまいます。

また、振込ができなくなるため、給与を振り込んでくれる職場の方に、口座凍結のことを知られてしまいます。

自己破産が理由で解雇されることはありませんが、場合によっては職場内での居心地が悪くなる可能性もゼロではありません。

さらに、年金なども入金されないので、年金で生活している人は収入源を絶たれてしまいます。

2-3.引き落としもされなくなる

凍結された口座からはお金の引き落としができなくなります。

そのため、家賃や水道光熱費などの引き落としがされず、知らないうちに滞納してしまうおそれがあります。

滞納が続くと電気などを止められることがあるので、前もって対処しておく必要があります。

3.口座凍結はいつからいつまで?

3-1.口座凍結されるタイミング

弁護士に自己破産を依頼すると、弁護士が各債権者に「受任通知」という書類を送付します。

これを受け取った債権者は、直接債務者とやりとりができず、弁護士を通さなければならなくなります。

また、弁護士を通すということは、自己破産などの債務整理をする準備に入ったという合図でもあります。

債務整理をされたら債権の回収が難しくなるため、銀行側は債権を回収しようして債務者の口座を凍結します。

つまり口座凍結のタイミングは、多くの場合「銀行側が受任通知を受け取ったとき」です。

3-2.いつまで口座凍結が続く?

口座を凍結した後、銀行は口座残高と債権を相殺して回収するか、保証会社等から代位弁済を受けて債権を回収します。
この手続きには1~3ヶ月程度の期間が必要です。

よって、1~3ヶ月が経過して債権の回収手続きが済むと、口座凍結は解除されます。

4.口座凍結への対策

銀行口座が凍結してしまうと、生活に大きな影響が発生します。

しかし、事前に対策しておけば悪影響を軽減できるので、ここからはその方法を紹介します。

4-1.口座から預金を引き出しておく

前もって口座からお金を引き出しておけば、凍結されても安心です。

ただし、自己破産の前に多額の現金を引き出すと、自己破産で禁止されている「財産隠し」を疑われる可能性があります。予め弁護士に相談してから実行に移しましょう。

関連記事
自己破産における「財産隠し」はどうしてバレる?
自己破産を申立てても、「免責不許可事由」により、破産手続きが失敗してしまうことがあります。 今回は、免責不許可事由の…[続きを読む]

なお、引き出したお金を預金したい場合は、必ず別の銀行の口座に入れてください。

借金をした銀行の口座にお金を入れると、それが別支店の口座であっても凍結されてしまいます。

4-2.給与などの入金先を変更する

凍結が予想される口座ではなく、別の口座に給与を振り込んでもらえるように職場と話をつけることも大切です。
(この手続きは弁護士が受任通知を送る前に完了しなければ意味がないので、職場や弁護士とタイミングを調整する必要があるかもしれません。)

事業を経営している人も、同じように入金先の口座を変更することをおすすめします。

4-3.口座引き落としによる支払いを変更する

家賃や水道光熱費、税金や年金の支払いなどを口座引き落としにしている人は多いはずです。

凍結された口座からは引き落としができないため、前もって引き落とし先の口座を変えるか、払込用紙でコンビニ払いをするなどの対策を行ってください。

5.口座凍結に関するよくある疑問

ここからは口座破産に関する疑問や不安を解消できるように、よく聞かれる内容を解説していきます。

5-1.自己破産以外の債務整理でも口座凍結される?

債務整理には自己破産だけでなく、任意整理個人再生などの方法があります。

この場合も、債権者に銀行がいれば、その銀行で作った口座は凍結されてしまいます。

ただし任意整理の場合、銀行を債務整理の対象から除外すれば口座凍結を回避することが可能です。

5-2.凍結が解除された口座は使える?

基本的には従来通り使えます。
しかし、一部の銀行では口座を解約してしまうこともあるようです。

なお、口座残高と借金が相殺された場合、当然ですが口座残高は以前より少なくなっています。

凍結が解除されたとは言え、残高が少ないと生活費等の支払いに困るかもしれません。

5-3.自己破産後に新しく口座を開設できる?

自己破産をしても、口座を作ることに何ら問題はありません

口座を理由に銀行から口座開設を断られることもないでしょう。

6.自己破産すると口座凍結の危険がある!弁護士に相談して乗り切ろう

銀行からの借金がある場合、自己破産するとその銀行にある口座は凍結されてしまいます。

事前にお金を引き出すなどしておけば被害を食い止められますが、自己破産の前に大金を引き出すと財産隠しを疑われ、自己破産の手続きに悪影響があるかもしれません。

事前に弁護士と相談して対策を練っておけば、多くのトラブルは回避できます。
口座凍結に限らず、自己破産の悩みは必ず弁護士に相談するようにしてください。

 
Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案するとともに費用負担も少なく設定しております。 近時、新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでどおりの返済が難しいとの相談が急増しています。お心当たりのある方は、まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

この記事が役に立ったらシェアしてください!