ギャンブル依存症に対する家族の接し方

★ お気に入りに追加

競馬・競輪・競艇・オートレースといった4大公営ギャンブルに加えて、パチンコやパチスロなど、普段意識しないだけで私達は多くのギャンブルに囲まれて暮らしています。

そういった環境の中で発生しやすくなる問題が「ギャンブル依存症」です。

ギャンブル依存症は本人の意思だけで治療できるものではありません。そもそも本人が治療に向かおうとしないこともあるでしょう。
本人を治療に向かわせるには、家族など周囲の人が理解を示し、本人をサポートすることが大切です。

また、ギャンブル依存症によってギャンブル漬けになると、依存度によっては多額の借金を作ってしまい、生活に困窮する可能性も大いにあります。

ここでは、ギャンブル依存症に対する家族の接し方や、借金の解決方法等について解説していきます。

1.ギャンブル依存症とは

まずは「ギャンブル依存症とは何か?」について解説します。

1-1.ギャンブル依存症の概要

ギャンブル依存症とは、その名の通りギャンブルに依存してしまう病気です。

たまにギャンブルをするような人のことを指すのではなく、ギャンブルにのめり込んでしまい日常生活に支障を来している状態のことを「ギャンブル依存症」と言います。

単なるギャンブル好きなどと違って、ギャンブル依存症はWHOによって認められた病気の一種であり、アルコール依存症や薬物依存症との類似点が発見されています。

治療するのが一番の対処法ですが、ギャンブルの最中は感情が落ち着き、楽しい時間を過ごせるせいか、ギャンブルをやめるための治療に踏み切れない人もいるようです。

本人の意志の力だけでギャンブル依存症を克服するのは、至難の業と言っていいでしょう。

1-2.主な症状

ギャンブル依存症の主な症状には以下のものがあります。

  • ギャンブルにのめり込む
  • ギャンブルをしていないと落ち着かない
  • ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り返そうとする
  • ギャンブルをするために借金までしてしまう
  • ギャンブルをやめる、または回数を減らすと決めても実行できない
  • 生活に支障があってもギャンブルをしてしまう
  • 仕事に行くなどと家族に嘘をついてギャンブルをしていた 等

ギャンブル依存症の人は常にギャンブルのことを考えているわけではありません。

日常生活でギャンブルを連想させるものを見る、聞くなどすると、それでスイッチが入って「ギャンブルをしないと落ち着かない」「ギャンブルをしないといても立ってもいられない」といった状態になることがあります。

「自分は常にギャンブルのことを考えているわけではないから大丈夫」と思っても、実はギャンブル依存症だったという可能性は否定できないので、注意が必要です。

2.ギャンブル依存症に対する家族の対応や接し方

身内にギャンブル依存症の人がいる場合、その人が借金をするなどして日常生活に影響が出ることがあります。

家族がギャンブル依存症になった場合、またはその疑いがある場合は、どのように接するのがいいのでしょうか?

2-1.専門の相談窓口へ相談する

家族にギャンブル依存症の疑いがある場合は、まずは専門の窓口に相談することをおすすめします。

以下の窓口がおすすめです。

保健所

ギャンブル依存症だけでなく、健康に関する様々なことを相談できます。
身体や精神の健康に不安がある場合は問い合わせてみましょう。

相談者の希望に応じて、電話相談にも面談にも対応してくれることがあります。

精神保健福祉センター

各都道府県や指定都市に設置されています。
地域によっては「こころの健康センター」という名称のところもあります。

こころの健康に関する悩みの相談に乗ってくれ、ギャンブル依存症にも対応してくれます。

依存症相談拠点機関

都道府県や指定都市にある、依存症相談員を配置した相談拠点です。
「依存症対策総合支援事業」という事業によって設置が進められています。

拠点を探す場合は「依存症対策全国センター」公式サイトをご利用ください。

2-2.同志のいる会に参加する

悩みを共有して解決を図るために、「ギャンブル依存症に苦しむ人の会」などの団体を利用してみましょう。

ギャンブル依存症になった本人だけでなく、家族のための会も存在します。

患者に対する対処法などを話し合ったり、接し方を教えてもらったりなどの情報を共有できます。

2-3.本人を説得して病院やクリニックに通院してもらう

ギャンブル依存症そのものを治療するのが最も効果的な対処法です。
専門の医療機関で治療すれば改善できる可能性があるので、通院させるべきでしょう。

しかし本人が「自分はギャンブル依存症ではない」と頑なに言い張るケースもあり、強制すると治療に失敗するおそれがあります。

落ち着いて話し、相手を否定せず肯定しながらうまく誘導するなどの方法を考えるか、専門機関に相談して治療への導き方を教えてもらってください。

3.ギャンブルによる借金も債務整理可能

ギャンブル依存症になると借金をしてでもギャンブルを続けようとします。家計への被害が出ることは間違いありません。

ギャンブル依存症を治すための治療費が無くなる可能性もあるため、借金の解決は急務と言えます。

借金を解決するには「債務整理」をするのがおすすめです。

以下に3種類の債務整理を紹介しますが、どれを選択するかは債務整理の専門家である弁護士に相談してから決めるのがベストです。

3-1.任意整理

債権者と交渉して利息や遅延損害金をカットしてもらいます。
その後で、返済期間を見直して、原則3年程度の分割払いをする合意を取り付けます。

他の債務整理と違って裁判所を通さないので、迅速に借金を解決できる可能性があります。

しかし借金の減額効果は低いので、借金の金額が過大な場合は効果が薄いかもしれません。

3-2.個人再生

裁判所に申立てをして、借金を約5分の1、最大で10分の1にしてもらいます。
その後は任意整理のように、原則3年程度かけて分割払いを行います。

債務整理をするとローン支払い中のものは基本的に没収されますが、個人再生には住宅ローン支払い中のマイホームを手元に残せる制度が存在します。

ただし手続きは複雑なので、弁護士に依頼して代行してもらう必要があります。

3-3.自己破産

裁判所に申立てをして、借金をゼロにしてもらう制度です。その代わり、当面の生活に必要なものや価値の少ない財産を除いて、全ての財産が没収されてしまいます。

なお、ギャンブルによる借金は「免責不許可事由」といって、原則的に帳消しにしてもらえません。
ただし裁判官が自己の裁量で借金をゼロにする「裁量免責」という制度があるため、ギャンブルによる借金でも免責してもらえる可能性があります。

諦めずに弁護士に相談して、裁量免責を勝ち取る方法を教えてもらいましょう。

関連記事
ギャンブル依存症で借金
ギャンブル依存症による借金は債務整理で解決!
日本はギャンブル大国です。競馬・競輪・競艇・オートレースといった公営ギャンブルに加えて、事実上のギャンブルであるパチ…[続きを読む]

4.ギャンブル依存症の対処法は治療と債務整理

今回はギャンブル依存症患者に対する家族の対処法を紹介しました。

ギャンブルの借金を家族が肩代わりしても、借金は増えるだけです。本人の治療と債務整理をしなければ、根本的な解決は望めません。

治療のためには専門機関への相談や、同じ悩みを抱える人の会への参加が必要です。
家族もともに治療や会合に参加することで、患者への対処法を学ぶことができます。

一方、借金を解決するには弁護士に相談して債務整理をするのが一番です。
放置していると借金は増える一方なので、早めの相談が大切です。

弁護士によっては債務整理だけでなく、ギャンブル依存症の治療に適したクリニックを紹介してくれることもあります。

弁護士は似たような状況に陥った人と何度も接していると言えるため、対処法も熟知しています。ぜひ一度、借金問題に詳しい弁護士まで相談ください。

 
Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案するとともに費用負担も少なく設定しております。 近時、新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでどおりの返済が難しいとの相談が急増しています。お心当たりのある方は、まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

この記事が役に立ったらシェアしてください!