クレジットカードの信用情報とは?|審査に通らない理由

★ お気に入りに追加

クレジットカードは非常に便利なものです。店舗や状況によって使い分けるため、複数のクレジットカードを持っている方も少なくないでしょう。

そんな便利なクレジットカードですが、カードを作るにはカード会社による審査を経なければなりません。

基本的には、収入があれば問題なく審査を通るのですが、まれに「収入があるのに審査に落ちてしまった」という人もいます。
「収入があるのにどうして…」と思うかもしれませんが、落ちた理由には「信用情報」が関わっている可能性が高いです。

では、信用情報とはどういったものなのでしょうか?

本記事では信用情報の概要と、クレジットカードと信用情報の関係(審査)などについて解説していきます。

1.クレジットカードの信用情報とは?

まずは「信用情報とは何か?」を知っておきましょう。

1-1.信用情報とは

信用情報とは、個人の年収、勤務先、借金やその返済などに関する情報のことです。

借金には、消費者金融や銀行からの借入、クレジットカードによるもの以外に、住宅ローンやキャッシングなど様々なものが含まれます。

クレジットカードやローンの申し込みを行うと、その人の信用情報がチェックされます。

もし「収入が少なすぎる」「借金を滞納している」「過去に借金を踏み倒していた」などの事実が発覚すると、カード会社等は「この人の返済能力は信用できない」と考えます。
この結果として、審査を通らなくなってしまうのです。

ある意味では、信用情報は「カードやローンの審査に必要な情報」と言い換えて構いません。

信用情報は「信用情報機関」という機関に集められています。

カード会社等は、利用者の情報を随時「信用情報機関」に登録しています。
信用情報機関の情報は各カード会社に共有されており、審査の際にはカード会社から信用情報機関に照会が行きます。

このため、初めて申し込んだカード会社であっても、信用情報を通して申込人の信用情報を知ることができるのです。

また、信用情報機関はカード会社等から提供される情報の他に、独自で信用情報を集めていることもあるようです。

「初めてカードを作るから信用情報機関に情報がないはず。だから審査に通るだろう」と考えるのは早計なので、注意が必要です。

1-2.信用情報機関とブラックリスト

ここからは、信用情報機関について少し詳しく解説します。

日本には主な信用情報機関が主に3つあり(CIC・JICC・JBA)、会員である金融業者やカード会社等から情報を集め、管理し、会員からの情報照会に応じています。

信用情報には個人に関する様々な情報が集められていますが、特に問題となるのが「事故情報」と呼ばれるものです。

詳しくは後で説明しますが、返済の大幅な遅延や借金を返さず踏み倒したような事実があれば、それが事故情報として登録されます。

俗に言う「ブラックリスト」とは、信用情報機関に事故情報が登録されており、そのせいでカードやローンの審査に落ちる状態になったことを指します。

簡単に言えば「借金の返済を滞納するか借金を返さないでいた場合は、信用情報機関にその情報が事故情報として残り、俗に言うブラックリストに載った状態になるため、カード等の審査に落ちてしまう」ということです。

関連記事
債務整理をすると掲載されるブラックリストとは
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…[続きを読む]

2.信用情報の確認方法

ここまで読んで「自分の信用情報はどうなっているのだろう?」と気になった人もいるはずです。

各信用情報は、個人からの問い合わせにも応じています。

個人が信用情報に問い合わせて自分の信用情報を得ようと請求することを「開示請求」と言います。

1,000円程度の費用がかかりますが、パソコンやスマートフォンからでも開示請求ができますし、郵便や窓口でも開示請求が可能です。

ただし、2020年前半から流行した新型コロナウィルス感染症の影響で、窓口での開示請求ができなくなっているおそれがあります。
詳しくは各信用情報機関のホームページをご参照ください。

  • CIC(消費者金融やクレジットカード会社)
  • JICC(消費者金融やメガバンク以外の銀行)
  • JBA(メガバンクを含む銀行)

3.事故情報が載ってしまう理由

事故情報が信用情報機関に登録されているせいでカードの審査に落ちることはお分かりいただけたと思います。

それでは、どのような情報が「事故情報」として扱われるのでしょうか?
そして、その情報はどのくらいの期間掲載されるのでしょうか?

事故情報(ブラックリスト)とされるものには、大きく分けて2つあります。

3-1.債務整理

債務整理は、借金を減額または帳消しにしてもらうための手続きです。

債務者としては助かる制度ですが、債権者としては当初の契約通りお金を返してもらえなくなる手続きでもあります。

お金を返してもらえなくなった債権者は、「この人は返済能力に問題がある」として、債務整理された事実を信用情報機関に連絡し、信用情報機関はその情報を事故情報として登録します。

なお、債務整理には以下のものが含まれます。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
関連記事
債務整理手続きの違い|自己破産・個人再生・任意整理
多額の借金を背負ってしまい返済できる可能性がない場合、弁護士に相談するのが一番です。 弁護士に相談すれば「債務整理」…[続きを読む]

3-2.クレカ等の支払いが2ヶ月以上遅れた

期日通りに返済できない場合も、事故情報として扱われます。

多くのクレジットカード会社では「61日以上の滞納」を基準としているようですが、詳細はクレジットカード会社ごとに異なるので油断は禁物です。
1ヶ月半以上の滞納をしている場合は、いつブラックリスト入りしてもおかしくないと思ってください。

口座の残高不足などでうっかり支払いを忘れた場合などは、すぐに債権者に連絡して数日以内に支払いをすれば、カード会社に「支払いが遅れた」という情報は記載されますが、事故情報としての登録はされません。

ただし、短期的な遅延であっても、あまりに何度も支払いを遅らせてしまうと、ブラックリスト入りする可能性が高くなるかもしれません。

4.ブラックリストに載っている期間

基本的には、5~10年の間はブラックリストに載った状態が続きます。
この期間は信用情報機関や、事故情報の原因によって異なるため、具体的に「何年経ったら大丈夫」とは言えません。

あくまでも目安ですが、事故情報の原因が債務整理である場合、以下の期間は情報が抹消されないとされています。

  • CIC:最大5年
  • JICC:最大5年
  • JBA:最大10年

この期間を過ぎてもカード等の審査に落ちてしまう場合は、開示請求をして自分に事故情報があるのかを確かめた方がいいでしょう。

関連記事
ブラックリストはいつ解除できる?対処方法を徹底解説!
クレジットカードや、スマホ・携帯電話の本体代金の分割払いなどを滞納すると、ブラックリストに載ってしまいます。 ブラッ…[続きを読む]

5.信用情報を回復させる方法

信用情報に事故情報があるままだと、生活に様々な不都合が生じます。
どのようにすれば信用情報を回復できるのでしょうか?

結論から言うと、まずは情報が抹消されるまで待つことです。
「生活に不便だから事故情報を消して欲しい」などと信用情報機関に問い合わせても、あっさり断られてしまいます。

基本的には5~10年事故情報が消えるまで「待つしかない」と思ってください。

さらに、事故情報が消えた後でも審査に落ちることがあります。
なぜならば、事故情報が消えることで信用情報自体が空白になってしまうからです。

現代の日本人が普通に社会生活を送っている場合、クレジットカードを使ったこともローンを組んだこともないというのはレアケースでしょう。

そのため、信用情報が空白の人はカード会社から「この人はブラックリストの期間が明けたばかりだから信用情報がゼロなのではないか?」と思われてしまい、審査に落ちることがあります。

これを防ぐには、例えば携帯電話の本体料金の分割払いなど、少額の分割払いが可能なものを選んで少しずつ返済履歴を積み重ねていくことが重要です。

もちろん、審査にゆるいカードを作る際にも審査があるため、まずは安定した収入を得ることが大切です。

6.ブラックリスト入りを恐れて債務整理しないのはNG

一般的には、61日以上の滞納をするか、債務整理をするとブラックリストに載ってしまいます。

しかし、ブラックリスト入りを恐れて債務整理をしないままでは、いつまでも借金を解決できません

払いきれないほど多額の借金がある場合は、思い切って債務整理をすべきです。

借金を完全に解決してから信用情報の回復に努めた方が、結果的に良くなるケースが多いです。

借金は放置していても解決しません、先延ばしにすればするほど利息や遅延損害金が増え、返済が困難になってしまいます。

借金にお困りの方は必ず弁護士にご相談してください。最良の解決策を教えてくれるでしょう。

 
Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
シン・イストワール法律事務所
シン・イストワール法律事務所

【全国対応】お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

【全国対応】お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

この記事が役に立ったらシェアしてください!