アコムから督促状が届いた!「差し押さえ」が行われるとどうなる?

★ お気に入りに追加

消費者金融のひとつである「アコム」からお金を借りたものの、返済できずに困っているという人は少なくありません。

アコムからの借金を滞納していると、間もなく督促状が届くようになります。
督促状を無視していると、最終的には裁判・強制執行の手続きを経て、財産を差し押さえられてしまいます。

差し押さえが行われると、財産が強制的に取り上げられてしまうため、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。そのため、督促状には早めの対処が必要です。

この記事では、アコムによる差し押さえの影響や、差し押さえへの対処法などについて解説します。

1.「差し押さえ」が行われるとどうなるのか

差し押さえが行われる場合、原則として債務者が所有するあらゆる財産がその対象となります。

特に差し押さえの対象となりやすいのは、給料口座預金です。

それぞれについて、差し押さえの仕組みを見ていきましょう。

1-1.給料の一部が受け取れなくなる

給料債権については、債務者の生活の糧となるものであることから、全額の差し押さえは認められていません(民事執行法152条1項2号)。

具体的には、以下のいずれか低い金額分については手元に残しておくことができます(月給制の場合)。

  • 手取り額の4分の3
  • 税金などを控除した上での33万円

しかし、それを超える部分については、給料が差し押さえられてしまうと、債権者であるアコムに対して直接支払われ続けるようになってしまいます。

アコムに支払われた分については、自動的に滞納分の債務の支払いに充当され、全額が返済されるまで給料の回収が続くことになります。

関連記事
給料を差し押さえられた!どうすれば解除できるの?
借金の支払いを滞納していると、債権者から支払督促や訴状が届き、最終的には「給与債権」を差し押さえられてしまう場合があ…[続きを読む]

1-2.預金が引き出せなくなる

預金債権が差し押さえられるケースでは、債務の金額にかかわらず、いったん預金全額が差し押さえられてしまいます(民事執行法146条1項)。

そのため債務者としては、生活費などとして当てにしていた預金が突然使えなくなるということになりかねないので、注意が必要です。

なお、差し押さえの対象となるのは、差し押さえが行われた時点で預金口座内にある金額分の預金債権のみです。
したがって、差し押さえ後に入金が行われたとしても、追加入金分は差し押さえの対象外となります。

この点を踏まえて、アコム側としては、給料が入った直後などのタイミングを狙って差し押さえを実行してくることが多いです。

ちなみに、差し押さえられた預金の金額が債務の金額を上回っている場合、超過分については後日返金されます。

逆に言えば、口座預金の金額が債務額よりも少ない場合、預金の残高は0円となってしまうのです。

関連記事
銀行口座を差し押さえられたら?対処法と解決策
「通帳に記帳したらサシオサエと書いてあって残高が0円になっていた」 急にそんなことが起きてしまったら焦ってしまうと思…[続きを読む]

2.アコムによる督促から差し押さえまでの流れ

アコムから借りたお金を返済期限までに返さない場合、段階的に督促が行われ、最終的には上記のような財産の差し押さえが行われます。

では、アコムによる督促から差し押さえまでの流れはどうなっているのでしょうか。

2-1.メール・電話・郵便物などによる督促

アコムからの借金の返済期限が過ぎ、滞納状態になってしまうと、その翌日から2週間後くらいまでの間に、アコムから借金の支払いを督促する連絡が入ります。

督促は、メールや電話で行われる場合と、郵便で督促状や催告状が届く場合があります。
督促は何度かに分けて段階的に行われるのが通常で、滞納が長引くほどに、督促のトーンも強くなっていきます。

最終的には「最後通告」という形で、これ以上滞納状態が続くようであれば法的手続きに移行する旨が伝えられます。

この段階に至ると、強制執行(差し押さえ)が現実的なものとなってしまいますので、そうなる前に対処が必要です。

なお、当初の契約段階で勤務先についての情報を記入している場合、アコム側も債務者の勤務先を把握しています。

アコムからの督促を無視していると、勤務先に電話がかかってくる場合がありますので、勤務先に借金がばれたくないという場合にはその前に対応することが必要になります。

2-2.裁判

最後通告があったにもかかわらず借金を返さないと、アコムから債務者に対して訴訟(裁判)が提起されます。

訴訟が提起されると、裁判所から債務者に対して訴状と呼び出し状が送達され、裁判所への出廷が求められます。

裁判所からの呼び出しを無視していると、自動的に敗訴となり、アコムの請求が全面的に認められます。

なお、アコムなどの消費者金融は、裁判にかける労力を削減するために、訴訟の提起ではなく「支払督促」の送付を行うことが多いです。

裁判所から届いた支払督促に関しても、無視を続けていると、アコムの勝訴判決と同じ結果となってしまいます。

2-3.強制執行・差し押さえ

裁判でアコム勝訴の判決が言い渡される、もしくは支払督促を無視して「仮執行宣言付支払督促」が送付されると、それ以降アコムは強制執行の手続きを取ることができます。

強制執行が行われると、債務者の財産が強制的に差し押さえられてしまいます。

3.アコムからの借金を支払えない場合の対処法

収入が少なかったり、アコムからの借金の他にも借金や料金の支払いを抱えていたりして、アコムへの返済を行う余裕がないという場合には、財産の差し押さえを回避するために速やかな対応が必要となります。

3-1. アコムの相談窓口に連絡する

借金の返済がままならない場合には、まずはアコムの相談窓口に連絡しましょう。
参考:「支払い(金額、支払期日、支払い方法など)について相談したい場合はどうしたらいいですか?

通常であれば、借金の返済を滞納しているケースでは、残債務の一括返済を求められます。

しかし、返済が困難である事情を説明すれば、分割払いや支払い期限の延長の相談に乗ってくれる可能性もあります。

3-2.弁護士に依頼して債務整理をする

どうしても借金返済のめどがつかず、アコムに相談しても取り合ってもらえないという場合には、弁護士に依頼をして債務整理を行うことをおすすめします。

債務整理とは、交渉や裁判手続きを通じて、適法に借金の減額または免除を受け、または返済スケジュールの延長を認めてもらうことをいいます。

どの手続きを選択するか、またどのように手続きを進めていくかについては、非常に専門的な考慮を必要とします。

そのため、弁護士に相談をしてアドバイスを受けながら、債務整理の手続きを進めることが賢明です。

【債務整理手続きの種類】
債務整理の方法には、大きく分けて①自己破産、②個人再生、③任意整理の3つがあります。
それぞれの手続きにはメリットとデメリットがあり、どの手続きを利用すべきかについては債務者の状況によって異なります。
自己破産:裁判所に債務の全額免除を認めてもらう方法です。ただし、借金の免除を認める前提として、債務者の所有する財産は一部を除いてすべて処分され、債権者に対する配当に充てられてしまいます。
個人再生:裁判所に債務の減額および返済スケジュールの変更を認めてもらう方法です。自宅の土地および建物については例外的に、住宅ローンに基づく抵当権が付着していたとしても手元に残しておくことができる場合があります(住宅資金特別条項)。
任意整理:債権者との個別交渉を通じて借金の減額や返済スケジュールの延長を認めてもらう方法です。任意整理は裁判所を通さない手続きのため、自己破産や個人再生と比べて手続きが簡単というメリットがあります。

ある程度安定した収入があり、月々の負担を減らせば完済の見込みが立つという場合には、任意整理がお手軽かつ有効です。

関連記事
アコムは任意整理に応じてくれるの?
消費者金融の1つ「アコム」からお金を借りたものの、返済できずに困っている人は少なくありません。 アコムに限らず借金を…[続きを読む]

しかし、債務の金額が大きい場合や、多重債務の場合には、より強力な手続きである自己破産や個人再生の利用を検討すべきでしょう。

4.まとめ

今回はアコムからの督促の流れや、借金を返済できない場合の対処法などについて解説しました。

借金を返済せずに放置していると、度重なる督促の後に、裁判・強制執行(差し押さえ)が行われ、最終的に財産を失ってしまうことになりかねません。
そうなる前に、早めの対応を取る必要があります。

関連記事
アコムで借金を滞納してしまった場合の対処法
アコムは、手軽にお金を借りられるサービスとして広く知られています。 しかしその反面、自分のキャパシティを超えた借り入…[続きを読む]

アコムへの借金返済を滞納している方は、他の金融機関からも借金をしているケースが多いのではないでしょうか。
その場合は、一刻も早く弁護士に相談をして、債務整理の利用を検討しましょう。

借金問題で悩んでいる、返しきれないほどの借金に押しつぶされそうという方は、お早めに弁護士にご相談ください。
きっと適切な対処方法が見つかります。

 
Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案するとともに費用負担も少なく設定しております。 近時、新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでどおりの返済が難しいとの相談が急増しています。お心当たりのある方は、まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

この記事が役に立ったらシェアしてください!