自己破産後の生活はどうなる?(就職・年金・旅行・海外移住など)

★ お気に入りに追加

借金を返しきれなくなった場合、「自己破産」という手続きによって借金を解決することができます。

しかし、「自己破産をしたら何か制限を受けるんじゃないか?」「自己破産後の生活は今以上に苦しくなってしまうのでは?」と考える人も多くいます。

実際に、クレジットカードが一定期間持てなかったり、車や持ち家を手放さなければいけなくなったりするデメリットはあります。

しかし、「海外旅行ができなくなる」「選挙権がなくなる」など根も葉もない自己破産の間違った噂が世間に出回っているのも事実です。

この記事では、自己破産後の生活や、自己破産の本当のデメリットの内容について解説していきます。

1.自己破産とは

自己破産は、借金を返済しきれなくなってしまった人に対する救済制度です。債務を帳消しにしてもらうことで、債務者のその後の生活の安定に繋げることを目的としています。

裁判所に申し立てをして免責の許可をもらうことで、原則すべての借金の返済義務がなくなります(税金などの一部の債務を除く)。

その反面、手続き開始には「支払い不能」状態であることが必要があり、開始できても「免責不許可事由」に該当すると免責が認められない可能性があるなど、行う上で制約が多いのも事実です。

関連記事
自己破産の全知識!手続きと費用、破産後の生活まで
「クレジットカードを使いすぎてしまい、気がついたら自分の給料では返せない金額になっていた」 「経営している会社が倒産…

次の章では、自己破産後に自身の生活にどんな影響が及ぶのかを解説していきます。

2.自己破産後の生活への影響

2-1.ローン・クレジットカードの審査に通らなくなる

まず、自己破産手続きをすることによって、車のローンや住宅ローン、新規のクレジットカードの審査に通らなくなります。

自己破産をすると、信用情報機関に「金融事故を起こした」という情報が一定期間登録されてしまいます。

銀行や消費者金融、クレジットカードなどの貸金業者は、貸付やカード発行する審査の際に、信用情報機関の情報を参照します。

その時に事故情報が登録されていると、過去に自己破産をしたことがある「信用がない人」であると判断されて、審査に通らなくなるのです。

このように、信用情報機関に事故情報が登録されてローンやクレジットカードの審査に通らなくなった状態のことを、俗に「ブラックリスト状態」などと呼びます。

関連記事
完全解説!よくわかる債務整理とブラックリストの関係
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…

ブラックリストに載っている時間には期間があります。

自己破産をすると、登録されている信用情報機関にもよりますが、5~10年程度の掲載になります。
その期間が過ぎれば、新たにクレジットカードなどを作ることができるようになるでしょう(住宅ローンなどの重いローンは、掲載終了後もすぐは審査に通らない可能性があります)。

なお、ブラックリスト期間中でも、自分以外の家族名義ならローンやクレジットカードを利用できます。ブラックリストに掲載されるのは自己破産をした本人のみなのです

たとえば、専業主婦がブラックリスト状態になったとしても、夫名義で住宅ローンの申し込みをして利用する、夫名義の家族カードを利用することは可能ということです。

このように、ブラックリスト状態の影響は限定的ですし、期間も限られているので、それほど恐れることはありません。

2-2.手持ちの財産が処分される

自己破産では、ほとんど全ての債務を免除してもらえる代わりに、手持ちの価値ある財産を処分・換価して、債権者に平等に配布しなければなりません。

例外として、99万円以下の現金や、家具家財などの生活必需品、生活保護費などの差し押さえ禁止財産、手続き開始後の給料などの新得財産は手元に残すことができます。

処分される可能性が高い財産としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

持ち家が処分される

自己破産すると、持ち家は必ず売却(処分)されると考えていいでしょう。

持ち家は非常に高価な財産なので、これを手元に残しておくことはほとんど不可能です。

関連記事
自己破産すると住宅ローンはどうなる?
自己破産を行う場合に、一番心配になるのは生活への影響です。特に、今住んでいる家に関する問題は気になることだと思います…

自己破産後には、賃貸物件に住むことになります。

【賃貸物件の家賃保証会社との契約の注意点】
最近は部屋を借りる際に「家賃保証会社」との契約が必要なケースが増加しています。この「保証会社」との契約にも審査があり、信販系の家賃保証会社は審査の際に前述の信用情報機関のデータを参照している可能性が高く、そうなると信販系の家賃保証会社との契約はできません。
このような場合、不動産業者に自分が破産者であることを説明して、信販系以外の保証会社をつけられる物件や、連帯保証人のみでいい物件にしてもらう必要があります。

車が引き上げられる可能性がある

自己破産をした場合、自家用車(マイカー)を処分しなければならないことがあります。

車のローンを現在支払い中の場合は、自己破産によりローン会社が車を引き上げてしまいます。
また、ローンを支払い終わっていても、自動車に20万円(査定額)を超える価値があると、自動車が引き上げられてしまいます(※裁判所により細かな規定は異なります)。

自己破産しても、自動車の価値が20万円以下であったり、初年度登録後7年の時期が経過していたりする場合には、そのまま所有できる可能性が高いでしょう。

ローン支払い中の車や、現存価値が20万円以上の車をどうしても残したい場合は、以下のコラムを参考にしていただければと思います。

関連記事
債務整理をしても車を手放したくない!
個人再生や自己破産を行う場合、ケースによっては何らかの財産を処分しなければならないことがあります。 その代表例が、自…

生命保険

生命保険の場合、解約した際の「解約返戻金」が問題になります。

裁判所にもよりますが、生命保険の解約返戻金の合計が20万円を超える場合は、全て処分する必要があります。

解約返戻金の合計が20万円以下の場合や、そもそも解約返戻金が発生しない掛け捨て型の生命保険である場合、処分する必要はありません。

なお、仮に生命保険を解約することになってしまっても、自己破産後に新しく生命保険に加入することは可能ですし、制約もありません。

関連記事
自己破産したら保険は解約しなければいけないの?
自己破産の際に保険を解約しなければならないかどうかは、保険の種類や、破産手続開始の時点で持っている財産の金額などによ…

3.自己破産後も影響がないこと

これまでは、自己破産による今後の生活への影響を解説していきましたが、今度は自己破産にまつわる嘘・デマについて解説していきます。

3-1.年金受給権に影響はない

「自己破産をすると年金を受け取れなくなる」「年金を差し押さえられる」などの噂がありますが、これは真実ではありません。

自己破産しても、今後の公的年金への影響は一切ありません。今受け取ってる年金はなくなりませんし、将来的に受け取る年金にも影響はありません

ただし、年金の受け取り口座を自己破産する銀行口座と分けておかないと、破産後は口座が凍結されてしまいますので、振り込まれた年金が取り出せなくなってしまいます。

関連記事
口座凍結にご注意
口座凍結にご注意!債務整理で、銀行の預金通帳はどうなる?
債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行う際には、生活への様々な影響が気になることでしょう。「銀行口座」の問題も…

なお、民間の生命保険会社で「個人年金」を利用している場合は要注意です。民間の生命保険会社の個人年金の「解約返戻金が20万円」を超えるなら、自己破産するとその個人年金は解約されて債権者に配当されてしまうでしょう。

3-2.退職金の処分は一部のみ

自己破産によって退職金がなくなるのかどうかが気になる方も多いようです。

これについては、退職金は既に支払われたか・退職まであとどれくらいかによって扱いが変わってきます。

既に退職金が支払われている場合、その退職金は現金・預貯金と同等と見做されるため、一定金額以上は処分されてしまいます。

退職金がまだ支払われていない場合、支払いが直近の場合は退職金見込額の4分の1が、支払い時期がまだ遠い将来の場合は退職金見込額の8分の1が処分の対象となります。

関連記事
債務整理で退職金は差し押さえられてしまうのか?
会社員が債務整理をする際、気になることの一つは「退職金」についてでしょう。 「もしも債務整理をしたら、退職金が差し押…

3-3.引っ越し・旅行・海外移住等の制限は限定的

自己破産をする際、手続きが終了するまで、債務者の転居や長期の旅行が制限されることもあります(管財事件の場合)。
これは、債務者の居所が分からなくなり、手続きに支障を来すのを防ぐためです。

ただし、海外出張等ならば、裁判所にきちんと必要性を説明すれば手続き中でも問題なく認めてもらえます。

また、自己破産手続きが終わればこのような制限はなくなります。

自己破産によって引っ越しができなくなるということも、パスポートに何か記載されて海外旅行・海外移住の制限を受けるということもありません。

3-4.住民票・戸籍謄本には影響なし

自己破産をしても、住民票や戸籍謄本に一切記載されません。

戸籍・住民票・運転免許証・パスポートなど、公的な書類には自己破産の事実は一切記載されません。

なお、国の機関紙である官報には氏名や住所が載ってしまいますが、官報を日常的に目にする人はほとんどいません。

官報から知り合いや家族に自己破産したことがバレるケースはほぼないと考えていいでしょう。

関連記事
官報
「官報公告」とは?自己破産や個人再生が家族・職場にばれる危険性
「借金返済がきついので個人再生や自己破産をしたい……」 しかし、そうなると「官報公告が心配」という方がいらっしゃいま…

3-5.職業制限は一部のみ短期間

一部の職業(弁護士や司法書士などの士業・警備員等)は、自己破産手続中に職業制限を受けます。
しかし、普通のサラリーマンや公務員などには基本的に影響はありません。

仮に制限を受ける職業についていたとしても、自己破産手続きが完了してしまえば、問題なく仕事をすることができるようになります。

関連記事
自己破産の資格制限とは?対象の職業・いつまで制限されるか
自己破産をすることのデメリットの1つとして、「資格制限」があります。 資格制限を受けてしまうと、一定期間、一部の職業…

また、就職活動中に自己破産をしたことを知られることは基本的にありませんし、自己破産の事実を職場に自ら申告する必要もありません。

しかし、銀行系の就職面接では、金融事故を起こしていないか確認される場合があるようです。

3-6.選挙権

自己破産をすると選挙権がなくなるという誤解もありますが、それは嘘です。

選挙権は民主主義の基本的な権利です。
自己破産したからといって選挙権・被選挙権はなくなったりしません。今後とも変わらず選挙に行くことができます。

4.まとめ

以上で解説してきたように、自己破産には世間で言われているほどのデメリットはない、というのが本当の所です。
もし借金に悩んでしまっているのであれば、デメリットを恐れず、早めに弁護士に相談して解決してしまうのがいいでしょう。

弁護士は法律のプロですので、ご相談者様の状況や希望を加味した上で、適切な対応を取ってくれます。

借金を周囲に知られたくない、家や車を手元に残したいという場合も、まずは弁護士に相談すべきです。

一人で悩んでいても借金は解決しません。借金でお悩みの方は、一度弁護士にご相談ください。

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案するとともに費用負担も少なく設定しております。 近時、新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでどおりの返済が難しいとの相談が急増しています。お心当たりのある方は、まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

この記事が役に立ったらシェアしてください!