債務整理でブラックリスト期間の生活方法

★ お気に入りに追加

借金問題を解決するとき、債務整理は必要不可欠とも言える仕組みです。
しかし、債務整理にはもちろんデメリットもあります。

そのデメリットの中でも、最もよく知られているのが「ブラックリスト」問題です。
ブラックリストに載ってしまうと、一定期間ローンやクレジットカードを利用することができなくなってしまいます。

しかし、多くの方が債務整理によって借金問題を解決し、その後の生活を晴れ晴れとおくっていらっしゃいます。
つまり、ブラックリストに登録されても、その後の生活を問題なく送るための手段があるのです。

今回は、ブラックリスト期間の生活方法に関する様々な知識をお伝えします。

1.債務整理をするとブラックリスト状態になる

こちらの記事をご覧の皆さんは既にご存知かと思いますが、債務整理をすると付きまとうのが「ブラックリスト」問題です。

債務整理を利用する際には、過払い金請求以外の債務整理手続きを利用するとブラックリスト状態なってしまいます。

ブラックリスト状態とは、住宅ローンや自動車ローンをはじめとするすべてのローンやキャッシング、ショッピングなどクレジットカードが全く利用できなくなってしまうことです。

関連記事
完全解説!よくわかる債務整理とブラックリストの関係
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…

【「ブラックリスト状態でも審査が通った」は本当?】
稀に、「ブラックリスト状態でもローンを組めた」「ブラックリストに掲載されているはずが審査に通った」という体験談を聞くことがあるかもしれません。
しかし、実際に現役でブラックリストに掲載されている状態では、そのような審査に通ることは大変難しいです。
考えられるのは、債務整理の後に一定期間が経過していて既にブラック状態ではなくなっていたり、確かに支払いの滞納があったもののブラックリストに掲載されるより前の段階だったりして、「自分はブラックリスト状態だ」と勘違いしていることです。
ブラックリストでもローンを組めた、審査に通ったという情報は鵜呑みにせず、自分自身の事故情報をよく確認することが大切です。

2.ブラックリスト期間中の生活方法

では、ブラックリストに掲載されると、その間はどのようなことに注意して生活すれば良いのでしょうか?

問題となるのは、どうしてもローンやクレジットカードを利用したい場合の対処方法です。
これらについて、以下で詳しく解説します。

2-1.ローンは家族名義で利用

ローンの場合は、家族名義で利用する方法があります。

たとえば、家族で話し合って住宅ローンを組む場合、ブラックリスト状態になっていたら、自分名義で住宅ローンの審査に通ることはできません。

しかし、債務整理による事故情報の登録は個人単位なので、たとえ同居の家族であってもその、個人信用情報の内容に影響を及ぼすことはありません。
そこで、自分がブラックリスト状態になっていても、家族自身が借金の延滞や債務整理をした事実がなければ、家族名義でローンを申しこんで利用することができます。

住宅ローンや自動車ローン、子どものための教育ローンなど、家族にとって必要なローンはさまざまですが、配偶者に収入がある場合には、配偶者名義でローンを利用すると良いでしょう。

2-2.クレジットカードは家族カード、デビットカードを利用

クレジットカードの代替には、家族カードとデビットカードの利用が考えられます。

家族カード

クレジットカード会社には、家族カードを発行することができるところが数多くあります。
家族が本会員となっている場合、家族の信用力によってカードを発行しているので、家族カードの利用者がブラックリスト状態であるかどうかは問題にならないのす。

つまり、今現在ブラックリスト状態でも、収入の安定した家族が名義人となっているクレジットカードの家族カードを発行し、利用することができます。

デビットカード

家族カードを利用することもできない場合には、デビットカードを利用する方法があります。

ただし、デビットカードを利用するためには、登録している預金口座に引き落としに足りる残金があることが必要です。
常に残金をチェックして入金しておくようにしましょう。

関連記事
自己破産した人でもデビットカードは作れるの?
自己破産をすると、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいます。この結果、クレジットカードの審査に通らなくなり、クレ…

3.ブラックリスト状態を恐れない!

このように、債務整理によってブラックリスト状態になったとしても、工夫次第で便利に生活することはできます。
債務整理によってローン審査に通らなくなる期間も、5年~10年と限定的ですので、ブラックリスト状態を過剰に恐れる必要はありません。

借金問題に苦しんでいる場合、ブラックリスト状態を恐れて手続を進めないと、状況がどんどん悪くなってしまいます。借金を返すために安易に借り換えをするなどの行為も大変危険です。
債務整理によってローン審査に通らなくなるとしても、借金を整理しないで放置する不利益の方がよほど大きいです。借金問題を抱えている場合には、なるべく早めに弁護士に相談に行くことをおすすめします。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!