ニッテレ債権回収株式会社からの請求が来た!対処法は?

★ お気に入りに追加

突然「ニッテレ債権回収株式会社」というところから手紙が来た!
そんな会社知らないし、無視しても大丈夫かな…?と考えてしまうのも不思議ではありません。

しかし、実はニッテレ債権回収株式会社は法務省から承認を受けたれっきとした債権回収の株式会社なので、連絡を無視し続けることは非常にリスクが高いです。

ニッテレ債権回収株式会社から手紙や電話などで連絡が来てしまった場合、どのようにしたら良いのか、対応策をしっかりと知っておくことが必要です。

1.ニッテレ債権回収会社とは

ニッテレ債権回収株式会社は、法務省から承認を受けた債権回収の株式会社(サービサー)です。
債権回収株式会社とは、債権者から債権譲渡を受けたうえで、債権の回収を専門に行なっている会社です。

そのため、ニッテレ債権回収株式会社が偽物でない限り、架空請求の可能性は極めて低く、返済をしなくてはいけません。

ニッテレ債権回収株式会社は、債権者として

  • ソフトバンク・ドコモ等の携帯会社
  • クレディセゾン
  • NTTデータシステム
  • 大阪ガスファイナンス
  • オリックス銀行
  • 東日本旅客鉄道
  • ゴールドポイントマーケティング(ヨドバシカード)

など様々な会社から債権譲渡を受けています。

「ニッテレ債権回収株式会社」という会社は聞いたことがなくても、上記の会社や金融機関とは関係があるという方が多いのではないでしょうか?

この他にも、ニッテレ債権回収株式会社は、地方銀行や信用金庫などの金融機関や、カード会社などからも委託されており、金融機関も非常に多く取り扱っています。

このように多くの大型企業や金融機関から債権譲渡を受けていることからもわかるように、ニッテレ債権回収株式会社は債権回収会社の中でもかなり大手の会社です。

また、業界で初のプライバシーマークを取得した会社でもあります。
そのため、個人情報の保護や法令遵守に特に力を入れていて、債権者からの信頼が高い会社です。

なお、「ニッテレ」という名前が日本テレビの略称「日テレ」に似ていますが、全く関係はありません。

2.ニッテレ債権回収株式会社の連絡方法

ニッテレ債権回収株式会社からの催促の連絡は、手紙電話によることがほとんどです。自宅に来ることはあまりありません。

法的手続を行う旨の催告書などが、レターパックなどで送られてきます。

具体的には、

  • お客様の未払い状況をご確認下さい。
  • お客様からのご連絡をお待ちしています。
  • お支払方法のご相談を承っております。
  • お客様のお考えについてご連絡ください。
  • 居住地の確認の訪問調査を実施させていただく予定です。
  • 法的手続きの準備に入らざるを得ません。
  • 法的手続きに入ります。

など、債務の延滞状況によって文言は様々です。
しかし、内容としては「借金を期日までに返済しないと、法的手続きを取ります」というものです。

ニッテレ債権回収株式会社からこのようなタイトルの手紙が届いたら、捨てずに必ず中身を確認するようにしてください。

3.ニッテレ債権回収株式会社から連絡が来たら?

では、実際にニッテレ債権回収株式会社から電話や手紙などによって連絡が来た場合、どのような対応を取れば良いのでしょうか?

突然、ニッテレ債権回収株式会社から手紙や電話、Cメールが届いたとしても、聞いたことがない会社だから…と、架空請求などの詐欺と決めつけないようにご注意ください。

ご自身が債務者でなくても、誰かの保証人になっている場合には連絡がくることもあります。

そのため、ニッテレ債権回収会社から連絡がくるときの対処法をしっかりと知っておくことが大切です。

3-1.無視してはいけない

ニッテレ債権回収株式会社からの催促を無視することは、非常に危険です。

手紙や電話などによるニッテレ債権回収株式会社からの連絡を無視し続けてしまうと、「借金の返済意思がない」と判断されてしまうことになります。
仮にそのような判断を下されると、裁判を起こされ、敗訴してしまう可能性が非常に高いです。

裁判に負けてしまうと、強制執行となり、最終的には財産を差し押さえられてしまうこともあります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事
債務の強制執行
債務の強制執行とは?予兆・流れ・今後の生活について
住宅ローンやクレジットカードの借金、家賃や携帯料金の滞納など、払うべきものを払わないでいると、裁判所によって「強制執…

3-2.分割払いの交渉は可能

ニッテレ債権回収株式会社への弁済を、分割払いにしてもらうことは可能な場合もあります。

各々の収入状況に応じて、返済計画を練り直してもらうことができる可能性もあります。

3-3.時効の成立を確認

借金には「時効」が存在します。
もしも最終返済日から5年以上経過している場合には、時効となる可能性があります。

ニッテレ債権回収会社から手紙や電話などで連絡が来た場合には、その債務の時効を確認しなくてはなりません。

ではどのように時効を確認すれば良いのでしょうか?
次で詳しく説明します。

4.時効の確認と援用の方法

4-1.時効の確認方法

まず、ニッテレ債権回収から郵送されてきた催告書の中に記載されている

  • 次回返済日
  • 約定返済期日
  • 期限の利益喪失日

などの項目をよく確認してみてください。

これらの項目の日付から5年以上経過している場合には、時効期間を満了している可能性も考えられます。

4-2.代位弁済の場合

また、代位弁済された日付によって確認できるケースもあります。

ニッテレ債権回収株式会社は銀行からの債権譲渡を受けているケースも多いですが、銀行からの借入の場合、長期間にわたって返済が行われない場合は保証会社に債権が移ります。
これが「代位弁済」です。

このような場合は、時効期間が満了するのは、代位弁済された日付から5年経過してからとなります。

4-3.時効の援用

また、もしも時効期間が満了している場合には、「時効の援用」をする必要があります。

時効の援用とは、「時効が満了しているので、返済は行いません」と債権者に意思表示をすることです。

時効期間が満了しただけでは、時効成立とならないので注意してください。
時効の援用をして初めて、時効成立となります。

時効の援用は弁護士が行う方が確実なので、時効の成立が確認できた場合や、時効が成立している可能性が高い場合は、一度弁護士に相談することをおすすめします。

【債務(借金)について安易に承認しないように要注意】
もしも時効期間が満了している場合であっても、安易に債務に関する話しをすれば、債務を承認し、時効が中断してしまう可能性があります。
時効期間が満了している場合は、安易に支払いや借金についての話をしないように注意してください。

5.弁護士に相談

ニッテレ債権回収から手紙や電話による連絡が来て不安な場合は、弁護士に相談することをオススメします。

聞いたことのない会社だし、家族に知られるのも嫌だから…という理由でニッテレ債権回収株式会社からの連絡を無視し続けた結果、強制執行を受けてしまったというケースもあります。
また、ご自身の判断で話し合いや弁済を行ってしまうことによって、時効が中断してしまう可能性もあります。

そうなる前に、ニッテレ債権回収株式会社から連絡が来たら、早い段階で弁護士に相談してください。

催告書を見てもご自身で時効が成立しているか判断できないという場合でも、請求書の内容を弁護士を見せることで、時効となっている可能性があるのかどうか判断してもらうことができます。

また、弁護士に委任した時点でニッテレ債権回収株式会社からの連絡は無くなり、分割払いの交渉なども弁護士が代わりに行いますので、精神的な負担も軽減されるはずです。

ニッテレ債権回収株式会社から電話や手紙による連絡が来たら、絶対に無視せずに、弁護士に相談することを忘れないでください。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!