突然パルティール債権回収という会社から連絡が!どうすればいいの?

★ お気に入りに追加

借金を放置していると、ある日突然「パルティール」という会社から連絡(ハガキ・通知書)が来ることがあります。

多くの人は「パルティール」という会社と直接取引した覚えがないことでしょう。

何かの不正利用や詐欺なのではないか、と不安になる人もいるかもしれません。

実は、このパルティールという会社は「パルティール債権回収株式会社」という、債権の回収を業務とする会社です。

この記事では「パルティール債権回収株式会社」について説明していきます。

パルティール債権回収株式会社から連絡があった人や、借金を放置している人は、是非一度お読みの上、対策を考えていただきたく思います。

1.パルティール債権回収会社とは?

既に述べたように、パルティール債権回収会社は怪しい会社ではありません。

法務省から承認を受けている、債権回収を正当な仕事とする株式会社です(債務者から見れば、借金の取り立てを行う会社と言えます)。

「パルティールから直接お金を借りたことはないのに、どうしてパルティールが取り立てをしてくるの?」

こういった疑問を感じる人もいるでしょう。

パルティールは、様々な業者から債権の譲渡を受けています。

債権譲渡によって、債権者は過去に直接お金を貸した業者ではなく、パルティールへと変更されます。

もしも、アプラス楽天イオンやその関連会社等からお金を借りている人は要注意です。

これらの会社はパルティールへ債権譲渡を多く行っているという情報があります。

 

また、自分自身はどこにも借金していないのにパルティールから連絡がくることもあります。

これは自分が誰かの借金の保証人連帯保証人等になっているときに起こりうる事態です。

実際に借金をした人から債権を回収できない等の事情がある場合、パルティールは保証人となっている人に連絡をして債権回収を図ります。

これも法的に問題のない行為です。

「いきなりパルティールという知らない会社から連絡が来て、してもいない借金を払えと言われた!」

このように感じる人もいるかも知れませんが、誰かの保証人となった以上、こういった可能性は存在します。

パルティールは違法なことは行わないので、まずは落ち着くことが大切です。

2.パルティールから連絡(ハガキ・通知書)がきた場合の対応策

パルティールは多くの場合、電話に先駆けて書面を郵送してきます。

債権者が変更されたことや債務の内容、債務の支払期限等、書面にはケースに応じた様々なことが書かれているでしょう。

内容が難しいこともあるため、一見して何が書いてあるのかわからないという人もいるかも知れません。

そういった場合は弁護士等に相談して、何が書いてあるのか、どうすればいいのかを教えてもらってください。

2-1.無視するのは危険

パルティールからの連絡を無視していると、訴訟や支払督促といった法的手段を講じられる可能性があります。

パルティールは債権回収のプロです。法的手段を取られたらほぼ確実に負けてしまいます。

2-2.安易に応対するのも危険(時効の可能性)

書面での通知や電話が来たからと言って、うかつに対応すると思わぬ損をしてしまうおそれがあります。

借金には「時効」というものがあります。一定期間経過した借金は時効で消滅してしまうのです。

しかし、時効は時間が経てば自動的に成立するものではありません。

「消滅時効の援用」というものをしなければ効果がないのです。

パルティールを始めとした債権回収会社は、消滅時効の援用をされないように「時効の中断」を狙いながら債権回収をしようとしてきます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事
借金の時効は何年?時効の援用とその条件
借金は債権の一種であり、一定の条件を満たす場合には時効で帳消しになります。つまり、貸した側からすると踏み倒し状態とな…

3.パルティール債権回収の取り立て内容と対応策

パルティールからの連絡を無視していては、最終的に「差し押さえ」などの法的手段を実行されてしまいます。

結局はパルティールからの取り立てに向き合わなければなりません。

不安なことも多いと思いますが、どうするべきかを最後に紹介していきます。

3-1.自宅への訪問

書面や電話による催促を無視した場合、自宅にパルティールの職員等がやってくる可能性があります。

その住所に居住していることを確認する意味合いが強いですが、たまたま在宅していて対応した場合は取り立てが行われます。

取り立ては温和に行われますが、債権者が自宅に来ることに抵抗がある人もいるでしょう。

自宅にいなかった場合、不在通知が郵便受けに入れられることがあります。

同居中の家族に不在通知が見つかると「パルティールって何?」と問い詰められるかもしれません。

借金のことを秘密にしている人は要注意です。

3-2.勤務先に連絡される可能性

督促や訪問を無視している場合、勤務先にパルティールから連絡が来る可能性があります。

これは、債務者へ嫌がらせをする意図ではなく、債務者の生存や住所、在籍等を確認するために行われているようですが、勤務先に連絡が来るのは避けたいという人も多いはずです。

勤務先に連絡される前に郵便物や電話で連絡があることが大半なので、その時点で対処すれば職場に連絡が来る可能性が少なくなります。

最初の連絡が来た時点で弁護士に相談しておけば適切な対応ができることが多いので、すぐにでも借金問題に詳しい弁護士を探して相談しに行きましょう。

3-3.借金は分割払いに変更可能

パルティールから請求された債務を一括返済できない場合は、分割払いを申し出ると相談にのってもらえます。

収入や状況に応じて返済プランを練ってくれるので、その点では良心的かもしれません。

しかし、これをすると債務の承認となり時効の援用はできなくなるので、債務が時効にかかっていないことを事前に確認しておく必要があります。

【威圧的な取り立てがされる?】

パルティールは違法な取り立てをしません。

物腰やわらかく、それでいて淡々と粛々と法律に則った取り立てを行います。

そのため怖い思いはしないと思いますが、法律で認められた行為に対抗するのは一般人には難しいことが多いです。

弁護士に依頼して解決することをおすすめします。

4.パルティール債権回収から連絡が来たら弁護士に相談!

パルティール債権回収会社から郵便が届いた、または電話が来たら、まずは弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士は、債務が時効にかかっているかどうかを教えてくれますし、債務整理等で解決を図る方法も提案してくれます。

弁護士はあなたの味方です。借金で苦しんでいる方は、お早めに弁護士に相談してください。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所
 現在営業中(本日9:00~21:00) ]
 現在営業中(本日9:00~21:00) ]

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!