映画より怖い?闇金の取り立てと嫌がらせの手口。相談で解決できる?

★ お気に入りに追加

闇金業者」または「闇金(ヤミキン)」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

アニメや映画、マンガの題材として有名な「闇金」ですが、よく知られている作品といえば、実写映画化もされた『闇金ウシジマくん』でしょうか。しかし、私達の多くが闇金を知っているにも関わらず、実際に闇金と関わった人は少ないと思います。

そこで、この記事では闇金について解説していきます。闇金の定義や、関わったらどうなるのか、対策方法は何かなどを紹介するので、いざという時に備えて是非学んでおいてください。

1.そもそも闇金とは?

闇金とは、非合法な貸金業者を総称する俗称です。貸金業を営むには、貸金業登録が必要ですし、営業の際には出資法で定められた上限金利を守らなくてはなりません。

しかし、貸金業者の中には、貸金業登録をせず違法に高い金利を取る者がいます。そういった業者のことを、法の光が届かない場所で暗躍する様子から「闇金融業者」、縮めて「闇金」と呼ぶようになりました。

①闇金は違法な存在

闇金はそもそも違法な存在なので、異常な暴利でお金を貸し、支払えなければ法に触れるような厳しい取り立てを平気で行うケースが多く見られます。債務者の精神や肉体に不当な圧力をかけて正常な判断力を奪い、追い詰めて行き利益を得るのが闇金のやり方です。

「闇金は金融業者ではなく犯罪者である」ということを覚えておき、関わってはいけない存在だという認識を持ってください。

なお、闇金と「消費者金融」を混同している人がいますが、消費者金融はれっきとした合法の貸金業者です。また、「サラ金」のことを闇金だと思いこんでいる人もたまに見かけますが、「サラ金」とは消費者金融のかつての俗称なので、勘違いしないようにしましょう。

闇金業者とは、あくまで「貸金業登録をしてない業者」のことなので、注意が必要です。

2.闇金は警察に捕まらないのか?

街を歩いていても「闇金業者」という看板が出ているわけではありません。闇金は違法な存在なので、警察に見つかったら逮捕されます。そのため、警察の目の届かないところで営業しているのです。

闇金の多くは、雑誌やインターネット、電柱の貼り紙などで広告活動を行っています。広告の段階では違法性のある業者かどうかわからないようになっていることがほとんどで、警察でも判断が難しいのが実情です。

①貸金業法で禁止された行為

平成16年に貸金業法が改正された関係で、以下のような行為が禁止されました。これに違反する業者は闇金業者ということになります。

  • 高利で貸付を行う
  • 無登録で営業するか、登録をしたと嘘とついて営業する
  • 実際に貸付をしなくても、無登録の貸金業者が広告や勧誘を行う
  • 午後9時~午前8時の間に取り立てを行う
  • 居住する家以外(勤務先など)への訪問や電話を行う
  • 家族や親族などに返済を要求する
  • 年金受給証等を奪い、担保等とする
  • 暴力団関係者を業務に従事させたり、債券を暴力団関係者に譲渡したりする

なお、闇金業者は警察の気配を察知すると、すぐに雲隠れしてしまいます。逃亡を前提に活動しているのでフットワークが軽いのです。このため、なかなか警察に捕まることがありません。

警察の方でもある程度の取り締まりをしており、平成28年度の警察白書によると、平成27年には608人の闇金業者が検挙されています。しかし、これらは氷山の一角とされており、なかなか根絶の目処が立っていません。

平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
検挙事件数 366 325 341 422 442
検挙人数 666 470 523 558 608
被害人数 50,334 31,528 31,049 16,885 20,946
被害額 117億5,516万円 109億9,008万円 150億0,401円 97億7,645万円 160億9,086万円

警察庁生活安全局生活経済対策管理官「平成27年における生活経済事犯の検挙状況等について」

3.どうして闇金業者を使う人がいるの?

闇金業者を使う人の多くは、通常のルートではお金を工面できない人であるとされています。既に様々な会社からお金を借りており、これ以上お金を借りられないという人が「即日融資!」や「無審査!」「無担保!」などの甘い言葉に騙されて、不当な金利でお金を借りてしまう傾向があるのです。

つまりは多重債務者ということであり、たくさんの債務がある上に闇金の暴利が追加されてしまえば、早晩破綻に至るのは目に見えています。

また、急いでお金が欲しい人も闇金に手を出しやすいと言われています。「明日までに支払わなければいけない案件があるけれどお金がない…」という人が、手っ取り早くお金を借りる手段として闇金業者を利用してしまうのです。

他には、勧誘を受けて闇金と関わりを持ったり、知り合いに紹介された業者が闇金だったりといったパターンがあるようです。知らずに闇金と繋がってしまうこともあるので、お金を借りる相手には万全の注意を払ってください。

4.闇金の手口とは?

闇金は様々な手口で消費者にお金を貸し、破滅への道へと導きます。以下に代表的な手口や嫌がらせ行為を挙げていきます。

①勧誘や集客

前述のように、闇金は雑誌やネットに広告を出したり、電柱に怪しげなチラシを貼ったりしてカモが網にかかるのを待ちます。

それ以外には、名簿業者からお金に困っている人の名簿を入手して、電話勧誘をしたり、ダイレクトメールやスパムメールを送付したりしておびき寄せます。

また、何らかのコンサルタントを装って、お金に困って相談に来た人に闇金業者を紹介し、手数料を巻き上げる悪徳業者も存在します。

闇金業者は基本的に「お金に困っている人」をターゲットにするのです。お金に困ったときほど、闇金には注意しましょう。

②「押し貸し」や「カラ貸し」

闇金と一旦関わると、闇金業者の方から「あなたはしっかりと返済しており信用できるので、もっと貸すことができる」と提案されることがあります。債務者が断っても、強制的に入金される場合があるのです。

こういった貸し方を「押し貸し」と言います。押し付けがましく貸すから「押し貸し」です。押し貸しで貸された分にも法外な金利がかかるので、返済しなければならない額はドンドン増えていきます。

また、「押し貸し」に近い手口に「カラ貸し」があります。借りた覚えのないお金の請求が、突然メールや郵便で届くのです。突然電話が鳴ることもあります。単なる詐欺的行為なのですが、一度連絡に応じるとしつこく催促されることがあります。

こういった輩は相手にしないか、あまりにしつこい場合は警察や弁護士に相談すると良いでしょう。

③完済させない

闇金業者は、返済日を過ぎてもわざと催促しません。それどころか、手渡しで返済をしなければならない場合は、故意に事務所を留守にするなどして返済出来ないようにしてきます。担当者の不在や電話の不通などを理由にして、連絡自体を取れないようにするケースもあります。

様々な手段で返済を遅らせて、その期間分の利息を稼ぐのが、闇金のやり方です。返済できない以上、債務者の負担は増える一方となり、高額な利息を際限なく支払うことになりかねません。

④借金をネタに脅迫や強要を行う

借金があると知られたくない心理は誰にでも存在します。闇金業者はそういった債務者の心につけ込み、家庭や職場に電話したり、直接訪問をしたりします。

借金を隠したい債務者は、借金を知られたくないばかりに、闇金業者からの無理な要求を聞いてしまうことになります。ひどい場合は非合法な行為に加担させられることもあり、そういった事件に巻き込まれたら大抵は悲惨な結末が待っています。

⑤家族や保証人に支払いの請求をする

闇金業者の目的は、より多くのお金を得ることです。債務者の借金が膨らんだところで、債務者の家族や保証人など、より多くのお金を持っていそうな人にターゲットを移し、激しい取り立てを行います。

債務者の親や配偶者の家族が闇金業者の取り立てに屈してしまい、土地や家を売ってまで返済に応じた事件もあるのです。闇金は多くの人を不幸にすると心に留めて置きましょう。

⑥ソフト闇金

ソフト闇金とは、一見人当たりの良い闇金業者のことです。他の闇金より金利が少しだけ安く、取り立ても厳しくなく、お願いすれば多少の融通を聞かせてくれることもあります。しかし、人当たりが良かろうが悪かろうが闇金業者であることに変わりありません。

優しくする目的は、「この業者は信頼できる」と債務者に思いこませ、真綿で首を絞めるようにお金を搾取することにあります。どんなに優しそうに見えても、絶対に闇金業者を信用しないでください。

⑦債務整理詐欺

債務を一本化するなどと言う名目で、さらに闇金業者を紹介して搾取する手口です。債務整理とは名ばかりで、多くの場合はより厳しいステージに移行してしまいます。

債務整理の際に法外な紹介料を取られるケースもあるので、絶対に話に乗らないようにしましょう。

5.闇金と関わったら、マンガ『闇金ウシジマくん』みたいなことになるの?

多くの人にとって、闇金とはマンガや映画やドラマの中の存在でしょう。闇金が出てくるマンガと言えば『闇金ウシジマくん』です。『カイジ』シリーズ(福本伸行著)にも闇金業者が出てきます。闇金と関わった場合、本当に創作物のような状況になるのでしょうか?

多くの創作物はエンターテイメントとして作られているため、誇張やフィクションが存在します。しかし、すべてがフィクションというわけではありません。一部分に限定すれば、現実に即したところもあります。

特に『闇金ウシジマくん』においては、債務者の考え方や追い詰められ方、破滅に至る過程などに一定のリアリティがあり、その部分が評価されていると言われています。

①マンガのような転落はあり得るが、救いの手は・・・

闇金を利用すると、場合によっては本当に「マンガのような転落劇」に陥る可能性があると思ってください。しかし、マンガと違い、都合良く救いの手が差し伸べられることはありません。

闇金トラブルの解決には、債務者の自衛や努力が不可欠となります。まずは弁護士や警察に相談し、闇金業者との関わりをなくすようにしてください。

6.闇金に手を出してしまったら?

闇金業者は存在そのものが違法なため、貸付自体も違法なものとなります。闇金業者とトラブルになったら、上手に法律を使って撃退してください。

法律に照らし合わせれば、闇金業者からの借金は一切返済する必要がありません。利息はもちろん、元金すら返さなくていいのです。既に返済したお金を取り返せるケースもあります。法的保護を受けられる以上、実は債務者の方が闇金よりも有利な立場なのです。

闇金業者は、法律を持ち出されると債務者が有利になると知っているので、あの手この手で警察や弁護士を遠ざけようとします。トラブルがこじれすぎると、暴力や監禁といった物理的な手段に訴えて、警察や弁護士に相談させない業者もいるくらいです。

①闇金に関わってしまったら直ぐに弁護士・警察に連絡を

「闇金業者と関わってしまった」と思ったら、迷うことなく弁護士や警察に相談して、守ってもらってください闇金業者が逮捕されれば、違法な取り立ても止むので安心の日々を取り戻せます。ノウハウのある弁護士であれば、闇金から返済済みのお金を取り戻してくれたり、慰謝料を請求したりしてくれるでしょう。

闇金業者が1つでも減れば、闇金業者の被害を受ける人も減ります。自分と社会を闇金業者から守るためにも、1人で悩まずに、必ず弁護士や警察に相談をしてください。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!