自己破産のデメリットとよくある誤解

★ お気に入りに追加
自己破産

「自己破産」と聞くと、持ち物を全て没収され、選挙権がなくなり戸籍にも記載されて、これからの人生に希望が見えなくなってしまう…なんて思っていませんか?

しかし、それは誤解です。自己破産をしても、全ての財産が没収されることも、選挙権がなくなることも、戸籍に記載されることもありません。

自己破産は、これまでの借金などの財産関係を清算して、債務者に健全な形で再出発を促す制度です。
もちろん、自己破産にはデメリットも生じますが、イメージよりもデメリットとして制限されることは少ないです。

ですから、自己破産のデメリットについても理解した上で、自己破産を選択するのも一つの前向きな選択といえます。

ここでは「自己破産」について、デメリットも含めて解説していきます。

1.自己破産について

1-1.自己破産とは

自己破産とは、債務者自身が破産の申し立てをするもので、「債権者への財産の清算」と「債務者の経済的な再生の機会の確保を図ること」を目的とするものです。

ですから、その目的を果たすために、自己破産の手続では、「債権者への財産の清算手続(破産手続)」と「債務者の債務の支払い義務をなくす手続(免責手続)」が進められます。

1-2.自己破産のメリットとは

自己破産のメリットには、主に

  • 債権者からの取り立てが止まる
  • 免責が決定されると債務の支払い義務がなくなる

というメリットがあります。

裁判所が破産手続開始決定をすれば、債権者は直接債務者に対して取り立てることができなくなります。
つまり、取り立てに追われる状況から抜け出すことができるのです。

また、裁判所から免責許可の決定がなされると、それまでの債務の支払い義務がなくなります。
ただし、税金や養育費等、免責されない債務もあります。

※参考「自己破産のしくみと手続」高橋裕次郎 著(三修社)

2.自己破産の破産者にとってのデメリット

では、そんな自己破産には、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

2-1.財産が処分される

自己破産では、借金を清算するために、所有している財産を処分して債権者に分配する手続が行われます。

そのため、所有しているマイホームなどの不動産は処分されることになります。

また、自動車などの財産や一定額以上の現金や預貯金も処分されることになります。

2-2.官報に掲載される

自己破産すると、官報という国の広報誌に氏名・住所が掲載されます。

しかし、官報を目にする機会はほぼないので、官報に掲載されたことによって周囲に知られる心配はほとんどないといえるでしょう。

2-3.職場に破産を知られる可能性がある

勤務先の貸付金制度の利用など、勤務先に借金をしていた場合には、破産の事実が伝わる可能性があります。
なぜなら、自己破産すると裁判所からすべての債権者に通知がなされるので、勤務先も債権者として通知を受け取ることになるためです。

また、債権者に給与を差し押さえられていた場合には、破産手続開始決定によって給与の差し押さえが中止されるので、勤務先に自己破産を推測されることもあるといえるでしょう。

尚、後でも解説をしますが、破産が原因で会社を解雇されることはありません。

2-4.免責等までに一定の制限を受ける

免責許可の決定等までの自己破産の手続きが進行している間には、破産者は一定の制限を受けます。

一定の制限には、弁護士などの多くの士業や警備員などの一部の業種は職務を停止されること、郵便物が破産管財人に転送されてしまう可能性があること、引っ越しや旅行に裁判所の許可が必要なこと、などがあります。

2-5.ブラックリストに載る

自己破産すると、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれる信用情報機関に登録されることになります。
そのため、最長10年程度、新たに借り入れをしたり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ることができなくなります。

したがって、携帯電話を分割で購入することや、車のローンや住宅ローンを組むことができなくなるので注意が必要です。

なお、携帯電話の購入に関しては、現金で一括購入する分には、問題はないことになります。

3.自己破産が周囲に及ぼすデメリット

3-1.家族への影響

自己破産をしても、基本的にその影響は破産者本人のみに及ぶので、家族が直接不利益を被ることはないものです。
しかし、破産者本人が自宅や車を所有していた場合などには、家族も住む家や車を失ってしまうことになるので、間接的に影響は及びます。

ただ、住む家を失うといっても、自宅が競売等で売却されるまでには時間がかかり、その間は自宅に住み続けられるので、今後住む家を検討できる時間は作ることができるといえるでしょう。

なお、家族が破産者の借金の保証人や連帯保証人になっている場合には、破産者本人に代わって家族に支払義務が生じるので、多大な影響が及んでしまうことになります。

3-2.連帯保証人などへの影響

自己破産をすると、借金の保証人や連帯保証人になってくれた人に借金の支払義務が生じることになります。

自己破産により破産者本人が免責されたとしても、連帯保証人等の責任まで免責されるわけではありません。

なお、債務が時効にかかっている場合には、連帯保証人等の支払い義務もなくなるので、時効についてはしっかりと確認しておきましょう。

4.よくある誤解と質問(自己破産のデメリット)

Q1.戸籍には自己破産の情報は載る?

A.破産者は、本籍地の市区町村役場にある「破産者名簿」に登録されます。
しかし、これは、「戸籍」とは別のもので、非公開なので第三者は見ることができないものです。また、免責を受けた場合には、破産者名簿から抹消されます。

つまり、自己破産をしたからといって、戸籍にその情報が載るわけではなく、住民票にも影響はありません

したがって、自身の転職先や子どもの学校・就職先などに、戸籍謄本や住民票を提出する機会があったとしても、自己破産のことが分かってしまい就職等へ不利益を及ぼすことはないといえます。

Q2.自己破産をしたら選挙権を失う?

A.自己破産をしても、選挙権や被選挙権を失ったり、制限されることはありません

法律上、選挙権・被選挙権が制限される者に、自己破産者は含まれていません。

Q3.自己破産で財産が処分されてしまうと、当面の生活もままならなくなるのでは?

A.自己破産では、一定の範囲の財産について、破産手続開始決定後も破産者が自由に管理・処分できる財産を認めています。

具体的には、99万円以下の現金、年金、生活上欠かせない家財道具などは手元に残すことが認められています。

Q4.破産手続きをすると自宅に住み続けられないのに、住宅ローンの支払いは残るの?

A.住宅ローンを組む際には銀行などで自宅に抵当権を設定しており、自宅が競売されると、銀行などはその売却代金から住宅ローンの残金の支払いを受けることになります。

そのため、残った住宅ローンの支払いをする必要はなくなります

Q5.破産すると生命保険や子どものための学資保険も解約しなければならないの?

A.生命保険や学資保険は、解約すると「解約返戻金」が戻ってくることもあります。

ですから、処分の対象にはなりますが、あまりに解約返戻金が少額な場合や掛け捨て保険の場合には、そのまま解約しなくても済むこともあります。

Q6.自己破産したことが勤務先に知られたら解雇されてしまう?

A.自己破産を理由とした解雇は、不当解雇にあたります。
ですから、自己破産したことが勤務先に知られたからといって、仕事を失うことにはなりません。

※参考「自己破産のしくみと手続」高橋裕次郎 著(三修社)
「自己破産と借金整理を考えたら読む本」ベリーベスト法律事務所(日本実業出版社)

6.借金の返済に限界を感じているときには

以上、自己破産について、デメリットも含めて解説していきました。

借金の返済に限界を感じているときには、自己破産は1つの重要な選択肢となります。

確かに、自己破産することで、自身へのデメリットや周囲へ及ぼす影響もあります。
しかし、自分ひとりで何とかしようと借金を重ねることは、自身への負担や周囲への影響を取り返しのつかないものにしてしまう可能性があります。

ただ、渦中にいるときには、借金の状況の把握やどんな選択肢があるのかといった判断を冷静にできないことも多いものです。
ですから、そういった場合には、専門家である弁護士に相談して最も適切な債務整理の方法を一緒に考えていくことが大切になります。

弁護士に相談すれば、手続を弁護士が代わって行うほか、破産手続などの流れの中で生じる疑問についても相談できるので、よりよい解決につなげることができます。

借金の返済に限界を感じているときには、弁護士に相談する方法があることを覚えておくと良いでしょう。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所
 現在営業中( 0:00~24:00 ) ]
 現在営業中( 0:00~24:00 ) ]

当事務所では、個人様・法人様を問わず、相当数の借金問題を手掛けてきました。

当事務所では、個人様・法人様を問わず、相当数の借金問題を手掛けてきました。

これまでの経験から、相談者様の生活を第一に考えた解決方法をご提案いたします。費用面も負担の少ないよう設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!