債務整理における弁護士・司法書士の違い

★ お気に入りに追加
債務整理のオススメ相談窓口

借金の返済について、『専門家に相談したい』と思い、相談先を調べてみると「弁護士」or「司法書士」という二つの選択肢が出てきます。
実際、どちらに頼むべきなのかは相談者の置かれている状況によって異なります。

この記事では、債務整理における弁護士・司法書士の違いと、それぞれのメリットを紹介していきます。
借金問題で相談窓口をどこにするか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

1.債務整理における弁護士・司法書士の違い

借金問題の解決手段である「債務整理」の専門家には、弁護士と司法書士がいます。

それぞれ、何が違うのでしょうか?

1-1.取り扱える金額の違い

弁護士と司法書士は、まず、「取り扱える金額」が違います。

司法書士の場合、債務の合計額が「140万円まで」でないと、債務整理を行うことができません。
例えば、任意整理で1社からの借入が140万円を超える場合、司法書士には対応できないのです。

弁護士にはこのような金額制限はないので、140万円を超える借入先があれば、必ず弁護士に依頼する必要があります。

このことは過払い金返還請求でも同様で、過払い金の請求金額が140万円を超える場合には、弁護士に依頼しなければなりません。

1-2.権限の違い

個人再生や自己破産をするとき、弁護士と司法書士では「権限の範囲」が違います。

弁護士は「申立人の代理人」になることができます。手続き全般について代理を務められるのです。
司法書士の場合は「書類作成代理」のみとなります。つまり、申立書などの書類を作成する権限のみということです。

たとえば自己破産の場合、裁判所と面談をする「審尋」や債権者が集まる「債権者集会」などの場面において、司法書士は同席したり、発言したりすることができません。
一方、弁護士ならばこれらも可能です。

他にも、司法書士には簡易裁判所の代理権しか認められない(弁護士なら地方裁判所や高等裁判所でも代理できる)という違いもあります。

1-3.予納金や費用の違い

個人再生で個人再生委員が選任される場合や、自己破産で管財事件になる場合、「個人再生委員の予納金」「管財予納金」という費用がかかります。
これらの予納金は、司法書士申し立てよりも弁護士申立の方が低くなるケースがあります。

たとえば東京地裁の場合、個人再生委員の予納金は、弁護士申立の場合15万円、司法書士申立や本人申立の場合25万円です。
自己破産の管財予納金は、弁護士申立の場合20万円~、司法書士申立や本人申立の場合には50万円~となっています。

このように、司法書士に債務整理を依頼すると、債務整理の実費面で予想外の高額な費用がかかってしまう可能性があるので、注意が必要です。

しかし、債務整理を司法書士に依頼した場合、一般的に司法書士費用は弁護士費用よりも安く済むことが多いです。

【債務整理ができる司法書士は「認定司法書士」のみ】
弁護士の場合、基本的に誰でも債務整理を取り扱うことが可能です。特定の弁護士は債務整理してはいけない、という制限などはありません。
一方司法書士の場合、きちんと研修を受けて認定を受けた「認定司法書士」のみが債務整理を取り扱えます。
お近くの司法書士事務所の先生が債務整理を取り扱っているとは限らないということです。

2.弁護士に相談すべき人

2-1.借入金額が大きい

借入の総額が140万円を超えている場合、司法書士は対応ができないので、最初から弁護士に相談するのが良いでしょう。

2-2.個人再生や自己破産をしたい

自己破産で管財事件になったり、個人再生で個人再生委員が選任されたりすると、「予納金」がかかります。

弁護士の場合、司法書士より予納金が安くなる可能性が高いので、まずは弁護士に相談に行く方が無難です。

2-3.複雑な法律問題が絡んでいる

たとえば自己破産で、免責不許可事由や資格制限(一定の職業につけなくなる)が適用される可能性がある場合や、どうしても守りたい財産がある場合、2回目・3回目の自己破産の場合など、複雑な法律問題が絡んでいるケースでは、司法書士よりも弁護士の方が安心です。

3.司法書士に相談すべき人

3-1.借入の総額が小さい

債務総額が140万円以下であれば、司法書士でも対応可能です。

3-2.同時廃止予定

自己破産するケースでも、同時廃止なら管財予納金は不要なので、司法書士に依頼しても料金は上がりません。
また、債権者集会なども開かれないので、司法書士に依頼してもそう不都合を感じることはないでしょう。

司法書士の費用は弁護士費用よりも安い場合が多いため、以上のような場合、最初から司法書士に相談をしてみるのも良いかもしれません。

4.弁護士・司法書士の探し方

今は、インターネットがあるので、簡単に弁護士や司法書士事務所の情報を入手できます。
「地域名 債務整理 弁護士(司法書士)」で検索をしたり、このサイトのような弁護士事務所ポータルサイトを使ったりして、相性の良さそうな事務所を探して相談の申込みをしましょう。

個別の弁護士事務所で相談をするメリットは、自分で依頼したい専門家を選べることです。相談所での紹介や、知人の紹介ではそうもいきません。
事務所のホームページなどを見ると、これまでの債務整理についての実績も載っていますし、専門家のプロフィールなどを見たら人となりもわかります。
また、費用体系なども載っている事務所が多いので、予算の範囲に収まりそうな事務所を選ぶことも可能です。

デメリットは、ネットを利用できる環境でないと探せない点や、自分である程度情報を取捨選択できる方でないと扱いづらいという点です。

債務整理の手続き経験が豊富で、親身になって寄り添い解決してくれそうな事務所を探しましょう。

関連記事
債務整理を依頼すべき、あなたにピッタリな弁護士の選び方
債務整理は専門的な知識が必要となるため、弁護士に依頼した方が圧倒的にスムーズに行うことができます。 しかし、世の中に…

5.まとめ

債務整理を依頼する専門家や相談窓口を選ぶときのために、弁護士と司法書士のそれぞれの特徴はしっかりと把握しておきましょう。

弁護士でも司法書士でも、信頼できそうな人に依頼することが大切です。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所
 現在営業中(本日9:00~21:00) ]
 現在営業中(本日9:00~21:00) ]

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!