任意整理してもカーリースは利用できる?

★ お気に入りに追加

任意整理をすると、俗に言う「ブラックリスト」に載ってしまい、クレジットカードを作ったりローンを組んだりできないという話を知っている人は多いと思います。

では、「カーリース」はどうなるのでしょうか?
便利でお得なカーリースを利用している人は多いでしょうし、カーリースで利用している車が使えなくなると生活に影響が出るという人もいるでしょう。

この記事では、任意整理をした後のカーリースについてご紹介していきます。

1.カーリースとは?リース契約の仕組み

リース契約では、目的の品物をリース会社が利用者に代わって購入し、その品物を一定期間利用者に有償で貸し出します。
カーリースの場合は、目的の品物が乗用車になり、その車の所有者はリース会社、使用者はあなたということになるのです。

このままだと単なるレンタル契約のようですが、カーリースには主に以下のような特徴があります。

  • 頭金がなく、税金やメンテナンス費用込みの料金
  • 定期点検などを行ってくれる
  • 走行距離に制限がある
  • 契約期間内の解約や変更ができない
  • リース契約終了時に車を所有できる場合も

次からの項目で、それぞれを少々詳しくご紹介していきます。

1-1.頭金がなく、税金やメンテナンス費用込みの料金

カーリースでは、毎月定額のリース料金を支払います。
頭金がないので初期費用を抑えることができますし、毎月の支払額が決まっているので、予定を立てて支払いができるというメリットがあります。

また、通常は自動車を所有すると、ガソリン代だけでなく、オイル交換や車検などのメンテナンス費用や、自動車税・自動車税といった税金が発生します。
カーリースは、毎月の支払額にこれらを含めている場合も多く、車検や税金の支払いのために金策に走る必要がありません。月額の支払分を守っていれば基本的に大丈夫です。

1-2.定期点検などを行ってくれる

車を利用していると定期的に点検をする必要がありますが、カーリースは契約しているお店やガソリンスタンドなどに行けば点検してくれます。

点検費用がリース料金に含まれているものがある一方で、消耗品費が別途かかる契約のものもあるので、どのような契約になっているかは事前に確認しておきましょう。

1-3.走行距離に制限がある

カーリースは毎月おおよそ1,500kmまでの走行距離を守る必要があります。
1ヶ月を30日として換算すると、1日あたり50km程度の走行距離です。

もしこの走行距離を超過すると、超過した分だけ違約金が発生してしまいます。リース契約の内容によっては1,500kmより短い場合もあるので注意してください。

1-4.契約期間内の解約や変更ができない

カーリースの契約中に解約したり契約内容の変更をしたりすると、残りの契約期間に応じた違約金が発生してしまいます。

この違約金は一括払いとなるので、残りのリース期間によってはかなりの出費が発生します。

1-5.リース契約終了時に車を所有できる場合も

カーリースでは、リース契約を無事終了した暁に「使用していた車が気に入ったから買い取る」ということが可能な商品もあります。

その際には、残価(リース契約時に予想して定める、リース満了時の車の価値)を支払うことで、それまで使用していた車を自分の所有物とすることができるのです。
(しかし、最終的に買い取る場合、トータルの支払い額は車ローンより高くなります。)

 

このように、カーリースは月々決まった金額を無理なく支払うことで、制限内の走行距離で新車を使用することができるという仕組みです。

2.カーリース契約中の任意整理

では、任意整理をするとカーリースの契約はどうなるのでしょうか?

2-1.リース会社を対象に任意整理すると車は引き上げ

まず、カーリースを契約している間に、リース会社を相手にして任意整理を行った場合のことを考えていきましょう。

結論から言えば、リース中の車は所有者であるリース会社に引き上げられてしまいます。リース契約の場合は、カーローンと同じで、物品の購入者(所有者)が利用者ではなくリース会社となっているのです。

また、車を引き上げられる=車が使えない状態になる=リース契約を解除する、ということになりますが、既に述べたようにカーリースは途中で解約すると違約金が発生し、一括払いを請求されてしまいます。
任意整理すること自体は可能ですが、するとなればかなりのデメリットを覚悟しなければならないのです。

ちなみに、個人再生や自己破産の場合も同様です。

2-1.カーリースを任意整理の対象から外せば問題無し

任意整理は、自己破産や個人再生と違って債権者を選ぶことができるので、カーリース以外の債務のみを任意整理すれば、カーリースはそのまま契約を続けることができます。

カーリース以外の借金で悩んでいるという人は、カーリースを残したままで他の借金のみを任意整理するのが得策でしょう。

3.任意整理した後でカーリースは利用できるか

さて、最後に「任意整理をしてからカーリースを利用できるか」ですが、こちらの場合も残念ながら、利用は難しいと言わざるをえません。

カーリースの契約時に、リース会社は契約の相手方がブラックリストに載っていないかどうかを確認します。
もしあなたが任意整理をしていた場合は、当然ブラックリストに載っているので、新たな契約を断られてしまいます

この場合は、審査が極めてゆるいか、審査自体がないカーリースを利用することで解決できます。しかし、そういったカーリースは頭金などが必要となることがあるため、契約の前に確認が必要です。

任意整理から5年間経過するとブラックリストに載っている情報が削除されるので、それを待ってカーリースを申し込めば問題なく契約をすることができます。

関連記事
債務整理でブラックリスト期間の生活方法
借金問題を解決するとき、債務整理は必要不可欠とも言える仕組みです。 しかし、債務整理にはもちろんデメリットもあります…

4.弁護士なら専門的なアドバイスが可能

任意整理をすると、新しくカーリースの契約をすることができなくなるばかりか、既に契約中のカーリース契約も解約されてしまいます。

現在カーリース契約をしている人は、カーリースを任意整理の対象から外すことで多くの問題を回避することができます。
しかし、新しくカーリースを契約したいと考えている場合は、任意整理をした事実が足かせになってしまいます。

カーリースのことが気がかりで任意整理に踏み出せない、という方は、借金の整理にあたっては弁護士などの専門家に相談して、カーリースのことについても検討してもらいましょう。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所
 現在営業中(0:00~24:00) ]
 現在営業中(0:00~24:00) ]

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案しています。費用面の負担も少なく設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!