任意整理中に返済が滞ってしまった場合の対処法

★ お気に入りに追加

任意整理をすると、将来の利息や遅延損害金をカットしたうえで、残った借金を3~5年かけて返済していくことになります。
しかし、任意整理の手続きが成功したにもかかわらず、その後の返済を滞らせてしまったらどうなるのでしょうか?

任意整理後に、病気や事故、リストラなどで収入が減った人は、「任意整理後の返済が厳しくて生活ができない」という状況になることがあるようです。
そうでなくても、任意整理をするときの見通しが甘かった人は、せっかく任意整理をしても借金問題が解決しないという可能性があります。

この記事では、任意整理後の返済滞納と、その対応策について解説していきます。任意整理をした方や任意整理を検討している方は、ぜひご一読ください。

1.任意整理後の返済を遅延・延滞するとどうなる?

突然の減給、失業、病気や怪我など、人生には何が起きるか分かりません。「しっかり計画を立てているし、自分なら大丈夫」と思っていても、何らかの原因による出費の増加があり、任意整理後の返済ができなくなってしまう可能性は十分にあります。

任意整理後の返済を遅延・延滞すると、一体どうなるのでしょうか?

1-1.数日の遅延の場合

返済予定日から1~2日の遅延であれば、大きな問題にならないことが多いです。

しかし、だからと言って当たり前のように遅延をしても大丈夫というわけではありません。遅延を起こすことが分かった段階で、前もって債権者に連絡してください。
そのうえで、支払遅延後でもできるだけ速く返済すれば、通常の返済と同じようにみなしてくれる可能性が高いです。返済後はすぐに債権者に連絡し、謝罪とともに返済の報告もしておきましょう。

くれぐれも、黙って返済遅延をしてはなりません。遅延をしても、できるだけ早く支払うなどの誠意を見せるようにしてください。

  • 予め債権者に遅延する旨を連絡する
  • できるだけ早く支払いを行う
  • 支払ったらすぐに債権者に連絡する

1-2.支払いを延滞した場合

遅延の状態が2ヶ月以上続くことを「延滞」と呼びます。
延滞をすると、原則的に債権者は債務者に対して残債務の一括払いを請求できるようになります。場合によっては本当に一括請求されてしまうかもしれません。

延滞は起こさないことが大切ですが、もし起こしてしまったら債権者側に事情を相談してください。延滞の事情によっては一括払いではなく分割払いを続けさせてもらえるかもしれません。
また、返済も早く再開させなければ、債権者の印象が改善されませんので注意しましょう。

もし延滞を起こしそうなときは、事前に債権者か任意整理を依頼した弁護士に相談しておくべきです。それだけで多くのトラブルを回避できるので、黙って延滞を起こさないようにしてください。

  • 延滞すると一括払いを請求されるおそれがある
  • 延滞のおそれがある段階で事前に債権者か弁護士に相談し、一括請求を防ぐ
  • できるだけ早く支払いを再開する

1-3.無連絡のまま延滞し続けた場合

では、債権者や弁護士に連絡しないままで延滞し、その状態が続いた場合はどうなるのでしょうか?

原則的には、先述の通り債権者が債務者に残債務の一括返済を求めることができる状態になるので、非常に危険な状況になります。また、財産の差し押さえを受けてしまう可能性もあります。
任意整理の和解書に「支払いが遅れたら財産を差し押さえる」という旨が記されているときは、特に注意が必要です。

ただし、すぐに財産を差し押さえられるわけではありません。差し押さえには「債務名義」という書類が必要であり、和解書は債務名義にならないからです。

債務名義の代表例には以下のようなものが挙げられます。

  • 確定判決
  • 仮執行宣言付判決
  • 仮執行の宣言
  • 仮執行宣言付支払督促
  • 裁判上の和解調書や調停調書

もちろん、債権者が裁判や支払督促などをして債務名義になる書類を手に入れた場合は、財産の差し押さえを受けてしまいます。

関連記事
給与差し押さえが強制執行
給与差し押さえが強制執行…借金が会社や家族にバレる?
債務者が消費者金融からの電話に応対しても、そのまま借金を返済しなければ給与を差し押さえられることがあります。 給与の…

2.延滞してしまったときの対処法

延滞を放置して訴訟を提起されたり、支払督促をされたり、または財産を差し押さえられてしまった際には、できるだけ早く弁護士にお願いして、債権者と再交渉してもらうのがいいでしょう。
うまくいけば差し押さえを免れて、分割払いを再開できるかもしれません。

しかし、延滞を放置している時点で債権者の心証はかなり悪いので、交渉がうまくいくとは限りません。もし、交渉が決裂したり、今後収入が改善される見込みがないなどで返済が難しかったりする場合も、やはり弁護士に相談するのが一番です。

弁護士に相談すると、自己破産や個人再生を検討するように勧められるでしょう。ここまでくると、それを受け入れた方が事態が好転する可能性が高いです。

【任意整理後でも裁判所は自己破産を許してくれる?】
自己破産をするときに最も気になる部分が「免責を受けられるかどうか」です。任意整理後に自己破産をする場合、裁判所による免責の判断が厳しくなると思っている人も多いかもしれません。

しかし、実際のところ、原則的には普通に自己破産したときと特に変わらない基準で免責の可否が決まります。
ただし、任意整理したのにほとんど返済していないような場合は「返済の努力が認められない」として免責されない可能性がありますのでご注意ください。

3.弁護士に辞任されてしまったら?

任意整理後に返済が滞ってしまった場合、かつて任意整理手続きを代行してくれた弁護士に再度相談することがおすすめです。債務者の状況を最もよく理解していますし、債権者との交渉もスムーズに進むでしょう。

しかし、弁護士はまれに代理人を降りるケースもあります。例えば、お金がないからといって弁護士に報酬を払っていなかったり、弁護士からの連絡を無視し続けていたりした場合です。
それなのに、支払遅延や延滞を繰り返したりする度に都合よく弁護士を頼っていると、弁護士の方から辞任を申し出ることがあります。

弁護士が辞任した場合、新しい弁護士を探すか、自分で債権者との交渉をしなければならなくなります。

自分で交渉した場合、債権者は交渉に応じてくれにくくなりますし、新しい弁護士を見つけた場合でも、事情を一から説明しなければならないので大変な手間がかかります。
弁護士はあなたの強い味方なので、最初から真摯に向き合い、不義理なことをしないようにご注意ください。

関連記事
辞任通知が送られてきた!債務整理の弁護士辞任の影響とは?
債務整理をする時には弁護士に対応を依頼するケースが多いですが、依頼者側の問題など、さまざまな理由で弁護士が辞任してし…

4.任意整理後の債務整理も弁護士・司法書士へ

任意整理をした後で返済が滞るような場合は、とにかく早めに弁護士や司法書士などの専門家に相談してください。早く相談すればするほど、その後の傷が浅くて済みます。

また、任意整理後でも、個人再生や自己破産を行うことは可能です。弁護士でしたら、どのような対処法が最も適切かをアドバイスしてくれます。

しかし、何よりも最初の任意整理の時点で、弁護士と綿密な打ち合わせを行い、無理のない計画で任意整理を行うことが大切です。借金問題の解決は、専門家と一緒に慎重に判断するようにしましょう。

関連記事
任意整理を依頼すべき弁護士を見極める6つのポイント
任意整理は、借金問題を解決する最も一般的な方法です。任意整理が成功すれば、今後の利息が免除されるため、毎月の返済負担…

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。当事務所はそんなお悩みを抱えている方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!