クレジットカードのショッピング・リボ払いを任意整理するとどうなるの?

★ お気に入りに追加

クレジットカードの使い過ぎ・リボ払いなどで返済不能になった際の解決方法として、しばしば提案されるのが「自己破産」です。
しかし、自己破産には様々なデメリットがつきまといます。なんとかして自己破産を回避したいという人も多いでしょう。

そこで、本記事では、クレジットカードの借金を解決する方法として「任意整理」をご紹介します。

クレジットカードの支払いで借金が嵩んでしまった肩に向け、クレジットカードが原因の借金を解決するための任意整理とはどのような手続きなのか、また、そのようなことに注意すれば良いのかを解説致します。

クレジットカードの支払い(リボ払い)の返済額が大きくなって返せなくなっている人や、クレジットカードを日常的に利用している人はぜひご一読ください。

1.クレジットカードで借金が増える理由

多くの人が日常的に気軽に使っているクレジットカードですが、クレジットカードで買い物をすると言うことは、「一時的にお金を借りて買い物をする」ということです。

借りたお金は毎月決まった日に口座から引き落とされます。口座の中のお金は、現金と違いリアルタイムで確認ができません。
引き落とされるお金が多ければ多いほど口座の残高が減っていき、結果として生活が苦しくなります。

生活が苦しくなれば、また買い物をするときにクレジットカードを使う頻度が増えてしまいます。この繰り返しで借金が増えていき、やがては返済不能な状態に陥ってしまうのです。

【クレジットカードのキャッシングとは?】
クレジットカードの機能の1つであるキャッシングとは、ATMなどから現金を借りる機能のことです。急に現金が必要になったときに役に立ちます。

借りた現金を返す方法は、一括払いかリボ払いを選択することができます。キャッシングの場合、たとえ一括払いを選択肢しても必ず金利が発生してしまいます。
カード会社によって異なりますが、大体15%~18%程度の金利が設定されています。現金がないからと言って気軽にキャッシングを利用すると、高い金利を支払うことになります。

関連記事
クレジットカード
クレジットカードで借金地獄!?便利さの裏に潜む危険性とは
現金不要でショッピングができるクレジットカードは、多くの人が持つ便利なアイテムです。ネットショッピングでも大活躍する…

では、以下、クレジットカードで「お金が余分にかかる」支払方法を紹介していきます。

1-1.手数料が必要な分割払い

クレジットカードを使って3回以上の分割払いを行うと「分割手数料」が発生し、余計な負担を強いられてしまいます。
分割回数を多くすれば1回あたりの支払額が減って負担が軽くなりますが、分割手数料の額は大きくなります。

分割払いは毎月の支払額を少なくできるので、油断して分割払いで買い物をしすぎた結果、支払能力を超えた額の借金を抱えてしまうことになりかねません。

分割回数を2回にすれば原則として手数料がかからないので、できれば2回払いまでに留めておくといいでしょう。

1-2.「リボ払い」の落とし穴

クレジットカードの支払いの中でも、リボ払い(リボルビング払い)は特に危険です。
リボ払いに頼りすぎたせいで生活が苦しくなってしまった・借金まみれになってしまったという方は後を絶ちません。

リボ払いは、簡単に言えば「利用額に関係なく、毎月決められた一定額のみ支払う」方法です。
一定額のみ支払えばいいので、計画的返済が可能です。基本的には月々の出費を抑えられるので、生活にかかる負担が少なくなるというメリットもあります。

しかし、リボ払いは利用額が増えると返済期間が長くなり、それに伴って利息の支払額も増え、元本が減らないせいで借金をなかなか完済できない点がデメリットです。
支払回数が多ければ手数料や利息が増えるので、最終的には損をしてしまいます。

また、リボ払いを行っている期間中に新たにリボ払いを利用すると、利用残高が加算されるため、さらに支払期間と支払回数が増えてしまいます。
結果としていつまで経っても借金が完済できず、気がついたら利用限度額まで借金額が膨れ上がってしまう可能性があります。

また、リボ払いは金利や手数料が15%~18%と高く、もし100万円の利用残高がある場合、通常は利息だけで毎月1万円を超えてしまいます。こうなると、毎月の支払額を増やすなどしなければとても元本である利用残高を完済できません。
しかし、毎月の返済額を増やすとなると生活が圧迫されます。この悪循環の末に返済が滞り、やがて破綻を迎えてしまいます。

関連記事
知らない間にリボ払い!?クレジットカードで借金をしていたら
自分では設定した記憶がないのに、いつの間にかすべての支払いが「リボ払い」になっており、支払いがなかなか減らなくて困っ…

クレカのリボ払いと分割払いの違い

分割払い

例えば、クレジットカードを利用して、「12万円のテレビを12回の分割払い」で買ったとします。この場合、毎月の支払いは1万円+分割手数料等です。
ここで、更に「12万円の冷蔵庫を12回の分割払い」で買ったとすると、テレビの支払いと合わせて毎月「2万円+それぞれの商品の分割手数料」に相当する額の支払いが発生します。

リボ払い

一方、リボ払いでは、12万円のテレビを買って毎月1万円をリボ払いで支払っている状態から、12万円の冷蔵庫を追加で購入しても、毎月の支払いは基本的に1万円のままになります。
ただし、支払期間中は利息が発生するので、24万円分の品物を購入して毎月1万円ずつ支払っても、24ヶ月丁度で支払いが完了するわけではありません。利息の分だけ支払期間が伸びていきます

 

このように、便利なクレジットカードによる支払いには様々な危険が潜んでいます。
もし、支払いが滞り、借金に悩むようになったら、その借金を整理(債務整理)する必要が出てきます。

2.クレジットカードの借金解決は任意整理がおすすめ

冒頭でお話しした「自己破産」は、裁判所を通して行う債務整理です。
一方、「任意整理」は、債権者と交渉して行う債務整理です。

「任意整理」をすると、将来の発生する利息をカットした状態で、残った債務を3~5年かけて毎月分割返済することになります。
特に、クレジットカードのキャッシングやリボ払いは利息が大きいので、任意整理は有効な債務整理手段となります。

関連記事
任意整理による借金解決|メリット・デメリットやその後の生活について
任意整理とは、自己破産や個人再生とは違い、裁判所を通さずに行なう債務整理の手法です。 簡単に言うと、借入をしている金…

任意整理を行う際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 利用残高(元本)は減額されない
  • 支払いが終わっていない商品を奪われる
  • 可能性があるショッピングリボ払いは過払い請求の対象外

2-1.利用残高(元本)は減額されない

任意整理をしても、利用残高である元本部分は減額されません。あくまで利息部分のカットに留まります。

利用残高が多すぎる場合、任意整理の効果は薄いかもしれません。

2-2.支払いを終えていない商品が差し押さえられる可能性がある

任意整理を行う時に支払いが完済していない商品は差し押さえの対象になり、カード会社等が取り上げていくことがあります。

どの商品が持って行かれてしまいそうか、任意整理の前に確認する必要があります。

2-3.ショッピングリボ払いは過払い請求の対象外

任意整理の過程で行う「過払い金返還請求」(払いすぎた借金を取り戻す作業)ですが、ショッピングリボ払いは借金ではなく「立替金」に該当します。

過払い金の対象は利息制限法の中に定められているため、どんなに多くの利息を払っていても、過払い金を請求できません

2-4.任意整理後は新たな借金ができなくなる

任意整理を行うということは、支払能力に問題があるということです。

この情報は信用情報機関に登録され、金融機関の間で共有されます。いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

この状態になると金融機関でローンを組めなくなりますし、カード会社と契約してクレジットカードも作れなくなります。生活するうえで何かと不便になってしまうのです。

しかし、以下の記事にありますように、クレジットカードの代替案もありますので、ご参考にしてください。

関連記事
債務整理でブラックリスト期間の生活方法
借金問題を解決するとき、債務整理は必要不可欠とも言える仕組みです。 しかし、債務整理にはもちろんデメリットもあります…

2-5.任意整理の前にカードの支払いを停止しておく必要

ガス・電気・水道などの公共料金や、携帯電話の料金、保険料などの各種支払いをカードの自動引き落としにしている場合は要注意です。

クレジットカードの借金を任意整理すると、そのカードは今後利用できなくなるため、料金の引き落としができないという状況になってしまいます。

銀行に手続きしても、一定の期間は引き落としがストップされないおそれがあります。
これらの料金は、任意整理をする前にコンビニ払いなど自動引き落とし以外の支払方法に変更しておきましょう。

3.クレジットカードの借金を任意整理するなら弁護士へ

リボ払いは正しく使えば便利なものですが、いつの間にか元本や利息が膨らんでしまう怖さがあります。支払い方法によっては1ヶ月の請求額も大幅に異なるので、油断していると支払不能な事態に陥ります。

弁護士に相談することで、リボ払いの借金を任意整理することができます。ただし、上記のような注意点もあるので、弁護士や司法書士などの専門家に1つ1つ相談しながら問題点を解決していくのがおすすめです。

また、既に軽く触れましたが、任意整理では利息のカットしかできないので、元本はそのまま残ります。
元本を3~5年の分割払いで問題なく支払えそうな場合は任意整理をする効果がありますが、それが不可能な場合は自己破産や個人再生を検討した方がいいかもしれません。

弁護士・司法書士ならば、あなたにとって最適な債務整理の方法を検討し、アドバイスしてくれます。

任意整理は、弁護士などの専門家に依頼して行うのが一般的です。債務者自らが債権者と交渉しようとすると、不利な条件で合意せざるを得なくなるか、最悪交渉自体に応じてもらえないことすらありますのでご注意ください。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!