債務整理した後、携帯電話(スマホ)は使えるの?

★ お気に入りに追加

スマホをはじめとする携帯端末は、現在では重要な通信インフラとなっています。もし携帯電話が使えなくなってしまったら、仕事からプライベートまで多くの方が生活に支障を来すでしょう。

では、債務整理をした場合、携帯電話にはどのような影響があるのでしょうか?
債務整理後にそのまま携帯電話を使用できるのか、端末を新規購入できるのかなど、考えてみると不安の種は尽きません。

今回は、債務整理が携帯電話に及ぼす影響について解説します。

1.債務整理後の携帯電話の扱い

まず、最も気になるのは、債務整理後も携帯電話をそのまま使用できるのか、ということではないでしょうか。
はたして電話会社は、借金の返済もままならずに債務整理をする人と契約を継続してくれるのでしょうか?

1-1.原則、携帯電話は使用可能

原則として、今現在携帯電話の料金を問題なく支払えている場合は、債務整理をしても携帯電話の使用継続には何の問題もありません。

しかし、クレジットカードで携帯電話料金を支払っている場合は、債務整理によりクレジットカードが使えなくなることで、携帯電話料金を支払うことができなくなってしまいます。
債務整理の前に、携帯電話料金の支払いをクレジットカード払いから口座引き落としなどに切り替えておくようにしましょう。

債務整理とクレジットカードの関係は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事
債務整理でブラックリスト期間の生活方法
借金問題を解決するとき、債務整理は必要不可欠とも言える仕組みです。 しかし、債務整理にはもちろんデメリットもあります…

1-2.電話料金を既に滞納している場合

一方、債務整理を行う以前から電話料金を滞納している場合には、問題が発生します。
この場合は、債務整理の方法(任意整理・個人再生・自己破産)にかかわらず、早晩利用停止となってしまいます。

しかし、任意整理が可能な場合は、任意整理の対象から携帯電話料金を外すことで、携帯電話契約が解約されるのを防げます。

携帯料金を滞納しているという方は他にも借金を抱えていることが多いので、携帯料金以外の借金を減額交渉し、携帯料金のみはしっかり支払っていくことが、料金滞納していた携帯電話を債務整理後にも使い続ける唯一の方法でしょう。

関連記事
スマホ滞納
携帯電話・スマホの支払いを滞納し続けるとどうなるのか?
携帯電話(スマートホン・スマホ)は、現代を生きる私たちの生活必需品です。 しかし、近年の携帯電話・スマホの本体価格大…

【携帯電話料金の未払いは携帯電話会社間で共有される】
携帯電話会社の多くはTCA(電気通信事業者協会)という組織を通じて、携帯電話料金の未払いの契約者の情報を共有しています。そのため、未払いの状態で他の会社の携帯電話契約を結ぼうとしても拒否される可能性が高いです。
TCAには3大キャリアであるdocomo、au、SoftBankに加え、格安スマホのキャリアである楽天イーモバイルやUQコミュニケーションズ、ニフティなども加盟しています。TCAに加盟しているキャリアで携帯電話料金未払いの状態だと、多くのキャリアで契約ができなくなってしまいます。

2.債務整理後に携帯電話端末を新規購入する方法

では、債務整理により今まで使っていた携帯が使えなくなってしまった後、新しく携帯端末を買う場合には、債務整理の影響はないのでしょうか?

2-1.携帯端末料金の分割払いはできない

携帯端末を分割払いで販売する場合、割賦販売法の適用があり、携帯電話会社は、信用情報機関の情報をもとに審査することが義務付けられています。
従って、携帯電話会社も信用情報機関に加盟して、購入者の信用情報を調査する必要があるのです。

よって、債務整理の情報も携帯電話会社に共有されてしまい、新規購入の際には「この人は債務整理の経験があり信用できない」として、端末料金を分割払いで買うことはできなくなってしまいます。

関連記事
買い替えできない!あなたがスマホの分割審査に通らない3つの理由
新しいスマホ(スマートホン)が登場し、買い替えを検討したことがあることはご存知かと思いますが、近年のスマホはどんどん…

2-2.一括払いなら購入可能

分割払いはできませんが、一括払いなら問題なく端末を買うことができます。
既存の携帯料金が未払いでなければ、機種変更もキャリアの変更も問題ありません

債務整理した後で高価なスマホを一括払いするのは現実として厳しいかもしれませんが、格安スマホなどを選べば大きな負担なく購入できるかもしれません。

2-3.TCAに未加入のキャリアを利用

電話料金の未払いがある場合は、TCA(電気通信事業者協会)に加入していないキャリアの携帯を選ぶのも1つのアイデアです。特に、格安スマホのキャリアはTCAに加入していないことがあります。

ただし、格安スマホのキャリアは契約にあたって、クレジットカードが必要になることもあるので注意してください。

2-4.家族カードで分割払い購入する

任意整理をすると自分名義のクレジットカードは使えなくなりますが、家族カードであれば使うことができます。

家族カードを使えば分割払いもできるので、高価なスマホなども手に入れやすくなります。

3.債務整理の相談は弁護士・司法書士へ

このように、債務整理をすると、既に使用料金を滞納している携帯電話は原則として使えなくなってしまいます。
また、基本的に新しい携帯端末を分割払いで購入することもできなくなります。

任意整理ならば滞納している携帯電話を使い続けることはできますが、そもそも任意整理という選択では借金を解決しきれないという方もいらっしゃるでしょう。
携帯電話の契約への影響が心配な時には、債務整理をする際は弁護士・司法書士などの専門家とよく相談しながら進めていくのがおすすめです。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!