債務整理を弁護士に依頼すれば取り立て・督促が止まる!(受任通知)

★ お気に入りに追加

借金の支払いを滞納しているときに、最も頭を悩ませるものの1つが「取り立て」「督促」です。
特に、家族に借金のことを秘密にしている場合は、いつバレるのか心配だという人も多いでしょう。

実は、この督促・取り立ては、弁護士が「債務整理をする」という連絡を入れるだけで、嘘のように止まることをご存知でしょうか。

この記事では、債務整理と督促・取り立ての関係について解説していきます。

1.債務整理で督促が止まる理由

債務整理をする場合、通常は弁護士等の専門家に手続きを依頼することになります。

依頼を受けた弁護士は債権者に対し、債務整理の案件(任意整理・個人再生・自己破産)を受任した旨の通知を送ります。
これを「受任通知」といいます。

この受任通知を受けた債権者は、それ以降債務者本人に直接督促ができず、弁護士を通して連絡を行わなければならなくなります。

これを破ると貸金業規制法違反となってしまい、2年以下の懲役または300万円以下の罰金といった重い罰則があります。
これにより、債権者は債務者本人に督促ができないのです。

もし、債権者が貸金業規制法を守らないで直接督促をしてきた場合は、すぐ弁護士に相談してください。弁護士が適切に対応し、督促を止めてくれます。

【債務整理を債権者に伝えるのは弁護士に依頼した後で】
例えば、債権者から督促を受けたときに、「今月中に弁護士と相談して債務整理します」などとは言わないようにしましょう。
弁護士に依頼する前に債務整理することを債権者に伝えてしまうと、債権者が何らかの対策を行う可能性があります。債権を他の債権者に譲渡するかもしれませんし、保証会社に代位弁済を求める手続きをとるかもしれません。
特に、保証会社が代位弁済を行った後は、保証会社が債権者となって借金の一括払いを請求してきたり、給与の差し押さえなどを行ってきたりするおそれがあります。
債権譲渡や代位弁済がされた後でも債務整理は可能ですが、弁護士に相談しているうちに債権者が変わると作戦の練り直しになって二度手間になってしまいます。
こういった理由から、債務整理を債権者に伝えるのは、弁護士に一任するのがおすすめです。

なお、通知を受け取った貸金業者は、債務者が任意整理を行う事実を信用情報に記録します。
これによって、俗に言う「ブラックリスト」状態となります。

この情報は各金融期間や貸金業者で共有され、ローンやクレジットカードの審査に通らなくなってしまいます。
しかし、毎日の督促・取り立てに苦しむより、ブラックリスト状態に載ることを恐れずに債務整理をする方がずっとメリットが大きいでしょう。

関連記事
完全解説!よくわかる債務整理とブラックリストの関係
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…

2.債務整理後も督促が止まらないケース

しかし、以下の3つのケースの場合、弁護士に債務整理を依頼しても督促が止まらないことがあります。

  • 受任通知が届くまでにタイムラグがある場合
  • 債権者の一部を弁護士に伝え忘れた場合
  • 債権者が闇金業者の場合

2-1.受任通知が届くまでにタイムラグがある場合

弁護士に依頼してから債権者に受任通知が行くまでは、郵便等を使う関係でタイムラグがあります。
例えば、弁護士に依頼した直後に督促の電話がかかってくる可能性はゼロではありません。

受任が債権者に届けば自然と督促はなくなりますが、もし、入れ違いで債権者から督促の電話があった場合は、債務整理を弁護士に依頼したことを直接伝えても問題ありません。

それ以降に督促があった場合は、法律違反の可能性もあるので、弁護士に報告しておきましょう。

※受任通知は、債権者に対して必ず郵便で送付されます。弁護士によっては、郵便の発送とほぼ同時に電話でも連絡をすることがあり、この場合はタイムラグは発生しません。

2-2.債権者の一部を弁護士に伝え忘れた場合

弁護士は、依頼人から聞いた情報を元にして債権者のリストを作り、各債権者に通知を送付します。
もし、リストに記載されていない債権者がいる場合は、その債権者からは督促が来てしまいます。

この場合はすぐに弁護士へ連絡し、債権者を追加してもらってください。弁護士から改めて通知が行けば、督促が来なくなるはずです。

また、こういった事態を防ぐためにも、正確な債権者の情報を弁護士に伝えるようにしてください。

2-3.債権者が闇金業者の場合

お金を借りた相手が闇金業者だった場合、相手は元々法律を守っていないため、貸金業規制法違反などは気にしないで督促をしてくるおそれがあります。

闇金業者からの督促も、弁護士が入ったことでいずれは止みます。このため、過度な心配は要りませんが、それでも多少の辛抱は必要です。

なお、債権者が闇金業者の場合は、闇金への対応ができる専門家を選びましょう。

3.債務整理はお早めに相談を

このように、債務整理をすれば督促・取り立てはピタリと止まります。
弁護士が債権者に向けて受任通知を発送するだけなので、債務者がすることは特にありません。

仮にその後の督促が来ても、弁護士に相談すればしっかりと対応してもらえるので安心です。

煩わしい督促・取り立てに精神的にまいっているという方は、借金問題からいち早く抜け出すためにも、できるだけ早く弁護士などの専門家にご相談ください。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所
 現在営業中( 本日9:00~21:00 ) ]
 現在営業中( 本日9:00~21:00 ) ]

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!