任意整理を使えば家族に内緒で借金問題を解決できる!

★ お気に入りに追加

「債務整理をすると、借金があったことや債務整理したことが家族や知人にバレないか心配」というのは、借金を抱える多くの人によくある悩みです。
バレることに不安を感じて、債務整理に踏み切れないという方もいらっしゃるでしょう。

そういった場合は、是非とも「任意整理」を検討してみてください。任意整理は、他の債務整理方法よりもバレる可能性が低いです。

この記事では、任意整理が家族や周囲の人にバレにくい理由や、よりバレないようにするための注意点・ポイントを紹介していきます。

1.任意整理が家族にバレにくい理由

主に以下の理由から、任意整理は家族にバレにくいと言われています。

  • 裁判所が関与しない
  • 必要な書類が少ない
  • 財産の調査や処分の必要がない
  • 手続きをする債権者を選べる
  • 官報に載らない

1-1.裁判所が関与しない

自己破産や個人再生は、裁判所に申し立てを行う手続きです。手続きが進むと裁判所から郵便などで連絡が来ます。
このような郵便物を、同居している家族などが受け取ったら大変です。裁判所から郵便が来た理由を問い詰められてしまうでしょう。

一方、任意整理は債権者と債務者(自分)の2者間の交渉で借金を整理します。手続きに裁判所が関与することもないので、裁判所からの郵便や呼び出しがくることもありません。
債権者からの郵便は弁護士事務所に送付してもらい、自宅に届かないようにすることもできます。

また、任意整理では、債務者が依頼した弁護士・司法書士などが債権者と直接交渉しますので、依頼者である債務者は交渉の場にいない方が一般的です。
このため、債務者自身は自分の仕事をしながら、弁護士の交渉結果を待つだけで済みます。

裁判所に赴く必要などもないため、生活のリズムをほぼ変えずに進められるのが任意整理の大きなメリットです。
裁判所を使わない分、他人にバレる危険性が少なくなります。

1-2.必要な書類が少ない

自己破産や個人再生には、数多くの書類が必要です。
書類自体は弁護士などに作成してもらえますが、書類を作成するための資料は自分で準備をする必要がありますし、同居中の家族の収支表が必要になる場合もあります。

任意整理は、自己破産や個人再生に比べると書類が少なく、それだけ家族に見つかる可能性が低くなります。
しかし、もちろん提出書類がゼロというわけではありませんので、自宅での書類の管理は欠かさず行ってください。

1-3.財産の調査や処分の必要がない

自己破産や個人再生を行う場合は、財産の調査が行われます。

特に自己破産の場合、持ち家や不動産、一定以上の財産があれば処分してお金に換え、債権者への返済に充てなければなりません。

個人再生の場合も、手元に残す財産を任意に決めることはできるものの、借金を返済する金額を超える額の財産は手元に残すことができなくなります。財産の処分をすれば、家族にバレる可能性はかなり高くなります。

任意整理であれば、財産の処分をしなくても済むので、家族にバレる確率をかなり低くすることができます。

1-4.手続きをする債権者を選べる

自己破産や個人再生は、全ての債権者を対象にして債務を整理します。
このため、もし家族が保証人や連帯保証人になっている債務がある場合、その債務の債権者は保証人である家族に対して督促を開始するため、その時点で家族には確実にバレてしまいます。

一方、任意整理は手続きをする債権者を選ぶことができます。
家族を保証人・連帯保証人にしている債務がある場合、その債務を手続きの対象から外せば、家族にも連絡がいかないためバレることはありません。

1-5.官報に載らない

任意整理は、自己破産や個人再生と違って官報に載ることはありません。
第三者に情報が洩れることはまずないので、家族にも確実に内緒にしておくことができます。

 

以上のように、任意整理は減額幅は小さいですが、家族にバレずに借金問題を解決出来る可能性が高いです。家族にどうしても内緒にしたい人にはおすすめの手続きです。

しかし、任意整理であっても100%内緒にできるわけではありません。任意整理でも家族にバレることはあります。

2.任意整理で家族にバレるケース

任意整理で家族にバレるケースで想定されるのは、以下の3つです。

2-1.弁護士とのやり取りからバレる

任意整理の手続きは、ほとんどの場合弁護士の力を借りて行いますが、電話やメールでのやり取りから家族に知られてしまうこともあります。

何気ない連絡からもバレてしまうことがあるので、どうしても内緒にしたい場合は、弁護士とのやり取りにも十分に気を付けましょう。

2-2.手続き後に借入できなくなることで判明

任意整理に限らず、債務整理をすると以後「ブラックリスト」により5年から10年は新たな借り入れができなくなります。

任意整理の手続きの段階では家族にバレなくても、以後クレジットカードが使えなくなったり、借り入れができなくなったりしたときに家族にバレることはあります。

関連記事
完全解説!よくわかる債務整理とブラックリストの関係
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…

2-3.受任通知の行き違いや訴訟によるアクシデント

弁護士の受任通知の送付が行き違いになることで、債権者からの督促ハガキが自宅に届いてしまうことがあります。
また、受任通知を送付しても和解に至らず訴訟になるケースもあり、その場合は訴状が自宅に送られてくるので家族にバレてしまいます。

これらはレアケースですが、家族に内緒にしたい場合は、予め様々な事態を想定して対処をすることをおすすめします。

3.任意整理がバレないようにするポイント

このように、任意整理でもバレる可能性はゼロではありません。
では、任意整理を更にバレにくくするために注意すべきポイントはあるのでしょうか。

3-1.弁護士との連絡に気をつける

弁護士からの電話や郵便が自宅に届くと、自宅にいる家族にバレる可能性が非常に高いです。

弁護士からの連絡は、自宅の電話ではなく自分の携帯にしてもらうようにしてお願いしましょう。
郵便物については、弁護士事務所に取りに行くか、郵便局留めにしてもらうと良いです。予め弁護士に伝えておけば、依頼人の事情を組んで対応してくれます。

3-2.クレジットカードやローンを使わない

任意整理をすると、その後5年間はクレジットカードを作ることができませんし、使うこともできません。このため、現金払いを強いられる生活となります。
それまでカード払いが主だった人は、家族から疑われるかもしれません。

こういった場合は、デビッドカードを使うのが1つの手です。

関連記事
自己破産した人でもデビットカードは作れるの?
自己破産をすると、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいます。この結果、クレジットカードの審査に通らなくなり、クレ…

また、5年間はローンを組むこともできません
住宅や自動車を買うときは大抵ローンを組むことになりますが、住宅や自動車の購入を勧められても、うまく先延ばしして5年間乗り切らなければなりませんのでご注意ください。

3-3.書類の取り扱いに注意

任意整理に関わる書類を保存しておくと、何かの拍子にバレる可能性があります。
重要な書類ほどおいそれと捨てることが難しいかもしれませんので、絶対にバレないと思われる場所に保管するようにしましょう。

また、債権者との交渉の報告書や和解合意書などは、返済が終わったら即座にシュレッダーなどで破棄してください。

しかし、返済中に何かあったときのために、和解合意書は手元にあったほうが安心できるかもしれません。どの書類をどうするかは、弁護士と相談して決めるのもおすすめです。

3-4.借金完済までの返済を怠らない

任意整理し、和解書にサインした後に借金の返済を滞らせると、和解内容に違反したなどの理由で一括返済を求められることがあります。
このときの請求書などを家族に見られると、借金どころか任意整理していたことまでバレてしまいます。

また、一括返済できない場合は個人再生や自己破産をしなければならないかもしれません。個人再生や自己破産をすると、高確率で家族にバレてしまいます。

任意整理は和解して終わりではなく、完済してようやく終わりを迎えます。くれぐれも滞納しないようにご注意ください。

関連記事
任意整理中に返済が滞ってしまった場合の対処法
任意整理をすると、将来の利息や遅延損害金をカットしたうえで、残った借金を3~5年かけて返済していくことになります。 …

4.家族に内緒で任意整理をするなら弁護士へ

任意整理は、自己破産や個人再生より他人にバレにくい債務整理です。
しかし、絶対にバレないというわけではないので、自分自身でもバレない努力をする必要があります。どうやったら内緒に任意整理ができるのか、弁護士や司法書士に相談してみてください。

弁護士は、依頼人のことを考えて相談に乗ってくれます。「家族に内緒にしたい」といった相談をされる経験も多くあるでしょうから、経験に基づいた有益なアドバイスをしてくれるでしょう。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所
 現在営業中(本日9:00~21:00) ]
 現在営業中(本日9:00~21:00) ]

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!