任意整理に応じない債権者への対処法

★ お気に入りに追加

任意整理をすると、通常は利息のカットなどを行ったうえで、債務(借金)を3~5年かけて返せばよくなり、月々の負担が減るの生活がかなり楽になります。

しかし、任意整理をするには債権者との交渉が必要です。個人再生・自己破産については、債権者が拒否する余地がほぼありませんが、任意整理については、債権者が任意に拒否できるのです。

ところが、任意整理に応じてしまうと、債権者にとってただでさえ利益のない状況がさらに悪化してしまいます。
このため、債権者はできるだけ任意整理に応じたくないという背景があり、この結果交渉に応じてくれないことがあるのです。

実際、最近は貸金業者などとの任意整理の交渉が難しくなっているようです。
このような場合、債務者はどのような対応をすればいいのでしょうか?

1.債権者が任意整理に応じてくれないケース

貸金業者やクレジットカード会社など、お金を貸して利益を出している業者は、増加する過払い金返還請求、任意整理、個人再生や自己破産などの影響で、利益が上がらなくなりました。
特に、任意整理に債権者が応じない典型的なケースは、以下のようなものです。

  • グループ企業全体の方針として任意整理の交渉に応じていない
  • お金を借りてから時間が経っていない
  • 一度も返済がされていない
  • 過去に既に任意整理に応じている

1-1.グループ企業全体の方針として任意整理の交渉に応じていない

これは、ある意味一番融通が利かないパターンです。

任意整理に応じるかどうかは債権者の自由であり、交渉に応じなければいけない義務はありません。
大抵の業者は任意整理に応じてくれるのですが、なかには「会社の方針として」任意整理に応じないケースも見られます。

例えば、過去にはお金を貸していたけれど、新規貸し付け事業から撤退して、現在は債権回収業務しか行っていない業者には、任意整理の交渉を持ちかけても断られてしまいます。

1-2.お金を借りてから時間が経っていない

貸金業者はお金を貸し、利息を回収することで利益を得ています。しかし、お金を貸してからすぐに任意整理に応じて利息のカットなどを行っては、貸金業者の利益になりません。
また、債務整理の直前に借金をしていると、はじめから借金の免除や減額が目的だったとみなされることがあり、心象が悪いです。

このため、お金を借りてから時間が経っていない場合、任意整理の交渉に応じてくれないおそれがあります。

1-3.一度も返済がされていない

1-2.からの繰り返しになりますが、貸金業者は利息で稼いでいます。貸金業者の立場としては、任意整理に応じる以上、ある程度利息を払ってもらった後でなければ利益になりません。

このため、返済実績がない場合は、任意整理の交渉に応じてもらえない可能性があります。

1-4.過去に既に任意整理に応じている

債権者は、一度任意整理に応じたことで、既に譲歩しています。それなのに再度債務者から交渉を求められても、もう譲れる部分はないと突っぱねるしかありません。
仮に譲れる部分があったとしても、「2回目の交渉に応じると3回目もあるのでは」と警戒するのが普通です。

2回目以降の任意整理を防ぐためには、任意整理が得意な弁護士に依頼して、最初から無理のない返済計画の内容になるよう交渉をまとめましょう。

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所
 現在営業中(0:00~24:00) ]
 現在営業中(0:00~24:00) ]

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案しています。費用面の負担も少なく設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

しかし、任意整理に完全には応じない業者でも、「ここまでなら応じる」というラインを持っていることがあります。
その代表的な例は以下の通りです。

  • 分割払いの延長には応じるが、利息のカットは不可
  • 利息のカットには応じるが、分割払いは不可(一括払いを求める)
  • 3年の分割払いはOKだが、5年の分割払いは不可
  • 和解交渉が長引かないよう訴訟に持ち込もうとする

2.任意整理に応じてくれない債権者への対処法

では、ここからは任意整理に応じてくれない債権者がいたときに、債務者がどうすべきか考えていきましょう。

具体的には、以下のような対策が考えられます。

  • 他の債権者との交渉を優先する
  • 個人再生や自己破産を検討する
  • 業者側の条件で合意する

2-1.他の債権者との交渉を優先する

任意整理は、自己破産や個人再生と違って、どの債権者と交渉するかを任意に選ぶことができます
任意整理に応じてくれない債権者への債務がそのままでも問題ない場合は、他の債務を優先的に任意整理しましょう。

他の債務を整理した結果、支払いが楽になって、任意整理に応じてくれない債権者の債務も支払えるようになるかもしれません。

2-2.個人再生や自己破産を検討する

任意整理に応じてくれない債権者の債務が多大で、そのままにしてしまうと他の債務を整理しても生活に支障があるような場合は、個人再生や自己破産を検討してみてください。

個人再生と自己破産のどちらを選ぶかは、弁護士とよく相談して決定するべきです。

2-3.業者側の条件で合意する

仮に訴訟となると、裁判所からの郵便物などにより、多くの場合は家族に借金がバレてしまいます。
家族にどうしても借金がバレたくない場合には、多少不利な条件でも合意する必要があるでしょう。

このような場合、予め弁護士に、「訴訟になるくらいなら債権者の条件をのんでもかまわない」と伝えておくといいでしょう。

3.任意整理をするなら弁護士と相談を

任意整理をしたくても、全ての債権者が任意整理に応じてくれるとは限りません。特に、借金をしてすぐの時期だったり、返済実績がなかったりすると、交渉を断られる可能性が高いです。
また、債権者側の方針として、任意整理に応じていないということも有り得ます。

任意整理がまとまりそうにないときは、弁護士と相談して善後策を模索してください。債務整理に詳しい弁護士であれば、個々のケースに最適の方法を提案してくれるでしょう。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所
 現在営業中(0:00~24:00) ]
 現在営業中(0:00~24:00) ]

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案しています。費用面の負担も少なく設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!