個人再生すると保証人にどのような影響があるのか?

★ お気に入りに追加

個人再生は、自宅を残しながら借金を減額できる、メリットの多い債務整理の方法ですが、注意すべき点も色々とあります。

その一つが保証人です。
保証人のことをまったく考えずに個人再生をすると、保証人に大きな迷惑をかけてしまいます。

では、実際に保証人がいる場合に個人再生をするとどうなるのでしょうか。この記事では、個人再生と保証人との関係について解説していきます。

1.個人再生をすると保証人に一括返済の請求が届く

借金をしている本人(主債務者)が個人再生をすると、保証人には主債務者の債務を一括返済する義務が生じます。

これは、個人再生をすることで、債務者側が期限の利益を喪失するからです。
期限の利益とは、期限が来るまで債権者に債務を返済する義務がなく、債権者から返済を求められないという債務者の利益のことです。期限の利益がなくなれば、債権者は主債務者にも保証人にも一括返済を求めることができます。

現実的に一括返済ができない状態であれば、保証人は主債務者と同じ条件での分割返済を認めてもらうしかありません。

何も知らされていない保証人の立場からすると、それまで何もなかったのに突然一括返済の請求が来ることになるので、寝耳に水の大騒ぎになります。
結果として、主債務者と保証人との人間関係に重大な悪影響が発生する可能性が極めて高くなります。

2.個人再生後に保証人が支払う金額

仮に1,000万円の債務があり、主債務者が個人再生をしたことで残債務の額が5分の1の200万円になったとします。
この場合、保証人の支払い額はどうなるのでしょうか?

個人再生が適用されるのはあくまで主債務者の支払い額のみとなります。保証人の支払い額については個人再生の影響がないので、保証人は元々の債務をすべて返済するつもりでいなければなりません。

具体的に言えば、主債務者と保証人が同時に分割で返済をしていき、返済額の合計が元々の借金額に達したときに、主債務者と保証人の債務が消滅します。

先の例で言えば、主債務者が個人再生後の債務額である200万円を再生計画に基づいて支払い、保証人が800万円になるまで分割して支払えば、返済額の合計が元々の借金額である1,000万円になるので、借金は消滅します。

保証人の求償権

保証人が主債務者の代わりに債務を返済した場合、保証人は返済した金額と同じ額を主債務者から返してもらう権利を有します。これを「求償権」と言います。
しかし、主債務者が個人再生などの債務整理をしていた場合、求償権で請求できる額が減ってしまいます。

詳しくは、保証人の方に向けた以下の記事をご覧ください。

関連記事
「連帯保証人になってほしい」…どのようなリスクがあるのか?
「友人から連帯保証人になってほしいと言われたけれど、どうしよう…」 「もし借金をした本人が債務整理などをした場合、保…[続きを読む]

3.保証人にも返済能力がない場合

主債務者にも保証人にも返済能力がない場合、保証人にも債務整理の必要が出てくるかもしれません。
この場合、主債務者と保証人の両者が一緒になって弁護士まで相談することをおすすめします。

主債務者と保証人が同時に弁護士へ相談することで、未然にトラブルを防ぐことができます。

4.個人再生をする場合、保証人も一緒に弁護士へ相談を

借金は自分1人のものではなく、保証人にも関係がある事柄です。自分勝手に個人再生をすると、保証人に大きな迷惑をかけてしまいます。

保証人がいる場合は、自分だけでなく、保証人を伴って弁護士や司法書士へ相談に行くことを強くおすすめします。

 
Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案するとともに費用負担も少なく設定しております。 近時、新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでどおりの返済が難しいとの相談が急増しています。お心当たりのある方は、まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

この記事が役に立ったらシェアしてください!