個人再生をするべき人・個人再生をするベストなタイミング

★ お気に入りに追加

「債務整理」と言えば、借金を全額免除できる「自己破産」が有名です。
また、日本で最も多く選択されている債務整理方法は「任意整理」です。

しかし、債務整理の中には「個人再生」という方法も存在します。
個人再生は自己破産と任意整理の中間に位置するような制度で、借金の大幅な減額が見込めます。

本記事をお読みいただくことで、個人再生の概要や個人再生を検討すべきケースなどがお分かりいただけるかと思います。
債務整理をするときの選択肢を増やすために、ぜひご一読ください。

1.個人再生とは

まずは、簡単に個人再生の概要を紹介します。

個人再生は裁判所を通じて行う債務整理手続きです。
個人再生が認められると、借金の残額が最大10分の1にまで圧縮されます。債務者はこの圧縮された借金を、3~5年程度かけて毎月分割返済します。

このため、個人再生をするには、定職に就いているなど安定した収入がなければ、将来的に返済不能に行き詰まってしまいます。

債務の金額にもよりますが、うまくいけば借金の9割がなくなるため、債務者にとって非常に有利な債務整理方法と言えます。

その代わり、手続きが煩雑なことや、弁護士に依頼した場合の費用が高めになるなどのデメリットもあります。

関連記事
個人再生の手続きの流れ|ポイントをわかりやすく解説!
1.個人再生とは 「個人再生」とは、自己破産や任意整理と同じ「債務整理」の一つの手法であり、裁判所を介して行う手続き…

2.個人再生を検討すべきケース

ここからは具体的に、個人再生を考えるべきケースを紹介していきます。

2-1.住宅ローンを含めた多重債務で支払いが困難である

一般的に、個人再生や自己破産の場合は全ての債権者を平等に扱う必要があります。
これはつまり、住宅ローンの借金も自動車ローンの借金も消費者金融での借金も、同じように債務整理の対象としなければならないということです。

しかし、個人再生には「住宅ローン特別条項(住宅資金特別条項)」と呼ばれる特例があります。
これを利用すると、住宅ローン以外の借金のみを整理できます。

つまり、住宅ローン返済中の持ち家を手元に残したままで債務整理を行えるので、マイホームを失うという心配は不要になります。

ただし、当然ながら住宅ローンの残債務は減額されず、住宅ローン以外の借金のみが減額の対象となります。

このため、「住宅ローンを返済中であり、マイホームを失いたくない」「住宅ローン以外の借金が減れば生活を立て直せる」といったケースでは、個人再生を検討するといいでしょう。

関連記事
個人再生の住宅ローン特則で自宅を守れる可能性あり
一般的に、住宅ローンは長期返済となります。住宅ローンを組んだ時の収入と支出で返済できると思っていたとしても、様々な要…

2-2.自己破産の免責不許可に該当しそう

免責不許可事由」とは、簡単に言えば自己破産しても借金をゼロにしてもらえない理由のことです。

例えば「ギャンブルや浪費による借金は自己破産しても借金が免除されない」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

一方、個人再生を行う場合は免責不許可事由がありません。
借金の理由が問われることはありませんし、その他の免責不許可事由にあたるものがあっても大丈夫です。

何が免責不許可事由にあたるかは、弁護士などの専門家に相談してみると詳しく教えてもらえます。

関連記事
免責不許可事由とは?自己破産できない場合もある
借金が膨らんで現実的に返済が出来なくなった人は、債務を解消するために債務整理をする必要があります。 債務整理の中で特…

2-3.任意整理では返済不能に陥りそう

任意整理をすると、基本的に金利のみのカットとなるので減額幅はそう多くありません。

減額幅が最も多いのは債務整理方法は自己破産です。自己破産では、裁判所に認められれば借金がゼロになります。
しかし、自己破産をすると職業に一定期間制限がかかったり、持ち家を失ったりするデメリットもあります。

「自己破産はしたくない、でも任意整理の減額幅では意味がない…」
こういった状況に陥ったときは、個人再生を検討してみましょう。

個人再生なら任意整理よりも借金を減額できますし、自己破産のような大きなデメリットもありません。

3.個人再生を考えるタイミング

これまでは、個人再生を考えるべき「ケース」をご紹介してきました。
ここからは、個人再生をするべき「タイミング」について考えていきます。

3-1.このままだと完済不能と判断されるとき

収入と支出のバランスが合わず、このままの生活を続けていくと借金を完済できないと判断した場合は、早めに債務整理を検討してください。

前述のように、個人再生では住宅ローン以外の借金のみを債務整理の対象とできるので、「住宅ローンだけならなんとか返済できそう」という状態かどうかも考えましょう。

3-2.借金額が100万円以上、5000万円以下のとき

個人再生をすると借金額が大幅に減額されるというのは先述の通りですが、実際のところは以下のような減額が行われます。

借金額 借金の残額
100万円以上~500万円未満 100万円
500万円以上~1,500万円未満 5分の1
1,500万円以上~3,000万円未満 300万円
3,000万円以上~5,000万円以下 10分の1

このように、個人再生をすると、最低でも100万円の借金が残ることになります。
つまり、100万円未満の借金を抱えているときに個人再生をしても意味がないのです。

100万円未満の借金であれば任意整理を検討し、100万円以上の借金がある場合には個人再生を検討すると良いでしょう。

4.個人再生をお悩みなら弁護士へ

個人再生を行うべきケースやタイミングに迷った場合は、できるだけ早く弁護士にご相談してください。

また、自分が個人再生をするべきかどうかが分からない場合にも弁護士にご相談ください。
個々の状況を鑑みながら、個人再生をすべきか、それとも他の債務整理をすべきかのアドバイスがもらえるでしょう。

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案するとともに費用負担も少なく設定しております。 近時、新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでどおりの返済が難しいとの相談が急増しています。お心当たりのある方は、まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

この記事が役に立ったらシェアしてください!