学生ローンを滞納してしまった場合の債務整理

★ お気に入りに追加

学生時代に借りた奨学金を返済できない人が増えており、社会問題になっています。
その影で、学生ローンを利用する学生も増加しているようです。

しかし、学生ローンとはいっても借金は借金です。借金を返すため、バイトの掛け持ちで学業がおろそかになってしまっては元も子もありません。

この記事では、学生ローンと普通のローンとの違い、メリットやデメリット、トラブルになるパターンなどを紹介していくので、ぜひ一度お読みください。

1.学生ローンとは?

学生ローンは、その名の通り学生を対象にしたローンです。高田馬場が発祥とされ、現在も高田馬場に多くの業者が存在しています。
学生は基本的にバイト代程度しか収入がなく、消費者金融などで一般のローンを組むことができません。しかし、お金が足りなくなった学生でも借りられるのが学生ローンです。

教育ローンと混同されがちですが、教育ローンは学生の保護者を対象にしたローンで、学生の教育資金として活用されます。

ローンとは、要するに借金です。学生ローンを利用するということは、学生の身分で借金を背負うということなのです。

【学生ローンの使い道は?】
学生ローンでお金を借りる際は、融資を受ける目的を聞かれます。しかし、実際に融資されたお金は、何に使っても問題ありません。このため、パチンコ・パチスロなどのギャンブルや旅行や遊興にお金を使う学生もいます。
しかし、多くの学生は学費の足しにしたり、資格取得のための資金に当てたりいるようです。いわゆる真面目な使い方をしているとされています。

1-1.一般のローンと学生ローンの違い

学生ローンはその名の通り学生が対象なので、免許証などの本人確認書類の他に、学生であることを証明する学生証なども必要になる場合があります。
また、学生の誰もが利用できるわけではなく、20歳以上かつバイトなどで収入がある、などの条件を満たさなければなりません。

学生ローンは消費者金融の店舗、電話、インターネットなどで簡単に申し込みができます。学生ローンの審査も、面談または電話やネット経由で行われます。
最短20分程度で融資が行われ、利用者の口座にお金が振り込まれます。

学生向けということで融資額の上限は抑えられています。一般のローンに比べて金利が安い場合がありますが、反対に高く設定している場合もあるので注意が必要です。

1-2.学生ローンに親の承諾は不要

借金をするときは、保証人を求められることがよくあります。
学生の場合、保証人を頼むとしたら親などの保護者ということになりますが、親にバレないように学生ローンを利用したいという人も多いようです。

そういったニーズに対応してか、学生ローンには親にバレないことを売りにしているものも多くあります。

ローンの申し込みをする時点では、親に秘密のまま物事を進めることができます。1人暮らしで、滞りなく返済をしている限りは、親にバレるリスクは少ないでしょう。

ところが、実家住まいの場合、返済を滞納すると実家に書類が届くことがあり、それによりバレてしまう可能性があります。

2.学生ローンのメリット

学生ローンは、他のローンにはないメリットがあります。

2-1.審査がゆるくて早い

通常のローンではある程度厳し目の審査がありますが、学生ローンは審査自体がゆるく、遅くても翌営業日には審査が終わります。
お金が振り込まれるのも早いので、すぐにお金を調達することができます。

極論すれば、仮に急な飲み会で1万円だけ都合したいという場合でも、学生ローンでお金を手に入れることが可能なのです。

2-2.勤務先にほぼ確認されない

通常のローンを組む場合、本当にその企業に勤めているかどうかを勤務先に確認されことがあります。
しかし、学生ローンの場合、アルバイト先に確認されることがほぼありません。

2-3.保証人が不要

学生ローンは保証人不要で申し込めます。そのため、保護者などに保証人を頼む必要がありません

保証人がない分気軽に申し込めますし、保護者に借金がバレる可能性も少なくて済みます。

3.学生ローンのデメリット

学生ローンは借金なので、借金特有のデメリットもあります。
それに加えて、学生ローンならではのデメリットも多いのでご注意ください。

3-1.お金は銀行口座に振り込まれる

学生ローンは通常、専用のATMがありません。融資されたお金が利用者の口座に振り込まれます。

このため、申し込みから融資を受け、引き出すまでのタイムラグが存在します。

3-2.融資額が少ない

保証人がいらないためなのか、学生ローンの融資額は最大でも50万円程度に抑えられています。

10万円までしか借りられないという学生ローンもあるので、一度に多くのお金を調達したいときは不便かもしれません。

3-3.金利が高いことがある

学生向けに良心的な金利を設定している学生ローンもありますが、他の条件を緩くしている代わりに金利の高い学生ローンもあります。

場合によってはクレジットカードを使ったほうが良いケースも考えられますので、学生ローンを使う場合、金利は必ずチェックをするようにしましょう。

4.学生ローンが返せなくなったら弁護士へ相談を

学生ローンは、学生が手軽に現金を用意できる方法です。「ちょっと今月ピンチで…」というときには心強い味方になります。
また、学生ローンは保護者に借金がバレづらいローンでもあります。

しかし、返済が滞った場合はこの限りではありません。
学生ローンを滞納した学生は、借金が親にバレないように、どうにかして現金を都合しようとします。

このとき、返済のために別の学生ローンやクレジットカードを使ってしまうケースがあります。
しかし、当然ながらこれは問題の先送りに過ぎません。多くの金融機関を使ってしまうと、そのまま多重債務者となってしまう可能性があります。

また、学生はバイトくらいしか収入がありません。無理に学生ローンを返そうと多くのバイトをこなすことで、過労で倒れる可能性もあります。
しかし、病気で倒れたところで返済期間は変わりません。返せないままでいると支払う利息が増え、想定以上の借金を背負うことになります。

学生ローンも「借金」です。返せない場合は学生であろうと「大人のルール」で返済を迫られます。
もし学生ローンの返済不能・滞納で困った場合には、借金問題に詳しい弁護士・司法書士などの専門家に相談してください。学生ローンも借金である以上、他の借金と同じように債務整理が可能です。

関連記事
任意整理による借金解決|メリット・デメリットやその後の生活について
任意整理とは、自己破産や個人再生とは違い、裁判所を通さずに行なう債務整理の手法です。 簡単に言うと、借入をしている金…

親に内緒で債務整理したい場合は、その旨を弁護士・司法書士に伝えてください。事情が分かれば、親に内緒で解決する方法を教えてくれるかもしれません。

関連記事
家族にバレずに債務整理をしたい方へ
借金を家族・親戚・友人などに内緒にしたいという方は多いと思います。 借金問題を法律的に解決する手段として「債務整理」…

たとえ学生相手でもあっても、専門家は親身になって話を聞いて、最善の解決策をアドバイスしてくれます。どうか一人で悩まず、相談に行くことをおすすめします。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所
 現在営業中( 0:00~24:00 ) ]
 現在営業中( 0:00~24:00 ) ]

当事務所では、個人様・法人様を問わず、相当数の借金問題を手掛けてきました。

当事務所では、個人様・法人様を問わず、相当数の借金問題を手掛けてきました。

これまでの経験から、相談者様の生活を第一に考えた解決方法をご提案いたします。費用面も負担の少ないよう設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!