家族にバレずに債務整理をしたい方へ

★ お気に入りに追加

借金を家族・親戚・友人などに内緒にしたいという方は多いと思います。
借金問題を法律的に解決する手段として「債務整理」があることはご存知の方も多いと思いますが、これを周囲に内緒で行うことは可能なのでしょうか。

債務整理には主に自己破産、個人再生、任意整理がありますが、手続きによっては家族にバレが可能性があります。
結論から言うと、自己破産、個人再生は、家族に内緒で行うのは難しいのが一般的です。

今回は、主に家族に内緒で債務整理を行いたいと考えている方向けに、おすすめの手続きの手段と、家族にバレないようにするポイントなどを解説します。

1.自己破産はほぼ確実に家族にバレる

自己破産は、債務整理の最終手段と言える制度です。自己破産手続きが認められると借金は全額免責されます。

自己資産のない人は自己破産により失うものも少なく、メリットの大きい制度ですが、自己破産が家族にバレる可能性は非常に高いです。
特に、家族と同居をしていて、生計が家族と同一ならばリスクはより高くなるでしょう。

その理由は以下の通りです。

1-1.自宅などの財産が没収される

自己破産をすると、マイホームが没収されます。その他、高級車や不動産、一定額以上の現金・預貯金も没収され債権者に分配されます。

強制執行で自宅の財産を取り上げられれば、家族には100%バレることになります。

1-2.必要書類が多い

自己破産には、一般人が作成するのは不可能とも思えるほどの多くの書類が必要になります。
書類自体は弁護士などに作成してもらえますが、書類を作成するための資料はご自身で揃える必要があります。

これらの書類や資料を同居中の家族に見られた場合、何をしているのか詰問されるかもしれません。

また、自分が提出する書類以外にも、裁判所からの通知や弁護士からの注意書きなどが見つかってしまうおそれがあります。

1-3.裁判所からの郵便物が自宅に届く可能性

裁判所からの郵便物は、特に何の手続きもしないと自宅に届くことになります。裁判所からの郵便物などは滅多に届かないものですので、家族に怪しまれてしまうでしょう。

対策としては、自己破産手続きを弁護士に依頼して、弁護士事務所などを送達場所にしてもらうことです。こうすることで、裁判所からの郵便物を弁護士経由で受け取れるようにします。

1-4.保証人・連帯保証人である家族に請求がいく

自己破産では、全ての借金について手続きに組み入れる必要があります。

そのため、家族が保証人や連帯保証人になっている債務があれば、債権者からその家族に返済の督促がいくことになるので、確実にバレてしまいます。

1-5.家族の同意が免責の条件にされることもある

自己破産は、申請すれば誰でも免責(借金を免除されること)を受けられる訳ではありません。破産申請に至った理由によっては免責が認められないこともあります。

関連記事
免責不許可事由とは?自己破産できない場合もある
借金が膨らんで現実的に返済が出来なくなった人は、債務を解消するために債務整理をする必要があります。 債務整理の中で特…

しかし、そうした免責不可事由があっても、裁判所の裁量によって免責が認められることもあります。
中には家族に打ち明けていることを前提として裁判所が免責を出すケースもあるので、その場合は家族に言わざるを得ません。

 

以上のように、自己破産の手続きには裁判所が関わり、生活に与える影響も大きいことから、同居家族に内緒で自己破産手続きを終えるのは事実上不可能です。
「どうしても家族にバレたくない」という方には自己破産はおすすめできませんが、家族と別居中であったり、同居中でも生計が完全に別であったりする場合にはバレずに行うことも可能かもしれませんので、一度弁護士に相談することをおすすめします。

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案しています。費用面の負担も少なく設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

しかし、仮に運良く家族に内緒で自己破産ができたとしても、その後は新規のクレジットカードが作れなくなったり、新たなローンが組めなくなったりします。
この場合も家族に怪しまれてしまう可能性が高いので、自己破産はあらかじめ家族に打ち明けた上で行う方が得策です。

2.個人再生でも家族にはバレる可能性

個人再生は、マイホームを手放すことなく借金を整理できる制度で、 借金も5分の1程度まで圧縮できるので、借入額が大きい人にとってはメリットの大きい制度です。

しかし、個人再生も家族に内緒で手続きをするのは非常に難しいです。

2-1.家計収支表の用意

個人再生手続きを行うには、継続した安定的な収入があることが条件とされています。そのため、申請にあたっては、裁判所に家計収支表を提出する必要があります。

このとき、夫婦で共働きの場合は、配偶者の給与明細も併せて提出することが求められます。また、配偶者以外でも生計を同一にする人の収支表は必要となるので、「なぜ必要なのか?」と問われれば、個人再生を打ち明けざるを得ません。

2-2.官報に載る

個人再生をすると、官報に住所・氏名が掲載されます。これは自己破産の場合も同じです。

一般的に官報を見ている人は少ないですが、 家族が目にする確率もゼロではありません。
また、偶然に知人に見られ、それをきっかけに家族に伝わるというケースもあります。

3.家族に内緒で行うなら任意整理がベスト

このように、自己破産・個人再生は家族にバレずに手続きをすることが困難ですが、任意整理であれば、家族に内緒で手続きを行うこともそう難しくはありません。

その理由は以下の通りです

  • 必要書類が少ない
  • 裁判所が関与しない
  • 手続きをする債権者を選べる
  • 財産の調査や処分の必要がない
  • 官報に載らない

詳しくは以下の記事で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

関連記事
任意整理を使えば家族に内緒で借金問題を解決できる!
「債務整理をすると、借金があったことや債務整理したことが家族や知人にバレないか心配」というのは、借金を抱える多くの人…

4.家族に内緒にしたい債務整理は弁護士へ相談を

借金が返せずに困っている人は、債務整理を検討しましょう。債務整理の中でも「任意整理」であれば家族に内緒で解決できる可能性が高いです。

ただし、家族に話さないことだけにこだわると、適切な債務整理方法を選べなくなる可能性もあります。
家族に話すデメリットと最適な方法を選ぶメリットを冷静に天秤にかけ、よく弁護士と相談して、どの方法が適切なのかしっかり見極めましょう。

よりより良い借金解決策を導き出すために、弁護士・司法書士などの専門家と一緒に解決することをおすすめします。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案しています。費用面の負担も少なく設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!