車を手放さずに自己破産したい!ローン支払い中はどうなるの?

★ お気に入りに追加

「自己破産をすると、家や車などの財産はなにもかも全て手放して、一文無しにならなくてはならない」……自己破産にそのようなイメージを抱いている人も多いよう。

しかし、実際はそんなことはありません。何百万円もするような高級腕時計を持っているのであれば、それを手放す必要はありますが、生活に最低限必要の財産は残すことができます。

そんな中、多くの人が疑問に思うのが「自己破産をしたら車はどうなってしまうのか」ということです。
住んでいる地域や生活の状況によっては、「車を手放すと生活ができない」という人もいるでしょう。

今回は、「自己破産を検討しているが車を手放したくない」と考えている人に向けて、「自己破産」と「自動車」について詳しく解説します。

1.自己破産と財産

自己破産は、「自分の持っている財産をお金に換えて債権者に分配し、それでも払いきれなかった債務の支払いを法的に免除する」という手続きです。
そのため、保有している財産は基本的にすべて換価(お金に換えること)をする必要がある、というのが大前提です。

しかし、持っているものすべてをお金に換えてしまうと、その後の破産者の生活は成り立たなくなってしまいます。

そのため、自己破産では、破産の際に残しておける財産(自由財産)についての規定があります。

例として、以下のようなものが挙げられます(これらはあくまでも一例で、裁判所によって運用が異なります)。

  • 99万円以下の現金
  • 20万円以下の預貯金
  • 解約返戻金が20万円以下の生命保険
  • 電話加入権
  • 生活に必要な家財道具

みなさんの持っているマイカーも、自己破産において換価の対象となる財産のひとつです。よって、自己破産をするなら手放さなければならないというのが基本です。

しかし、例外があります。いくつかの条件をクリアすれば、自動車を手元に残したまま自己破産ができるのです。

2.財産としての「自動車」

自動車の場合、まず「ローンが残っているかどうか」を確認しましょう。

2-1.ローンが残っていない場合

車のローンをすでに支払い終わっている場合、もしくはそもそもローンを組まずに一括で購入した場合などは、ローン会社との関係について考える必要がなく、純粋に「自己破産の手続きの中で車が換価処分されるかどうか」についてのみ考えることになります。

破産における自動車の換価基準

先ほど述べたとおり、自己破産の手続きでは「保有している財産は基本的に換価する」ことになっています。

しかし、年式の古い自動車など、換価してもその金額が低いと考えられる自動車については、換価せずそのまま所持できる可能性が高いです。

  • 査定額が20万円以上の自動車
  • 登録から5年(※裁判所によって年数は異なる)以上経っている自動車

以上のような自動車は、複雑な手間なく、破産申立時に所定の書類(査定書や車検証)を添付するだけで所有を続けられる場合があります。管轄の裁判所に確認をしてみると良いでしょう。

上記の条件を満たしていないが車を維持したい、という場合、「親戚などの第三者がその車を買い取って名義変更を行い、その車を借りる」という方法があります。

ただし「知人だから」と安い金額で契約をしてしまうと、あとから破産管財人に「売却価格が安すぎる」と言われ問題になることがあるので、複数の業者から査定をとっておくのがよいでしょう。

生活に自動車が欠かせない場合

また、換価基準を満たしていないが、生活のために車が必要不可欠であり手放したくない、という人もいるでしょう。
その場合は、裁判所に「自由財産の拡張」を申し立てるという方法もあります。

「趣味で使いたい」という理由では許可は下りないでしょうが、例えば「通院に車が必要」「交通機関が全くないところに住んでいるので車がないとどこへも行けない」などという場合、「自由財産の拡張」の許可がおり、車の所有を続けられる可能性があります。

2-2.ローンが残っている場合

ローンを組んで自動車を購入したという方で、ローンがまだ残っているのであれば、たいていの場合、車検証上の所有者は本人ではなくローン会社になっています。
そのため、ローン会社は「自己破産するなら車は返してね」ということで、その車を引き上げてしまいます。

その引き上げを防ぐために取り得る手段としては、以下のようなものが考えられます。

  • 第三者が残債務を支払う
  • 保証人が支払いを続ける

第三者にローンの残りを支払ってもらう

車を残すための対処法として、まず、ローンの残りを第三者にまとめて支払ってもらい、所有権を本人に移すという方法があります。
そうすると、車は本人名義になりますから、ローン会社に引き上げられることはなくなります。

最初から本人が支払ってしまうと「偏頗弁済(すべての債務者に対して平等に返済・配当しなければならないという決まりを破ること)」となり問題が生じますので、必ず第三者が支払う必要があります。

また、前述しているような「換価基準を満たしていない車」の場合は、自分ではなくその第三者への名義変更も検討すべきでしょう。

保証人が支払いを続ける

一括で弁済できるような第三者がいない場合、「保証人が今後も月々払っていくから車を引き上げないでほしい」とローン会社に交渉してみる、という手段もあります。

大抵、ローン会社は車を引き上げて換価したうえで残額を保証人に請求してくることが多いのですが、引き上げには手間も時間もかかります。
総合的に考えて「保証人が今後支払ってくれたほうがいい」とローン会社が判断した場合、車の引き上げを回避できる可能性があります。

3.自己破産以外の債務整理の選択肢

上記のような「自己破産後でも車を維持する方法」はいくつもありますが、自己破産を選択する以上、はどうしても「車を手放すかもしれない」という可能性は残ります。
車を手放すのは絶対に困るという場合は、そもそも「自己破産」という債務整理方法を検討しなおすという手もあります。

例えば、任意整理では、自動車の換価の必要はありません。自動車ローンを組んでいる金融機関を外して手続きをすることも可能です。

関連記事
任意整理による借金解決|メリット・デメリットやその後の生活について
任意整理とは、自己破産や個人再生とは違い、裁判所を通さずに行なう債務整理の手法です。 簡単に言うと、借入をしている金…

しかし、借金の状況によっては任意整理を選択しづらい場合もありますので、まずは「車を手放したくない」という希望を弁護士に伝え、任意整理が可能かどうかを検討してみると良いでしょう。

4.自己破産のあとに車を買いたい場合

自己破産をした後、さまざまな事情から車を改めて購入したいと思うこともあるでしょう。
最後に、自己破産をした後でも車は購入できるのかどうかを解説します。

4-1.ブラックリストに注意

自己破産をしたあとは5~10年間はローンを組めません
これは、自己破産を始めとした債務整理を行うと、信用情報機関に登録され、いわゆるブラックリスト状態になるためです。

ブラックリストに掲載されると、新たにローンを組むことも、クレジットカードを作ることもできません。

関連記事
完全解説!よくわかる債務整理とブラックリストの関係
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…

そんな場合でも、「自社ローン」なら組める可能性があります。
自社ローンとは、中古車販売店が独自に設定するローンのことで、過去の信用情報などは関係なく借りられる場合があります。

どうしても車を購入する必要があって困っているという場合、一度中古車販売店に問い合わせをしてみましょう。

4-2.家族がローンを組んで購入する

本人がローンを組めないのであれば、配偶者などの家族がローンを組んで購入するという方法もあります。

「自己破産をした」という個人情報はあくまでも個人単位で記録されていますから、本人が自己破産をしたことで、配偶者などの家族までローンを組めなくなるようなことはありません。

4-3.お金を貯めて現金で買う

自己破産をした後の方にとってはあまり現実的な方法ではありませんが、まとまったお金を作り、その現金で一括購入するというのが一番着実な方法です。

5.自己破産・債務整理はまず弁護士へ相談を

ここまで読んでいただいてわかる通り、車と自己破産の関係はとても複雑です。

「自己破産をしたいが車を手放したくない」という相談はよくあるものですが、車の状態やローンの内容、裁判所の基準などによってとるべき手段は大きく変わってきます。
自分で調べて思い込みで行動した結果、残せるはずだった車も結局手放すことに……という結果になってしまう可能性もあります。

そうなってしまう前に、ぜひ一度、債務整理のプロである弁護士に相談をしてみましょう。車検証、ローンの契約証などを準備して相談へ行くと、弁護士が適切な対処方法を提案してくれます。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。当事務所はそんなお悩みを抱えている方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!