自己破産後に車を買いたい!車のローンは組めるのか?

★ お気に入りに追加

「自己破産をすると、家や車などの財産はなにもかも全て手放して、一文無しにならなくてはならない」……自己破産にそのようなイメージを抱いている人も多いよう。

しかし、実際はそんなことはありません。自己破産をしても、生活に最低限必要の財産は残すことができます。

そんな中、多くの人が疑問に思うのが「車」についてです。
結論から言うと、自己破産をすると車を手放さなければならないケースがほとんどです。

しかし、住んでいる地域や生活の状況によっては、自己破産後に「新たに車を買う必要が出てきた」という人もいるでしょう。

今回は、「自己破産後に車を買いたい場合はどうすれば良いか?」について解説します。

1.自己破産で車を手放さなければならない理由

自己破産は、「自分の持っている財産をお金に換えて債権者に分配し、それでも払いきれなかった債務の支払いを法的に免除する」という手続きです。
そのため、保有している財産は基本的にすべて換価(お金に換えること)をする必要がある、というのが大前提です。

みなさんの持っているマイカーも、自己破産において換価の対象となる財産のひとつです。
ローンが残っている場合は、所有者であるローン会社に車を引き上げられてしまいますし、ローンの支払いが終わっている場合でも、裁判所が車を取り上げて換金してしまいます。

よって、「自己破産をするなら車は手放さなければならない」というのが基本です。

しかし、いくつかの条件をクリアすれば、自動車を手元に残したまま自己破産ができます。

車を残したまま自己破産(債務整理)がしたいと考えている方は、以下の記事をご覧ください。

関連記事
債務整理をしても車を手放したくない!
個人再生や自己破産を行う場合、ケースによっては何らかの財産を処分しなければならないことがあります。 その代表例が、自…

2.自己破産後に車を購入したい場合

自己破産をした後、さまざまな事情から車を改めて購入したいと思うこともあるでしょう。
では、自己破産をした後でも車は購入できるのでしょうか。

結論から言うと、自己破産後の5~10年間は、自動車ローンを組んで購入することはできなくなります

これは、自己破産に限った話ではありません。債務整理手続き全般を行うと、信用情報機関に登録され、いわゆるブラックリスト状態になります。
ブラックリストに掲載されると、新たにローンを組むことも、クレジットカードを作ることもできません。ブラックリストの事故情報が消えるまで待つ他ないのです。

関連記事
完全解説!よくわかる債務整理とブラックリストの関係
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…

しかし、そんな場合でも、自動車を購入する方法はいくつかあります。

2-1.お金を貯めて現金で買う

まとまったお金を作り、その現金で車を一括購入するというのが一番着実な方法です。

しかし、自己破産をした後の方にとってはあまり現実的な方法ではありません。

2-2.家族がローンを組んで購入する

本人がローンを組めないのであれば、配偶者や両親などの家族がローンを組んで購入するという方法もあります。

「自己破産をした」という個人情報はあくまでも個人単位で記録されていますから、破産者の配偶者など、家族までローンを組めなくなるようなことはありません。

2-3.「自社ローン」を組む

ブラックリスト状態でも、「自社ローン」なら組める可能性があります。
自社ローンとは、中古車販売店が独自に設定するローンのことで、過去の信用情報などは関係なく借りられる場合があります。

保証人が必要、手数料や車の価格が高いなどのリスクはありますが、どうしても車を購入する必要があって困っているという場合、一度中古車販売店に問い合わせをしてみると良いでしょう。

【自己破産後にカーリース契約は結べる?】
車の購入ができないのならば、「カーリースを利用しよう!」と考える方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、カーリースの契約時にも、リース会社は契約者の信用情報をチェックします。自己破産後のあなたはブラックリストに登録されていますので、結果、残念ながらカーリースの利用は難しいと言わざるをえません。
一方、レンタカーの利用に関しては、その場で利用料金を現金で支払うことができる限り、破産者でも問題なく利用できます。
参考:任意整理してもカーリースは利用できる?

3.自己破産・債務整理はまず弁護士へ相談を

車と自己破産の関係はとても複雑で、自己破産後に車を新規購入するハードルは極めて高いということがお分りいただけたかと思います。

「自己破産をしたいが車を手放したくない」という相談はよくあるものです。
自己破産後も車を残せるのならば、その後の新規購入で戸惑う必要もないでしょう。

まだ自己破産前だという方は、ぜひ一度、債務整理のプロである弁護士に相談をしてみましょう。
車の状態やローンの内容、裁判所の基準などによって、車を残すためにとるべき手段は大きく変わってきます。自分で調べて思い込みで行動した結果、残せるはずだった車も結局手放すことに……という結果になってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

車検証、ローンの契約証などを準備して相談へ行くと、弁護士が適切な対処方法を提案してくれるでしょう。

また、既に自己破産後だという方で、どうしても自動車が必要だという場合は、無理して新車を買うのではなく、出来るだけ安い中古車を選ぶ、家族に協力を仰ぐなど、適切な行動をとるように心がけましょう。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所
 現在営業中(0:00~24:00) ]
 現在営業中(0:00~24:00) ]

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

個人様・法人様を問わず、相当件数の借金問題を解決してまいりました。

相談者様の生活を第一に考え、弁護士自ら最適な解決方法をご提案しています。費用面の負担も少なく設定しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6550
[電話受付] 24時間受付
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!