債務整理はしたけどクレジットカードを作りたい!何か方法はないの?

★ お気に入りに追加
債務整理をしたけどクレジットカードを作りたい!何か方法はないの?

借金苦の果てに債務整理をすると、心も身体も解放されたような気分になります。
しかし、ホッとするのも束の間、クレジットカードの便利さを享受できなくなることに不満を持つ人も多くいるのが実情です。

そのような人の中には、「やっぱりクレジットカードがないと不便だ」「今度は借金苦に陥らないように上手にクレジットカードを使うから、なんとかしてクレジットカードを作りたい」という人もいます。

そういった人のために、本記事では「債務整理したら本当にクレジットカードを作れないのか?」をテーマとして考えていきます。
これから債務整理をする人も、債務整理をしてしまった人も、ご一読いただくと「債務整理後のクレジットカード」についてご理解して頂けると思います。

1.債務整理後にクレジットカードを作れない理由

そもそも、クレジットカードが作れるかどうかは、どのようにして決められるのでしょうか?

「クレジット」とは、「信用」という意味です。クレジットを発行する会社は、お金を貸す相手に「返済能力が存在する」と、その相手を「信用」してお金を貸すことになります。
よって、この前提である「信用」をしてもらえないと、お金を貸してもらえないということになります。

債務整理をしたということは、借金の減額や免責などを受けた経験があるということです。この情報は、信用情報機関に登録されます。いわゆる「ブラックリスト」入りです。
ブラックリストを見たクレジットカード会社の人は、「この人には返済能力が存在しない」と判断し、クレジットカードの申込みを拒否するのです。

関連記事
完全解説!よくわかる債務整理とブラックリストの関係
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…

なお、ブラックリストについて、「該当する登録情報を抹消して欲しい」という要望などは、当然受け付けてもらえません。

2.一定期間経過後にクレジットカードは作成可能

このように、クレジットカードを作る際には、カード会社がブラックリストを確認するので、その中に金融事故の履歴があれば審査落ちになる可能性が非常に高くなります。
しかし、ブラックリストの情報(返済の滞納や債務整理の情報)は、一定期間が経過すると消去されます。

ブラックリストの情報が消えてしまった後であれば、カード会社の審査に通過する可能性が高く、問題なくカードを作ることができます。
行う債務整理の種類にもよりますが、免責から起算して5年〜10年前後で消去されるといわれています。

3.ブラックリスト期間中でもカードを作りたい場合

債務整理の後は基本的に「一定期間待つ」ことでクレジットカードを作ることが可能です。
しかし、「どうしても待てない」という人は、以下の点に気をつけてカードの申し込みをすると、「運が良ければ」カードを発行してもらえるかもしれません。

3-1.自分の情報が載っていない個人信用情報機関と提携しているカード会社を選ぶ

多くのカード会社は3つの主要信用情報機関(JICC、CIC、KSC)のいずれかと提携して情報を集めています。
カードの審査の際、カード会社は提携していない信用情報機関にまでは問い合わせないことがあります。

これを利用して、自分の情報がどの信用情報機関に載っているかを調べ、その信用情報機関と提携していないカード会社を狙えば、審査に合格する確率が少しだけ上がると言われています。

しかし、現在それぞれの信用情報機関は相互交流を図っているため、この方法はあまり現実的ではありません。

3-2.デビットカードで代用する

デビットカードは、カードを使う度に銀行の口座から直接残高を引き落とされるシステムのカードです。残高不足であれば使うことができないため、利用しても借金を背負うことがありません。

デビットカードを作る際には、信用情報機関を使う審査が行われないので、債務整理後でも問題なくカードを発行してもらえます。
単純なネット通販やショッピングであれば、デビットカードを使うといいでしょう。

関連記事
自己破産した人でもデビットカードは作れるの?
自己破産をすると、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいます。この結果、クレジットカードの審査に通らなくなり、クレ…

3-3.家族カードを使わせてもらう

自分の名義でクレジットカードの審査に通らない場合は、審査を通過できる家族にカードを作ってもらい、そこからさらに「家族カード(追加カード)」を発行してもらうという方法があります。

「家族カード」を使うと、家族が使っている口座と同一の口座から引き落としがされます。名義人となった家族に対する信用に基づいて審査が行われるので、利用者本人への審査は行われません。

ただし、ここでカードを使いすぎると、家族間トラブルという別の事件が発生してしまいます。利用は最低限に控えましょう。

3-4.審査が甘い消費者金融系のカードを狙う

デビットカードや家族カード以外で、どうしても自分名義のカードが欲しい人は、審査が厳しくない金融機関のカードに申込みを行うしかありません。

消費者金融系のカードが、最も審査がゆるいと言われています。
流通系のカードの審査が次に甘いとされており、続いて信販系、銀行系と審査が厳しくなっていきます。

消費者金融系のカードを申し込み、運良くカードを作ることが出来たら、返済の滞納などをせず、一定期間しっかりと利用しましょう。
このような返済実績を作ることで「信用」が増し、他の会社のカードも作れるようになるかもしれません。

4.新たなクレジットカードの使用に要注意(リボ払い)

仮に新たなクレジットカードを発行してもらえたとしても、一度債務整理をしている以上、利用には人一倍慎重になるべきです。
特に、リボ払いには充分注意してください。

リボ払いを使った結果、多額の借金を背負うパターンが増えてきています。
もしクレジットカードを持ったとしても、リボ払いは「使わない」を第一に考えてください。

関連記事
知らない間にリボ払い!?クレジットカードで借金をしていたら
自分では設定した記憶がないのに、いつの間にかすべての支払いが「リボ払い」になっており、支払いがなかなか減らなくて困っ…

また、リボ払いと同じく、分割払いにも金利が発生します。債務整理後のクレジットカード払いは、基本的に「一括払い」限定で使いましょう。
どうしても一括払いができないという場合は、2回払いまでであれば、通常は金利が発生しません。

5.クレジットカードの作成は慎重に!

債務整理をした以上、反省と自戒の意味も込めて、クレジットカードを持たない方が望ましいといえます。
しかし、クレジットカードでしか支払いができない買い物や、ネットショッピングでクレジットカードが必要な場合もあるでしょう。そういった事情でカードを作らなければいけないのであれは、まずはデビットカードや家族カードを検討してみてください。

また、たとえクレジットカードを持てたとしても、慎重に慎重を重ねてから利用に踏み切ってください。もしまた借金地獄に陥ったとしても、2度目の債務整理は何かとハードルが高く、自己破産しても借金が免責されないことがあります。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【全国対応】債務整理に強い弁護士
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所
弁護士法人イストワール法律事務所 弁護士法人イストワール法律事務所

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!