山形県で任意整理に対応している弁護士・司法書士

全部で3件の弁護士・司法書士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人イストワール法律事務所

    弁護士法人イストワール法律事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 迅速対応
    • 闇金対応
    • 駅から徒歩4分

    借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。

    • 日本全国が対応エリア
    • 複数の選択肢から、最も経済的利益が高い方法で解決
    • 警察組織とも連携し、闇金についても問題なく対応
    〒 102-0093
    東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町403

    有楽町線 麹町駅(1番出口)徒歩4分
    半蔵門線 半蔵門駅(1番出口) 徒歩6分
    有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅(4番・5番・9B番出口)徒歩5分
    銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅(永田町駅へ)徒歩8分

    東京都、全国対応
    [電話受付]毎日 9:00~21:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6263
    [電話受付] 毎日 9:00~21:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 作花法律事務所 岡山県・岡山市

    詳しく見る

    作花法律事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    借金のお悩みを迅速に解決いたします。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 電話相談可
    • 着手金無料
    • 成功報酬制
    • 営業時間外の相談可

    負担を軽減できる様々な方策を用意し、わかりやすい説明と親切なご対応を心がけております。訴訟に強いことがセールスポイントの一つであり、非常に高い確率で良い結果を勝ち取る自信があります。

    • 素早い対応で借金の悩みを解決
    • 料金が不安な方でも安心
    • 訴訟に強い
    〒700−0901
    岡山県岡山市北区本町3番13号 イトーピア岡山本町ビル6階

    JR岡山駅より徒歩5分

    岡山県、全国対応
    [電話受付]平日 9:00~17:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6893
    [電話受付] 平日 9:00~17:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 司法書士法人ゆう法務事務所

    司法書士法人ゆう法務事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    プライバシーを守るために個別のブースを準備し、予約制でご相談をうけたまわっております。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 電話相談可
    • 女性スタッフ在籍
    • 迅速対応
    • 駅から徒歩2分

    正式に手続きのご依頼をいただく際にはまずお見積もりをさせていただき、料金を明示した契約書を作成しますので、突然お金が発生するということは決してありません。ご相談は無料でお受けすることができますので、ぜひお気軽にご相談にお越しいただければと思います。

    • お客様のプライバシー保護
    • 司法書士4名体制できめ細やかなサポートをご提供
    • 明瞭な報酬体系
    〒541-0043 大阪市中央区高麗橋三丁目1番14号 高麗橋山本ビル2階

    ■淀屋橋駅8番出口から徒歩2分

    大阪府、全国対応
    [電話受付]平日 9:00~20:00 土曜日(隔週) 9:00~20:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6260
    [電話受付] 平日 9:00~20:00 土曜日(隔週) 9:00~20:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全3件中 1-3件

山形県は、人口約1,093,250人で(2018年4月現在)、全国で35番目に人口の多い都道府県です。

東北地方の南西部に位置しており、北は秋田県、南は新潟県と福島県、東は宮城県と接していて、西部は日本海に面しています。

県の東部には奥羽山脈、西部には朝日連峰がそびえ立ち、県の大部分が山地となっていますが、中央を流れる最上川の豊かな水源を活かした農業が盛んです。 さくらんぼや西洋梨の収穫量は日本一で、その中でも佐藤錦やラ・フランスは特に有名ですね。

観光では、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という句を松尾芭蕉が詠んだことで知られている山寺をはじめ、鶴岡市立加茂水族館、蔵王温泉、銀山温泉など、多くのスポットがあり、人気を集めています。 観光で山形を訪れた際は、米沢牛も外せませんね。

今回はそんな山形県の借金問題の特徴や貯蓄の内容について見ていきたいと思います。

山形県の世帯数ランキングとその内訳

平成27年の住民基本台帳によると、山形県の世帯数約40万世帯で、全国第39位です。 人口のランキング35位であるため、人口に対して世帯数が少ない方の都道府県であると言えるのではないでしょうか。

2017年の調査によると、山形県は、全世帯数に占める単独世帯の割合が全国第47位と最も少なく、家族みんなで住んでいる世帯が多いというのが世帯数の少なさに繋がっていると推測されます。

また、持ち家率ランキングは全国第16位と高く、山形県はマイホームを所有しやすい都道府県と言えるでしょう。 その最も大きな理由の一つとして、山形県の年間収入ランキングが全国第4位と、ベスト5に入るくらい高い水準にあることが考えられます。 年間収入が多ければ、当然ながらマイホーム資金へと回す余裕も生まれるでしょう。

一人暮らしをする人が少なく、世代間同居が多い山形県では、やはり家族のために「家」を構えてみんなで住む、という考え方が根付いているため、持ち家率が高いのではないでしょうか。 近年、全国的に持ち家に対する考え方が変化しており、賃貸でも十分と考える若者世代が増えている中、山形県の持ち家率の高さからは、マイホームを持つことに関する県民の意識の高さが伺えます。

山形県の1世帯あたりの負債現在高

次に、山形県の1世帯あたりの負債現在高(借金がどれくらいあるのか)について見ていきましょう。

山形県の負債現在高は、全国第23位と、多くもなく、少なくもなく、全国平均くらいの順位です。 しかし、その内訳を見てみると、なんと1世帯あたりの月払い・年払いの負債が全国第1位という結果でした。

月払い・年払いの負債としては、各種保険料の支払いや習い事の月謝や新聞の定期購読料などが考えられますが、山形県は車社会であるため、自動車保険への加入は必要不可欠であり、その負担が大きいものと考えられます。

また、山形県民の大半は、地域に根差した生活を送っているため、地元のニュースが多く掲載されている地方紙を購読している家庭が多いというのも、月払い・年払いの負債の多さに関係しているのではないでしょうか。

一方、1世帯数あたりの住宅・土地のための負債は、全国第23位と決して高い順位ではなく、このことからも、山形県は少ない負担でマイホームを手に入れられるため持ち家率が高いということが読み取れるでしょう。

1世帯あたりの住宅・土地以外の負債も、全国第24位と平均的で多い方ではありません。 住宅・土地以外の負債としては、マイカーローンやカードローンやキャッシングによるものなどが考えられますが、前述のように車社会である山形県では、1世帯につき1台以上の車を所有しているのが当たり前なので、マイカーローンがその大部分を占めていると考えて良いでしょう。

しかし、マイカーローンの他にも、住宅・土地以外の負債があるのではないでしょうか。 なぜなら、山形県では、パチンコやパチスロにハマってしまい、消費者金融から借金をしてしまう人が増加し、問題となっているからです。

パチンコやパチスロでの支出も、山形県の住宅・土地以外の負債の大きな一部なのではないでしょうか。

山形県では、大都市のように遊ぶスポットがそれほどないため、パチンコが趣味、または娯楽、という人も少なくありません。昔は、パチンコといえば中年や老人のストレス発散法でしたが、最近は、人気アニメを題材とした機種も多く、若者の多くもパチンコを楽しむ時代になっています。

しかも、パチンコ店は数が多く、いまやどこにでもあると言っても過言ではないため、営業時間内であれば毎日のように入り浸ることも出来るので、ハマりすぎて生活費にまで手を出し、さらにそれも足りなくなって消費者金融から借りてしまう人々が多いといいます。 1度借りてしまうと、借りることへの罪悪感や恐怖感のようなものが薄れていき、借金を繰り返し、気がついたら多重債務に陥ってしまうこととなるのです。

パチンコは、限度額を決めて少額の掛け金で楽しむぶんには良い気分転換にもなりますが、多重債務の入り口とも言われているギャンブルですので、節度を持って楽しみましょう。

山形県の1世帯あたりの貯蓄残高について

続いて、山形県の1世帯あたりの貯蓄残高について詳しく見ていきたいと思います。

山形県の現在残高は、全国第35位と、残念ながら非常に低い順位となっており、貯蓄にはあまり力を入れていない様子が見て取れます。

貯蓄残高が少ない都道府県の特徴として、年間収入の水準が低いことが挙げられますが、山形県は、年間収入ランキングは上位であるのに、それが貯蓄残高に結びついていない傾向にあります。

では、ここで貯蓄内容の内訳を見てみましょう。

自由に出し入れ出来る預金である通貨性預貯金の額は全国第31位、毎月決まった額のお金を積み立てていくタイプの預金である定期制預貯金の額は全国第37位と、いずれも低い順位となっています。 また、有価証券の保有率も全国第36位と低い方であり、投資にも消極的です。

以上のようなデータからみても、やはり山形県民は貯蓄への意識が低いように感じます。 しかし、総務省の平成26年から平成28年の調査によると、山形市の年間光熱水費は全国第1位であり、山形県内の他の市町村も同様に光熱水費が高いことが推測されます。 また、物価も地方都市の割に低くはないようです。

このような理由から、山形県では、貯蓄に回す余裕が少ないだけであり、負債現在高も多くはないのですから、借金をせずに堅実に暮らしていくことに重点を置いているという見方も出来るのではないかと思います。

借金問題を解決するには

借金をする際、最初から大金を借りようと思う人はまずいないと言っても良いでしょう。 多くの人は、これくらいなら返せるだろうと、少額の借金からはじめます。 しかし、少額だから大丈夫、と借金を重ねていると、利息が膨らみ、返済をするためにまた借金をしてしまって多重債務となり、取り返しのつかないことにもなりかねません。

もし多重債務に陥ってしまった場合でも、解決の糸口は必ずあるため、まずは借金問題を解決する債務整理の主な方法について知っておくことから始めましょう。

まず一つ目は「任意整理」という方法で、比較的借金の額が少ない場合に検討したい方法です。 任意整理は、債権者と話し合って交渉することにより借金を減額するやり方で、裁判所などを通さず行えるので、最も敷居が低いです。

しかし、相手方が必ずしも話し合いに応じてくれるとは限らず、交渉が決裂することも多いでしょう。

次に紹介するのは、「個人再生」という方法で、マイホームを所有する人に適していると言われています。 なぜなら、個人再生は住宅ローン以外の借金を大幅に減額することが出来るため、マイホームを手放す必要がないからです。 せっかく山形県で手に入れたマイホームを手放したくはないですよね。 また、パチンコなどによるギャンブルや浪費による借金でも利用できるのも個人再生の大きなメリットです。

ただし、個人再生は手続きが大変難しく、1人で行うのは困難であり、借金の総額が5000万円を超えていないことや、継続した収入があることなどの厳しい条件もあります。

最後に紹介するのが「自己破産」です。 有名な方法なので、自己破産という単語やその内容を耳にしたことがある方も多いかと思いますが、簡単に説明すると、財産を全て失う代わりに、借金もゼロになる手続きのことです。 マイホームやマイカーは勿論、一定額以上の財産は全て失うことになりますので、最後の手段として考えたい方法です。

一方で、多重債務による厳しい取り立てや、返済出来る見込みもない借金にいつまでも悩んでいるよりは、今ある財産を失うことになったとしても、借金の無い新しい人生をやり直すことが出来るというのは、何ものにも変え難い大きなメリットなのではないでしょうか。

しかし、裁判所に破産申立てをして破産者となり、免責を受けるという手続きは大変複雑で、1人で行うには時間も労力もかかりすぎるというデメリットがあります。

このように、借金問題を解決する主な3つの方法を紹介しましたが、どの方法が自分に適しているのかは、借金の額やマイホームの有無だけで判断できるような簡単な問題ではないため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、アドバイスを受けるのが問題解決への近道となるでしょう。

専門家であれば、難しい交渉や複雑な手続きをするにあたって、的確なサポートをしてくれ、心強い味方となってくれます。 山形県では、以下のような場所で借金や多重債務にお悩みの方に向けた無料相談を行っていますので、借金問題でお悩みの方は、まずはお早めに相談だけでもしてみることをお勧めします。

山形県消費生活センター

山形市松波2-8-1 山形県庁 2階
023-624-0999

山形法律相談センター

山形市七日町2-7-10 NANA BEANS 8F
023-635-3648 (「多重債務無料相談希望」と電話で申し込み)

法テラス山形

山形市七日町2-7-10 NANA BEANS 8F
050-3383-5544