カヤヌマ国際法律事務所について

新宿区の債務整理は、カヤヌマ国際法律事務所にお任せください。
借金返済問題は、法律の力で解決できることがあります。※平日夜間又は休日の対応も可能(要予約)

対応分野

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金返還請求
  • 会社倒産

私たちに依頼するメリット

  • 執務歴約30年の弁護士が対応
  • 「経験」「知識」「交渉力」に裏付けされた実績
  • 確かな交渉力によって難解な案件も解決可能

借金返済問題でお悩みの方、当事務所が力になります!

カヤヌマ国際法律事務所は、日本の中枢である東京都のほぼ中央部に事務所を構えており、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩1分と非常にアクセスがしやすくなっております。

当事務所では幅広い法律業務を取り扱っておりますが、中でも「債務整理」については特に力を入れております。

多額の借金に苦しんでおられる方、今後の返済が不安な方、厳しい督促で精神的に追い込まれてしまっている方、もしもこれらの状況に該当する方がおられましたら、まずは当事務所までお気軽にご相談下さい。

あなたの借金問題は、「法律」によって解決が可能です。

消費者金融やクレジットカード会社に対する借金の返済で首が回らなくなってしまうと、また新たに別の金融機関からの借金を重ねる選択をしてしまう方が後を絶ちません。

このように借金を返済するために、また新たな借金をしてしまうと、借金問題は解決するどころかどんどん拡大してしまい、最終的に追い込まれて自己破産するしかなくなってしまいます

そこでカヤヌマ国際法律事務所は、借金問題にお困りの方に対して、声を大にしてお伝えします。

「借金問題は法律によって解決できます!」

借金の返済が難しくなってきたら、まずはその段階で当事務所までご相談下さい。借金問題の解決方法というと「自己破産」ばかりが頭をよぎるかもしれませんが、実はそれ以外にも借金問題を解決する債務整理方法がいくつか残されています。

その1:任意整理で早期解決!

任意整理とは簡単にいいますと、当事務所が皆さんと債権者との間に入って今後の借金返済計画を見直すことをいいます。

債権者側も、今後債務者の方が返済できなくなり、結果的に自己破産となることを望んではいません。そのため、そうなる前の段階で債権者側に対し、実現可能な返済計画に修正してもらうよう交渉致します。

具体的には、以下のような点について検討し、交渉するなどして、返済計画の緩和を試みます

1:元金の引き直し計算による減額(→過払い金の発生する場合もあります。)
2:将来利息のカット
3:返済期間の延長(但し、原則として3年間まで。これを超えると債権者の同意を取り付けることが難しくなります。)。

その結果、毎月の返済額を大幅に縮小することが可能となります。

当事務所は、ご依頼者様に代わって、これらの項目を債権者側と交渉し、今後無理なく返済できる条件に緩和できるよう最善を尽くします。

その2:過払金返還請求で借金が消滅!?

昨今、テレビやラジオなどで頻繁に「過払金」という言葉を耳にするかと思います。過払金とは一言で言うと、皆さんが「払い過ぎた利息」のことを言います

そもそもなぜ利息の払い過ぎが発生するのか疑問に思うかもしれませんが、以前はグレーゾーン金利といって、法的にグレーとされていた金利部分があったのですが、それが裁判でノーという結論が出たため、これを受けてこのグレーゾーン金利として支払っていた利息分の返還を請求できるようになったのです。これを過払金返還請求と言います。

過払金返還請求は、債務整理の中でも基本であり、任意整理をする際にも、まずは金融機関から過去の取引明細を取り寄せて、過払金が発生していないかを確認します。

過去にキャッシングを繰り返していた人については、100万円単位の高額な過払金が発生するケースも決して珍しくありません。過払金が発生していれば、それをもって借金と相殺することも可能なため、場合によっては過払金返還請求によって既存の借金が完全に消滅するということもあります

当事務所では、アコム、プロミス、レイク、オリコなど大手金融機関をはじめ、過払金の調査から返還請求まで迅速に対応致します。

その3:個人再生でマイホームを守る

借金問題を法的に解決する手段の一つとして「個人再生」があります。個人再生とは、裁判所を通じて手続をすることで、借金の大幅な免除を受けられるという制度です。

個人再生の最大のメリットは「住宅ローン特則」が使えることです。例えば、住宅ローンを組んでマイホームを保有している人が自己破産をすると、マイホームは銀行などの住宅ローン債権者が競売にかけてしまうため、マイホームは手放さなければならなくなりますが、個人再生の場合はマイホームを維持しつつ住宅ローン以外の借金の大幅な免除が受けられるという「住宅ローン特則」が使えるため、個人再生をしてもマイホームはそのまま維持することができます。

そして、通常3年間の弁済計画を完了できると、残りの借金は原則として免除されます。また、自己破産のように資格制限もないため、仕事内容にも影響しません。

もしもマイホームをお持ちの方で、借金問題に苦しんでおられる場合は、個人再生ができる可能性がありますので、まずはお早めに当事務所までご相談下さい。

その4:自己破産で完全にリセット

自己破産というと、債務整理の最終手段としてのイメージが強く、ネガティブな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。けれども、実は自己破産は借金問題をシンプルに解決できる、非常にメリットの大きな債務整理方法なのです。

自己破産をすれば、借金はチャラになりますから、完全に借金問題から開放されます。また、次のようなこともありません。

1:自己破産すると現金もすべて没収されるのでは?
自己破産をしても、生活に必要な最低限のものとして99万円までの現金については手元に残してもらえます。

2:自己破産をすると近所に知られるのでは?
自己破産をしても、近所の方に知られることはまずありません。自己破産が外部に公表されるのは、国が発行している官報という広報誌に掲載されるだけです。

これをチェックしている隣人はまずいないでしょう。また、住民票や戸籍に載ると思っている人もいるようですが、これも間違いです。自己破産をしても住民票や戸籍には記載されませんのでご安心下さい

自己破産には抵抗が強い方も多いと思います。そこで当事務所では、自己破産が最良の選択肢であると考えられない方についても、これら自己破産のメリットについて丁寧にご説明し、心からご納得頂けた上で手続が進められるよう最大限配慮致しております。

カヤヌマ国際法律事務所が債務整理に強い理由とは?

カヤヌマ国際法律事務所が債務整理を得意としているのには、ちゃんとした理由があります。

カヤヌマ国際法律事務所の代表弁護士萱沼は、執務歴約30年という非常に経験が豊富な弁護士であり、その間東京三会弁護士会が主宰する債務整理の相談を専門とするクレサラ法律相談センターにおいて相談担当員を10年以上務めるなど、これまでに数えきれない程の案件を対応してまいりました。

債務整理は法律手続きではありますが、実務的には弁護士個人の「経験」「知識」「交渉力」この3点が債務整理の結果に大きく影響してきます。

このように、カヤヌマ国際法律事務所は、この道30年のベテラン弁護士が有する圧倒的な経験と知識、そして交渉力によって難解な案件につきましても、最善を尽くして対応することが可能なのです。

厳しい督促にお悩みの方、当事務所へのご依頼で督促はストップします!

借金の返済が遅れてくると、さまざまな債権者からひっきりなしに督促の電話や書面がきて、精神的に休まる時間もないような状態になってしまいます。ですがご安心下さい。

当事務所に債務整理をご依頼頂き、弁護士が債権者に受任通知を出せば、以後はそれらの督促はすべてストップし、ご依頼者様に直接連絡が入ることはございません。これにより、まずは平穏な日常を取り戻すことができます

借金問題の解決への第一歩はここからであると当事務所は考えております。
まずは当事務所に早い段階でご相談頂き、厳しい督促をストップさせることが、あなたの借金問題の解決を早めるでしょう。

カヤヌマ国際法律事務所は、借金問題でお困りの方の力強いパートナーとして、全力でサポート致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

カヤヌマ国際法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 萱沼 昇 (かぬやま のぼる) 東京弁護士会 No.20250
住所 〒160-0017 東京都新宿区左門町2-5 ミクニ四谷ビル6F
対応エリア 東京都
アクセス

東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目(M11)

3番出口より徒歩1分(新宿駅より電車で約6分)

現在営業中( 本日9:00~20:00 ) ]
電話での受付はこちら
03-3358-5008
[電話受付] 平日 9:00~20:00

【24時間受付】メール相談はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 9:00~20:00
定休日 土日祝
対応エリア 東京都
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
債務整理に強い事務所を探す