沖縄県で会社倒産に対応している弁護士・司法書士

全部で3件の弁護士・司法書士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人イストワール法律事務所

    弁護士法人イストワール法律事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 迅速対応
    • 闇金対応
    • 駅から徒歩4分

    借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。

    • 日本全国が対応エリア
    • 複数の選択肢から、最も経済的利益が高い方法で解決
    • 警察組織とも連携し、闇金についても問題なく対応
    〒 102-0093
    東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町403

    有楽町線 麹町駅(1番出口)徒歩4分
    半蔵門線 半蔵門駅(1番出口) 徒歩6分
    有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅(4番・5番・9B番出口)徒歩5分
    銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅(永田町駅へ)徒歩8分

    東京都、全国対応
    [電話受付]毎日 9:00~21:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6263
    [電話受付] 毎日 9:00~21:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 司法書士法人ゆう法務事務所

    司法書士法人ゆう法務事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    プライバシーを守るために個別のブースを準備し、予約制でご相談をうけたまわっております。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 電話相談可
    • 女性スタッフ在籍
    • 迅速対応
    • 駅から徒歩2分

    正式に手続きのご依頼をいただく際にはまずお見積もりをさせていただき、料金を明示した契約書を作成しますので、突然お金が発生するということは決してありません。ご相談は無料でお受けすることができますので、ぜひお気軽にご相談にお越しいただければと思います。

    • お客様のプライバシー保護
    • 司法書士4名体制できめ細やかなサポートをご提供
    • 明瞭な報酬体系
    〒541-0043 大阪市中央区高麗橋三丁目1番14号 高麗橋山本ビル2階

    ■淀屋橋駅8番出口から徒歩2分

    大阪府、全国対応
    [電話受付]平日 9:00~20:00 土曜日(隔週) 9:00~20:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6260
    [電話受付] 平日 9:00~20:00 土曜日(隔週) 9:00~20:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 作花法律事務所 岡山県・岡山市

    詳しく見る

    作花法律事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    借金のお悩みを迅速に解決いたします。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 電話相談可
    • 着手金無料
    • 成功報酬制
    • 営業時間外の相談可

    負担を軽減できる様々な方策を用意し、わかりやすい説明と親切なご対応を心がけております。訴訟に強いことがセールスポイントの一つであり、非常に高い確率で良い結果を勝ち取る自信があります。

    • 素早い対応で借金の悩みを解決
    • 料金が不安な方でも安心
    • 訴訟に強い
    〒700−0901
    岡山県岡山市北区本町3番13号 イトーピア岡山本町ビル6階

    JR岡山駅より徒歩5分

    岡山県、全国対応
    [電話受付]平日 9:00~17:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6893
    [電話受付] 平日 9:00~17:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

全3件中 1-3件

沖縄県は、日本の南西部に位置しており、人口は約1,447,000人で(2018年3月現在)、全国で25番目に人口の多い都道府県です。

沖縄本島、石垣島、宮古島、西表島などを代表とした多くの島々から成り立っています。

広い海に囲まれ、1年を通してあたたかな太陽と温暖な気候(亜熱帯気候)に恵まれた沖縄県では、特に果物の栽培が盛んで、マンゴー、パイナップル、シークワーサーなどの生産量が多く、美味しいことで有名です。

また、独自の琉球文化、美しい海、豊かな自然、珍しい動植物など見所満載の沖縄県は、日本屈指の観光地であり、首里城、沖縄美ら海水族館、国際通り、古宇利島、美浜アメリカンビレッジ、万座毛などの観光スポットには、毎年多くの人々が訪れています。 明るく、おおらかでのんびりした性格の人々が多いのも沖縄県の特徴の一つですね。

今回はそんな沖縄県の借金問題の特徴や貯蓄の傾向について見ていきたいと思います。

沖縄県の世帯数ランキングとその内訳

沖縄県の世帯数は、全国第27位と、人口の多さのランキングより僅かに低いものの、人口の多さと世帯数の多さが比例している都道府県であると言えるでしょう。

しかし、持ち家率ランキングは50.4%で全国第47位、つまり全国ワーストワンと非常に低く、マイホームを持つのに大変敷居が高い都道府県であると考えられます。 その最大の原因として、沖縄県の年間収入ランキングが、全国第47位と、これもまたワーストワンであり、日本で最も低い水準にあるということが挙げられます。 年間収入の額が少なければ、マイホーム資金に回す余裕がないのは当然の結果でしょう。 その他に考えられるとすれば、近年、沖縄県の地価の上昇率が大きいということが、持ち家率の低さに影響しているのではないでしょうか。

沖縄県は観光地として大変人気があり、商業施設やホテルなどの宿泊施設などの建設が多く、土地の需要は常に高い状態であり、地価は年々上昇し続けています。 地価が高いうえに年間収入が少ない沖縄県では、マイホームを持ちたくとも持てないという人々が非常に多いのです。

また、近年、持ち家に対する考え方が変化してきており、特に若い世代では「賃貸で構わない」と考える人が沖縄県でも増えているということも、持ち家率の低さに繋がっているのでしょう。

沖縄県の1世帯あたりの負債現在高

次に、沖縄県の1世帯あたりの負債現在高、つまり借金がどのくらいあるのかについて見ていきましょう。

沖縄県の1世帯あたりの負債現在高は、全国第33位と、平均よりもだいぶ低い順位であり、負債の少ない都道府県であると言えるでしょう。 1世帯あたりの住宅・土地のための負債は全国第29位と、一見それほど高い順位ではないように思えますが、沖縄県の持ち家率が全国最下位であることを考えると、29位というのは、それを大きく上回る順位です。 やはり、前述したように、沖縄県は地価が高いため、マイホームを持つとなると、住宅・土地のための負担はどうしても大きくなってしまうのでしょう。

また、1世帯あたりの住宅・土地以外の負債全国第35位と下位の方であり、負債は少ないと言えます。 住宅・土地以外の負債としては、マイカーローンやカードローン、キャッシングなどが考えられますが、沖縄県は電車が走っていないためマイカー必須といっても過言ではないくらいの車社会であり、マイカーローンの支出が大部分を占めていると推測できるでしょう。 だからといって、安心することは出来ません。 沖縄県では、パチンコやスロットにハマってしまい、消費者金融から借金をしてしまう人が年々増加し、問題となっているからです。パチンコやパチスロでの支出も、見逃すことの出来ない住宅・土地以外の負債の一部なのではないでしょうか。

沖縄県には、公営競技場が1つもないため、ギャンブルとなるとどうしてもパチンコやパチスロに偏ってしまいます。 少ない収入をなんとか増やしたいとパチンコに注ぎ込み、大当たりすれば良いのですが、ギャンブルなのでそう上手くはいかず、給料の大半をパチンコで失ってしまい、生活費もなくなり、消費者金融に頼ってしまう沖縄県民もいるといいます。 パチンコ・パチスロは、少額の掛け金で楽しむぶんには気分転換にもなって良いですが、借金をしてまでも通ってしまうことがないよう十分に注意したいものです。

そして、1世帯あたりの月払い・年払いの負債は全国第42位とこれも非常に低い順位となっています。 月払い・年払いの支出としては、自動車保険の支払い、新聞の購読料、習い事の月謝などが考えられますが、沖縄県は車社会であるため、自動車保険への加入は必要不可欠であり、この項目の支出の大部分は自動車保険の支払いによるものでしょう。

しかし、沖縄県の自動車保険料は、「沖縄料率」というものが適用されており、本州と比べて格段に安いことで知られているため、自動車保険への加入が必須であっても、月払い・年払いの負債が少ない理由なのではないかと考えられます。

沖縄県の1世帯あたりの貯蓄残高について

続いて沖縄県の1世帯あたりの貯蓄残高について見ていきましょう。 沖縄県の現在残高は、第47位で、残念ながら全国で最も貯蓄が少ない都道府県です。 年間収入ランキング全国第47位であることを考えると、仕方がないことなのかもしれません。 では、貯蓄の内訳はどのようになっているのでしょうか。

自由に出し入れ出来る預金である通貨性預貯金の額、毎月決まった金額を積み立てていく定額制預貯金の額、生命保険などの額、いずれも全国第47位と最下位になっています。 また、有価証券の保有率も全国第46位と、投資にも大変消極的です。

このようなランキングのデータだけを見ると、沖縄県民は貯蓄が苦手であるという傾向が伺えますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

確かに、現在残高は全国ワーストワンですが、負債現在高は少ない方の都道府県なのです。 年間収入が少ない中、負債を抱えないよう生活している沖縄県民は、貯蓄に回す余裕がないだけで、本来は堅実な県民性を持っているという見方も出来るでしょう。

借金問題を解決するには 借金の問題

というのは、他人に相談しにくく、一人で抱え込んでしまいがちです。 返済日や取り立てに怯えて暮らしていると、恐怖や悩みのせいで自分だけでは正常な判断が出来なくなり、多重債務に陥ってしまうことにもなりかねません。

しかし、借金問題は、法律上の手続きにより必ず解決出来るものなのです。 ここからはその手続きの主な3つの方法について紹介していきたいと思います。

1つ目は「任意整理」という方法です。 任意整理は、債権者と話し合い、交渉することで借金の減額を試みる方法で、借金の額が少ない人に適していると言われています。 面倒な手続きをせず手軽に行えるというメリットはあるものの、相手方が交渉に応じてくれない可能性も高いです。

2つ目は「個人再生」という方法です。 個人再生の大きな特徴の一つとして、住宅ローン以外の債務の大幅な減額が可能であるということが挙げられます。 つまり、マイホームを手放すことなく借金を減らすことが出来るのです。 せっかく地価の高い沖縄県で手に入れたマイホームを手放したくはないものですよね。

また、ギャンブルでの借金でも利用可能な制度です。 メリットだらけに思える個人再生ですが、そのぶん手続きは大変複雑であり、また、借金の総額が5000万円を超えないこと、今後も継続した収入が見込めることなどの厳しい条件があります。

3つめは「自己破産」です。 自己破産は、簡単に説明すると、財産を全て失うかわりに、借金も免除される制度のことです。 マイホームやマイカーは勿論、一定額以上の財産は全て手放さなくてはならず、怖くてなかなか踏み切れないかもしれませんが、借金の悩みから解放され、新しい人生のスタートが切れるというのは、財産以上に価値があることなのではないでしょうか。

しかし、自己破産を行うには、裁判所に破産申し立てをし、破産者となり免責を受けるという手順を踏まねばならず、その手続きは一人で行うことは到底困難でしょう。

以上、債務整理の主な3つの方法を紹介しましたが、どの方法が自分に適しているのかは、借金の額やマイホームやマイカーの有無などで計れるような簡単な問題ではないため、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、アドバイスを受けるのが望ましいでしょう。

専門家であれば、煩雑な交渉や手続きも引き受けてくれるため、借金の大幅な減額や早期解決が期待出来ます。 沖縄県では、以下のような場所で借金や債務整理に関する無料相談を行っているので、借金でお悩みの方はまずは相談だけでもしてみることをお勧めします。

沖縄県消費生活センター

沖縄県那覇市泉崎1-2-2 沖縄県本庁舎1階
098-863-9214

沖縄県子ども生活福祉部消費・くらし安全課(貸金業苦情相談窓口)

沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)
098-866-2310

沖縄県警察本部 警察安全相談室

沖縄県那覇市泉崎1-2-2
098-863-9110

沖縄総合事務局財務部 多重債務者相談窓口

沖縄県那覇市おもろまち2丁目1番1号 那覇第2地方合同庁舎2号館
098-866-5070

沖縄弁護士会法律相談センター

沖縄県那覇市松尾2丁目2番26-6号
098-865-3737

法テラス沖縄

沖縄県那覇市楚辺1-5-17 プロフェスビル那覇2・3F
050-3383-5533