熊本県で会社倒産に対応している弁護士・司法書士

全部で3件の弁護士・司法書士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人イストワール法律事務所

    弁護士法人イストワール法律事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 迅速対応
    • 闇金対応
    • 駅から徒歩4分

    借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。

    • 日本全国が対応エリア
    • 複数の選択肢から、最も経済的利益が高い方法で解決
    • 警察組織とも連携し、闇金についても問題なく対応
    〒 102-0093
    東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町403

    有楽町線 麹町駅(1番出口)徒歩4分
    半蔵門線 半蔵門駅(1番出口) 徒歩6分
    有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅(4番・5番・9B番出口)徒歩5分
    銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅(永田町駅へ)徒歩8分

    東京都、全国対応
    [電話受付]毎日 9:00~21:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6263
    [電話受付] 毎日 9:00~21:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 司法書士法人ゆう法務事務所

    司法書士法人ゆう法務事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    プライバシーを守るために個別のブースを準備し、予約制でご相談をうけたまわっております。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 電話相談可
    • 女性スタッフ在籍
    • 迅速対応
    • 駅から徒歩2分

    正式に手続きのご依頼をいただく際にはまずお見積もりをさせていただき、料金を明示した契約書を作成しますので、突然お金が発生するということは決してありません。ご相談は無料でお受けすることができますので、ぜひお気軽にご相談にお越しいただければと思います。

    • お客様のプライバシー保護
    • 司法書士4名体制できめ細やかなサポートをご提供
    • 明瞭な報酬体系
    〒541-0043 大阪市中央区高麗橋三丁目1番14号 高麗橋山本ビル2階

    ■淀屋橋駅8番出口から徒歩2分

    大阪府、全国対応
    [電話受付]平日 9:00~20:00 土曜日(隔週) 9:00~20:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6260
    [電話受付] 平日 9:00~20:00 土曜日(隔週) 9:00~20:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 作花法律事務所 岡山県・岡山市

    詳しく見る

    作花法律事務所

    弁護士・司法書士詳細情報はこちら
    借金のお悩みを迅速に解決いたします。
    • 初回相談無料
    • メール相談可
    • 電話相談可
    • 着手金無料
    • 成功報酬制
    • 営業時間外の相談可

    負担を軽減できる様々な方策を用意し、わかりやすい説明と親切なご対応を心がけております。訴訟に強いことがセールスポイントの一つであり、非常に高い確率で良い結果を勝ち取る自信があります。

    • 素早い対応で借金の悩みを解決
    • 料金が不安な方でも安心
    • 訴訟に強い
    〒700−0901
    岡山県岡山市北区本町3番13号 イトーピア岡山本町ビル6階

    JR岡山駅より徒歩5分

    岡山県、全国対応
    [電話受付]平日 9:00~17:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6893
    [電話受付] 平日 9:00~17:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

全3件中 1-3件

熊本県は、九州地方のほぼ中央に位置しており、人口は約1,765,000人で(2017年10月現在)、全国で23番目に人口の多い都道府県です。

北は福岡県・大分県、東は宮崎県、南は鹿児島県、西は有明海と接しています。 県の東部には、日本有数のカルデラを誇る阿蘇山を有しています。 また、水に恵まれた地として知られており、熊本市の水道水は、ほぼ全てが地下水でまかなわれていて、これは全国的にもなかなかないことです。

このような自然を活かした農業が盛んで、い草、トマト、スイカの生産量は全国第一位です。 観光にも力を入れており、熊本城、阿蘇ファームランド、阿蘇神社、白川水源、大観峰など多くの観光スポットがあります。 黒川温泉、平山温泉、山鹿温泉、杖立温泉といった名湯も多いです。 熊本県をPRしているマスコットキャラクターの「くまもん」は全国的に有名で人気がありますね。

今回はそんな熊本県の借金問題の特徴や貯蓄の傾向について見ていきたいと思います。

熊本県の世帯数ランキングとその内訳

熊本県の世帯数は、全国第24位と、人口の多さのランキングとほとんど変わらない順位であり、人口と世帯数が比例している都道府県であると言えます。

しかし、持ち家率ランキング全国第33位と下位の方であり、なおかつ世帯数の多さの順位を下回っているため、熊本県はマイホームを手に入れるのが難しい都道府県であるとデータから読み取ることが出来るでしょう。

その理由の一つとして考えられるのが、熊本県の1世帯あたりの年間収入ランキング全国第35位と、低い水準であるということです。 年間収入が多くなければ、マイホーム資金に回す余裕がないことは明らかです。

また、2016年の熊本地震の影響も大きいでしょう。 震災によって持ち家を失ってしまった方も多くいらっしゃいますし、震災前と震災後では、熊本県民の持ち家に対する考え方にだいぶ変化があったと思われます。 地震などの避けられない天災により、お金をかけて建設した持ち家を失うこともあるのだから、何かあった時のことを考えると賃貸の方がリスクが低いのではないか、という考えの人が増えているのが現状です。

このような要因が、熊本県の持ち家率の低さに関係していると推測できるでしょう。

熊本県の1世帯あたりの負債現在高

次に、熊本県の1世帯あたりの負債現在高、つまり借金がどのくらいあるのかについて見ていきましょう。

熊本県の1世帯あたりの負債現在高は、全国第22位と、平均より僅かとはいえ上位のランキングであり、負債が多い方の都道府県であると言えるかもしれません。 1世帯あたりの住宅・土地のための負債は全国第19位と、持ち家率の割には高順位という結果になってしまっています。

考えられるのは、熊本地震の復興需要で、一部の土地において、避難してきた地域にマイホームを立て直すという被災者が増加していることにより、地価が高騰しているためです。 また、震災で家を失うとはいかないまでも、大きな損害をうけ、その修繕費の負担が大きいという家庭も多いのではないでしょうか。

一方、1世帯あたりの住宅・土地以外の負債は、全国第39位と下位の順位です。 住宅・土地以外の負債としては、マイカーローンやカードローン、キャッシングによるものなどが考えられますが、熊本県は車社会であるため、自家用車のための支出がその大部分を占めていると考えてよいでしょう。

だからといって安心してはいけません。 熊本県では、パチンコやスロットにハマってしまい、借金をしてしまう人が年々増加し、問題となっているからです。 パチンコやパチスロでの支出も、住宅・土地以外の負債の一部なのではないでしょうか。

東日本大震災の時もそうでしたが、震災後、街が復興の兆しをみせると、パチンコ店が賑わいます。 なぜなら、震災によって空虚になった気持ちを紛らわしたいなど、心が疲れてしまった人にとってパチンコは需要があるからです。 熊本県も例外ではありません。

最近は、レートの低い台も多く、パチンコやパチスロはこのように役に立つ一面もありますが、やはりギャンブルなのです。 気がついたら多額のお金をつぎ込み、消費者金融会社から借金をしてしまう人も少なくありません。 そうはならないよう、パチンコ店では節度を持って楽しむようにしましょう。

1世帯あたりの月払い・年払いの負債ですが、全国第9位と非常に高い順位となっています。 月払い・年払いの負債としては、自動車保険、新聞の購読料、習い事の月謝などが考えられますが、車社会である熊本県では自動車保険への加入は必要不可欠であるため、この項目の出費に繋がっていると考えられます。

また、地域に根ざした生活を大事にしている熊本県民は、全国ニュースよりも地元熊本の情報を得たい人が多く、地方紙を購読している世帯が多いのも月払い・年払いの出費が多い一因であると推測出来るでしょう。

熊本県の1世帯あたりの貯蓄残高について

続いて熊本県の1世帯あたりの貯蓄残高について見ていきましょう。

熊本県の現在残高は、全国第37位と下位の方であり、データだけ見ると、残念ながら貯蓄が得意な都道府県とは言えません。

では、貯蓄内容の内訳はどうなっているのでしょうか。 自由に出し入れ出来る預金である通貨性預貯金の額は全国第30位、毎月決まった額のお金を積み立てていく定額制預貯金の額は全国第39位と、いずれも低い順位です。 有価証券の保有率も全国第31位と、投資にも消極的です。

しかし、熊本地震による被害があったことを考慮する必要があるでしょう。 今はまだ貯蓄にまで回す余裕がなかっただけで、これから伸びていく可能性が十分にあります。 そして、そのような中でも、年金型貯蓄に関しては全国第23位と、比較的高い順位であり、老後を見据えての対策をしっかりと行っている堅実性が見て取れます。

このように、地震の影響を考えると、データだけを見て、熊本県民は貯蓄が苦手である、と決めつけるわけにはいかないのではないかと思われます。

借金問題を解決するには

借金をしてしまい、その返済をするためにまた借金をし・・・、ということを繰り返すと、あっというまに借金は膨れ上がり、多重債務に陥ってしまいます。 そうなると、毎月の取り立てに追われ、1人で悩んで冷静さを欠き、このまま悩み続ける日々が続くかのように感じることでしょう。

しかし、借金問題を解決する方法は必ずあるので、まずは債務整理の主な三つの方法を知ることから始めましょう。

まず、一番手軽に行えるのが「任意整理」という方法で、借金の額がそれほど多くない人に適していると言われています。 任意整理は、債権者と話し合い、交渉することで借金の減額を試みる方法で、裁判所などを通す必要がありません。

しかし、相手方が交渉に応じてくれないこともあるというデメリットがあります。

次に「個人再生」という、マイホームを所有している方にお勧めの方法があります。 個人再生は、住宅ローン以外の借金を大幅に減額することが可能であり、マイホームを手放す必要がないのです。 また、ギャンブルや浪費での借金でも利用できる制度であるというのも大きな特徴です。

しかし、手続きが難しく、時間も手間もかかることや、今後も収入が見込めること、借金の総額が5,000万円を超えないことなどの厳しい条件があるのが個人再生の欠点と言えます。

最後に「自己破産」という有名な方法を紹介します。 自己破産は、マイホームやマイカーをはじめとした一定額以上の財産を手放さなければならず、財産がゼロになりますが、借金もゼロになる制度です。 財産が無くなるというと恐ろしいことのように感じるかもしれませんが、借金に怯えて暮らす生活の方がよほど恐ろしく、その悩みから解放され新しく人生を始めることが出来るのです。

メリットだらけのように思える自己破産ですが、裁判所に破産申し立てをし、破産者となり、免責を受けるという手順を踏む必要があり、手続きは複雑となっています。

以上、三つの方法を紹介しましたが、どの方法が適しているのかを判断するのは自分だけでは非常に難しいため、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、アドバイスを受けるのが望ましいでしょう。

専門家であれば、交渉事や煩雑な手続きも引き受けてくれるので、借金問題の早期解決が期待できます。 熊本県では、以下のような場所で借金や債務整理に関する無料相談を行っているので、借金問題でお悩みの方はまずはお早めに相談してみることをお勧めします。

熊本県消費生活センター

熊本市中央区水前寺六丁目18-1
096-383-0999

無料法律相談

熊本市水前寺6丁目18番1号 熊本県庁行政棟新館4階
096-383-0999(毎月第1~4水曜日・13時~17時、予約制)

熊本県青年司法書士会

熊本市中央区大江4丁目4-34 熊本県司法書士会館2階
096-364-0800(毎週月・木曜・18時~20時)

法テラス熊本

熊本市中央区水道町1-23加地ビル3F
050‐3383-5522

NPO法人熊本クレ・サラ被害をなくす会

熊本県熊本市中央区九品寺3丁目3番26号
096-351-7400

熊本県弁護士会法律相談センター

熊本県熊本市中央区水道町1-23
096-325-0009