債務整理 弁護士相談Cafe【自己破産・借金返済問題を解決!】

    債務整理弁護士カフェ

    全国の地域密着型の有力な債務整理弁護士を紹介するサイトです。

    借金問題に苦しむ方の為の弁護士紹介ポータルサイト
    自己破産や個人再生、任意整理や過払い金請求などについて。借金苦の方が問題を解決できるように専門家をご紹介。

    借金返済でお困りの方は、まずは弁護士へご相談ください!

    借金完済

    当サイトでは、借金返済・生活苦でお悩みの方のために、様々な解決策(自己破産・任意整理・過払い金請求・会社破産etc)を紹介し、借金解決の専門家である弁護士をご案内します。

    借金は解決できる可能性がございます。夜逃げ、自殺、無理心中などを考えている方であっても、債務整理の弁護士費用がもう払えない!と思っている人も、借金は解決する可能性があるのです。あきらめないでください。

    当サイトでは、どんな借金返済方法があるのかを提示します。会社の倒産や破産であっても、個人的なパチンコのしすぎやその他ギャンブル、FX、カードローンで破産しかけている場合なども解決できる可能性がございます。

    借金そのものが悪いのではなく、返済できないことが問題

    ところで、そもそも「借金は悪いもの」なのでしょうか?

    借金と聞くと、メリット面よりも多くの人が「ネガティブ」なイメージを連想するのではないでしょうか?CMが有名なプロミス、アイフルやアコムなどその他消費者金融・貸金業者などを思い出かもしれません。特に借金を多く抱え生活苦になっている方は他の人よりももっとネガティブな感情を抱いていることでしょう。

    「借金なんてするもんじゃないではないし、それを払えないだとか「体験談」だとか、あえて語ることはない。」

    そんな風に借金をすること自体が恥ずかしいものだと親から教わった人も少なくないのではないでしょうか。けれども、現実的には人が生きていく上で「借金」は、もはや欠くことのできない存在となっているのも事実です。

    例えば、皆さんが日常的に使う「クレジットカード」も言わば借金ですし、マイホームを購入する際に利用する「住宅ローン」も立派な借金です。このように、借金は意外と私たちの身近に存在しているのです。もちろん言い方は融資、キャッシング、貸付、借入、資金調達などと名前は変わりますが本質は同じです。

    借金とは決してそれ自体が悪者ではなく、むしろ借金をすることで、生活や人生が豊かになっている部分はかなりあるのです。

    借金が「悪者」となるのは、この借金が何らかの事情により「返済できなくなったとき」に起るのです。

    借金問題のパターンと解決策

    数百万円の借金問題に苦しんでいる人には、大きく分けて2つのパターンがあります。

    パターン1:当初から返済困難な額の借金をしている

    これは、借金を返済する計画を立てず、その場しのぎで、どんどん借りてしまうケースです。その結果、パチンコ依存症、スロット、ギャンブルなどで200万円や300万円、400万円と借金が膨らんでいきます。借金に依存してしまう人は、自分が返済できるかどうかを考えず、とにかく限界まで借りてしまうケースが多いため借金地獄にハマってしまう傾向にあります。

    これがいわゆる「多重債務者」となるパターンです。
    「パチンコもギャンブルをやめたい」と考えていても、依存してしまうと自分だけでは歯止めが利かなくなってしまいます。

    このパターンは決して特殊なケースではなく、たとえば日頃からクレジットカードを利用してショッピングをする人の中にも、自分自身の支払い能力以上の買い物を繰り返してしまい、その結果借金地獄に陥ってしまったり、無計画にネットの口コミや評判だけ見てキャッシングをした結果借金が膨らんでしまうというケースも多々あります。

    このようなパターンは、借り入れる当初からの計画性のなさが原因で引き起される借金問題です

    ですから、裏を返せば日頃からお金の管理がしっかりできている人であれば、まずこのパターンには陥らないのです。少なくともどこかの時点で弁護士などの専門家に相談をしていれば破綻は免れることが多いです。

    自己破産以外にも、任意整理や個人再生など

    このようなパターン1の「返済困難な額の借金」を最初からしてる際の最善な解決方法は、とにかく一日でも早く債務整理に強い弁護士に相談することです。無料で相談可能な法テラスや、比較的報酬が安い司法書士と比べると、弁護士費用はそれなりに高くはなりますが、一気に200万、300万の借金が消える債務整理や自己破産は結果的にお得とも言えるのです。

    このパターンで借金を作ってしまう人に共通して言える事は、時間が経てば立つ程借金が膨らんでしまうという事です。「パチンコをやめたい、ギャンブルをやめたい」と考えている人は、おそらく世の中にたくさんいる事でしょう。けれども、それは考えているだけで実際にやめられた人はほんのごく少数に過ぎないでしょう。

    おそらくほとんどの方は自分の力だけではやめられないことが多いです。返済のコツも分からず無料相談もできず借金地獄になるまで借金を繰り返してしまうのです。
    このような負のスパイラルを根絶するには、専門家に依頼することが欠かせません。

    しかし債務整理と言うと自己破産だけであると考えて「したくない」と言ってしまう方も多いですが、それだけではないことを心に留めておくべきです。たしかに、返済不可能な程、巨額の金額の借金を背負ってしまえば、もはや自己破産せざるを得ませんが、債務整理を得意とする弁護士にご相談いただければ、自己破産ではなく、

    任意整理
    個人再生など

    自己破産以外の方法で解決できる可能性も十分あるのです(それぞれのページをご確認ください)。
    また、場合によっては

    過払い金返還請求

    によって、多額の過払い金が発覚し、300万円あった借金も一気に大幅に減ることもあります。

    そのため、万が一このようなパターンで借金問題を抱えてる方は必ず法律事務所までご連絡ください。「費用が払えない」という方も前払いではなく、分割払いの対応や後払い(最後、支払い終了・完了後)の対応をしている弁護士事務所・法律事務所も多いですからまずは相談してください
    (※着手金が無料であっても、成功報酬金が高い場合もあります。つまりトータル的に見ると総計であまり金額が変わらないのが現状でもあります。単純に口コミや費用だけの観点から弁護士を選ぶのではなく、あなたのケースに合った弁護士を選ぶ方が重要な場合があります。)

    パターン2:借金した後の状況の変化により返済困難となる

    パターン1は、当初から返済計画に無理のある借金をしているケースでしたが、こちらは借金当初はきちんと計画していたパターンです。いわゆるしっかり者の方達です

    例えば自分の身の丈にあった「住宅ローンや自動車・マイカーローン」などを使っていた場合です。このケースは、もともと自分の収入にあった借金をしているため、通常は債務整理や、また具体的に言えば個人再生だったりをする必要はないはずです。

    けれども、何が起るのか分からないのが人生です。

    例えば、突然日本有数の評判の優良企業ランキングにも掲載されていた会社が倒産して来月から職を失ってしまうことだってあり得る話なのです。また、自分自身に直接非がなくても、他人や会社の「連帯保証人」などになっているような場合は、主債務者が自己破産してしまうと、突然「多額の借金」が回ってくることになります。

    万が一そのような不運なことが度重なると借金の返済ができなくなり、借金地獄へと突入してしまうことになります。

    このパターンの場合は

    会社の倒産
    ・懲戒免職
    ・連帯保証債務
    FXの失敗や株の暴落など

    当初想定していなかった事情によるダメージによって借金の返済が難しくなっていることが多いです。
    対処法としては

    自己破産
    個人再生

    というケースが多くなります。

    このパターンで借金をしている人は、過払い金が生じるような消費者金融からは借金をしていない可能性が高いため、過払い金返還請求や「任意整理」といった手続きは発生しにくい傾向にあります。

    このパターンに陥っていて借金苦脱出を考えている方の多くは、突然のことにかなりの精神的ダメージを受けていて、「生きる気力を失いかけている人」が多く見受けられます。

    そんな時は、できる限り早めに弁護士に相談しましょう。

    状況によっては個人再生を利用することで、マイホームを手放す事なく借金の大幅な免除を受けられる可能性もあります。
    まずは一人で抱え込んで落ち込む前に弁護士に相談してみましょう。

    債務整理は債権者にも有益

    日本では、キャッシングなどでどんなに多額の借金を背負ってしまったとしても、人生をもう一度やり直せるよう「債務整理」という法的手段を設けています。

    借金苦によって肉体的にも精神的にも疲れ果て「死にたい」と思う方や、債権者に対する責任を果たそうとして自殺を考える方もいらっしゃいますが、実はどんな多額の借金を抱えたとしても「借金で自殺する必要はまったくない」ということです。

    債務整理をすることは、決して恥ずかしいことはありません。むしろ、今以上に債権者に迷惑をかけないようにするためにも、必ずすべき手続なのです。

    そして、債務整理は早ければ早い程、その人にとって、そして債権者にとって有益な解決が可能となります。

    まずは、勇気を出して借金問題に強い法律事務所や専門家に相談してみましょう。以下の記事にも書きましたが、自分で破産宣告や過払い請求もできることはできるのですが、デメリットやリスク、危険性も非常に高いです。

    【関連】自分で自己破産の計算って簡単にできる?(アコム、プロミス、レイク)

    多くの弁護士事務所では、借金問題に関する無料相談を受け付けています。借金で悩んでいる場合は、債務整理に強い弁護士になるべく早い段階で相談をして、解決を目指しましょう。